テイオウゼミ

タイトルはセミの名前ですが内容は6年前に浸潤性小葉癌になった経験、
住吉大社初辰まいりのことや日々の文句を綴っています

自分からは読まない・・・

2017年09月23日 | 日記


歯医者さんが面白いから
是非読むようにと
お薦めする本[蜜蜂と遠雷]、
渋々、買って読みます

何も言い返せない治療中に
歯科の院長先生が
私のホッペを突きながら
「わかった
「うーうー」
「読んだら感想聞かせて」
「わかったよぉ読むよ

渋々、読み始めました。
全部で507ページもある。

治療が終わるまでに
読めるか自信がないが
なかなかいい作品です

まだ10分の1も
読み進んでいないが
読みやすいな〜
作家は同じ年代かな

作家の恩田陸さんは
同い年でした。

本の世界に引き込まれて
読めるのを期待して
読みまーす 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加