gooブログはじめました!Pocket House

ボス犬ポケットから13頭目のメディア
生まれ変わり伝説を信じる飼い主の日記

赤目の赤毛

2016-09-19 11:33:31 | 日記
赤目のティファを心配しながら


あっとの間に 朝が来た


おはよう ティファ〜 おメメ 見せて




、、、違うよ 右目を見せて!







そうだ こっちだよ


充血は ほんのちょっとだけ 治まっている気もするが

ダメだ! 朝一番で 診てもらうぞ!




いつもの朝より 数倍のスピードで あれこれ 支度や用事を済ませている様子を

じーっと 観察していた 読みの早い 神龍

一緒に行くと ドアの前で待っている


病院に行くだけだ! すぐ帰ってくるから 待っていてね



それ〜

行くぞー!と 赤目さんだけを 車に乗せて 病院へと 急いだ


車が 見慣れた 景色を グングン進む


ルームミラーごしに 赤目さんの様子を確認していると、、、


あら〜 やっぱり 勘違いしているぞ ←ドッグランに行くと思っている😓


朝一番で 診てもらう為に 初めて受診する病院に ワタシは向っているんだ



前日に調べ 更に犬友さんからの 情報を元に 朝一番に受診する ハズであった


のに、、、なんでやねん 病院が 見つからん💦


所在地の番号は 枝番まで 知っているのに、、、


クルクル、クルクル 同んなじような場所を 散々周っていたので


、、、もう 朝一は 諦めざる得なかった💦💦


どーしよう😥 その時 ワタシは 閃いた!



もしも〜し ワタシです いつも どうも〜 忙しい時間帯に スミマセン

今ね ワタシ 病院を捜しているんだけれど ⚪️⚪️⚪️⚪️病院って

知ってますか? 何処にあるか わかりますか? 迷っちゃって〜💦




とっても 親切な オーナーさんが 丁重に 教えてくれた😊


おかげで




初めての病院の雰囲気と 先生に ビビりまくってしまった赤目さんでしたが


「角膜に傷は無いですよ!白目がだいぶ充血していますが

目ヤニは 出てませんね」と先生


あの〜 昨日ワタシ 取り敢えず 洗浄しないといけないと思い マコモ点眼しました


先生は、それには無反応で😅


1 「充血が治まるまで 抗生剤の点眼を一日 3回 して下さい」

2 「この子 ちょっとふっくらしてますね」
⬆︎
と、この 2点を告げられた😅



角膜に傷が無かった〜❗️ あー良かった〜❗️


、、、ちょっと ふっくら?、、、確かに体重測定で 1kg 強 体重が増えていた



診察を終え 車に戻ってからも あー良かった〜❗️あー良かった〜❗️を

何度も繰り返しているワタシに まだまだ 赤目の赤毛さんから

『このまま 真っ直ぐ 帰る気か?おい』と 脅されたので


進路を変更



病院の所在地を 丁重かつ 親切に教えてくれた オーナーにお礼を言ってから


赤目の赤毛さん 久々の お山ランに 目を赤くして 喜んだ




モリムラブランドの おニューに身を包み 立ち止まる






ウルフドックの シーバ君





と、指摘された😅


先客の シーバ君と ほんの少しだけ 遊んだので

お山ランの クラブハウスに 戻った ←眼圧 上げない方がイイもんね


ランでの滞在時間は ほんの ちょびっと だったけれど赤目さんは

慣れ馴染んでる クラブハウスの中で 暫し お寝んね💤

濡れた体を乾かしていると、次々と 知ってる顔や 初めましての顔


もう少し 遊びたかったんだろうけど、、、今日は やめとこ


もう一度 オーナーご夫婦に お礼を 言って 帰宅



知ってる 匂いを たっぷりつけて帰宅した 赤目の赤毛さんのボディーチェック

『ずるーい❗️やっぱり ドッグランに行ってきたんでしよ❗️』と神龍





😅、、、否ね 嘘じゃないよ!本来の目的も 果たした ご褒美って事で〜

あの、その、カクカク、シカジカ、、、って事で〜今日の処は 許せ。



※赤毛さんが 赤目になったのは 17日の土曜の 夕方

赤毛さんが 赤目のままで 病院に行ってきたのは 18日の日曜の朝














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どしたん? | トップ | 原因は »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。