『今日の一冊』by 大人のための児童文学案内人☆詩乃

大人だって児童文学を楽しみたい、いや、大人こそ読みたい。
ハッとする気づきのある絵本や児童文学をご紹介♪

温かい心の連鎖 『雪の日のたんじょう日』

2017-01-30 22:46:36 | アメリカ文学
 


『雪の日のたんじょう日』ヘレン・ケイ作 バーバラ・クーニー絵 あんどうのりこ訳 長崎出版 46頁 1955年(原書初版) 2008年(日本初版)


今日はかわいいかわいい(←孫目線)三男の4歳のお誕生日。出がけにド派手に自転車で横転し、大号泣、というとんだバースデイ朝でしたが
我が家は、長男の次男への嫉妬がとにかくすごくて、壮絶な兄弟関係に悩まされていたんです。そんなとき、誰に向かってか“救世主送ってください!!!!”と懇願したら、やってきてくれたのが三男でした。そしたら、我が家の場合は3人というバランスがホーントよくて。今ではすっかり仲良し三兄弟♪三男は、まさに我が家の救世主なのです!

そんな、三男と今日読んでいたのが、上記の本。三男の年齢には早すぎると思ったのですが、読んで読んでとせがまれたので、試しに読んでみたらちゃーんと最後まで聞いてました。これ何歳くらいが対象なんでしょう?小学校低学年でも読めるけれど、それにしては字がちょい小さいような
日本で出版されたのは2008年ですが、原書初版は1955年!古き良き時代のお話です。地味です。淡々としています。でも、心温まる。バーバラ・クーニーの素朴な絵もたまらなくいい!



主人公のスティーブンは自分のお誕生日会当日が雪になるよう切に願うんですね。だって、今まで雪の誕生日を過ごしたことないし、楽しそうだから。で、流れ星を見たとき家族全員でお願いするんです。そしたら、あーら、叶っちゃった。ところが、ところが、お雪で誰もお祝いに来れない事態に。泣くまい泣くまいと必死になってるスティーブン。そして、家にやってきたのは招いていないお客さま。車が溝に落ちて立ち往生してしまった見知らぬ親子。この親子がいい人たちなんですけど、どうしてもスティーブンは笑えないんですね。ああ、切ない。けれど、最後はこの助けた親子が幸せを運んできてくれます

ここに出てくる両親のさりげない優しさが、もうね~、いいんですよ。かくありたい。雪合戦で、スティーブンの玉が妹に当たってしまうと「まいったまいった」とスティーブンに声をかけつつ、泣きださないように妹のデボラを抱きしめたり。大雪でみんなが来れないんじゃないかと、スティーブンが心配そうな顔をすると気を紛らわせるために、お母さんは“雪の天使”(スノーエンジェル)作ったり、切り紙で雪の結晶作ることを提案したり。彼らの温かさは人間に対してにとどまりません。見て下さい↓



写真だとちょっと絵分かりづらいでしょうか?これ何しているところかというとですね、雪が深くて食べ物を探せない動物たちのために、食べ物を用意しているところなんです!牛脂とパンのかけらをヒモで木につるし、茂みの下に種や砂利をこんもりと盛る。砂利!?・・・小鳥は食べ物を消化するために砂利がいるんだそうです。へえー

寒い寒い雪の中だからこそ、余計に温かい心がしみいり、連鎖していく、そんな素朴な物語です
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第8回児童文学Cafe | トップ | 眺めていたい ストローベイル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ文学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL