私は詩を書く人

昨日を書き、今日を書く。明日も書くことだろう。

挨拶

2016-10-12 06:42:12 | 

挨拶

 

 

おはようと挨拶する

誰にでも公平に

 

言葉に載せるものは

挨拶する心だけ

 

人は人の間に

好き嫌いの壁を作る達人だ

 

だから挨拶の後の爽やかさを

私たちは

忘れてしまっている

 

一方通行の時が長くあっても

それはそれ

 

挨拶することを繰り返せば

どこかで挨拶が返ってくる

 

小学生の時の

九九を覚えた時のように

 

暗記するものではないが

同じようなものだと思う

 

挨拶をする心を

言葉に載せて送りだす

背中を押すように

 

それだけの事なのだ

それを

言葉の中にしまったままの人がいる

 

おはようと挨拶する

誰にでも公平に

 

壁があることを知らなくていい

一方的に挨拶することが

自己満足であっても

 

それが沢山あればあるほど

神様は一日中微笑んでいる

(012)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋物語 | トップ | 秋の一つを食べる »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。