明日もまた食べて笑って…

明日も明後日もその次の日も食べて、笑って、家族と過ごして、泳いで、庭の花を見て
いついつまでも元気に暮らしたいです。

ずっと息子の味方でいたのに

2017-07-17 | 日記
夫、息子、私の3人で仕事をしてきました。
夫が気難しいので、いつも息子と私とで陰で息抜きがてら、冗談を言い合ったり、ネットやテレビで見たりした情報を教えあったりして、ストレスを解消してきました。
夫が出張の時はいつも息子と2人で仕事をしてきました。
でも、昨日、夫に頼まれて気の進まない説得を息子にしました。
この先家の仕事は先細りになるだろうから、まだ若い今のうちに他の仕事を探したほうが良いと。
家の仕事は夫と私が規模を縮小して細々と続けて行くと。
先日、息子に来年から家業を譲ると伝えたばかりで、息子もその気になって張り切っていたのに、夫がやはり息子には無理だと、共倒れになると言い出したのです。
10年後では新しい職に就こうと思っても難しくなるから、今なら大丈夫だと。その方が息子のためだと。
家業を譲るなんて言わなければ良かったのに…

息子は私の目をジッと見ながら、何も言わずに聞いていました。
私の事はずっと味方だと思っていたのだと思います。
最後の最後にお父さんに付いたんだなと感じたでしょう。
いつか自分の物になるのだからと、少ない給料でも我慢していたら、いつかは自分が経営するのだからと、私は息子を励ましてきたのです。
息子は話しが終わると黙ってその場から出て行きました。
もう息子と仕事をすることは無いのかと涙が出ました。
ほんとにそれが息子のために良いことなのかな。
自分たちの老後の生活を守るために息子の首を切っただけなんじゃないのかな。
私をジッと見ていた息子の目が思い出されて辛いです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 私より先に死にたいと言う夫 | トップ | 泳ぐことで »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事