『今日の一冊』by 大人のための児童文学案内人☆詩乃

大人だって児童文学を楽しみたい、いや、大人こそ読みたい。
ハッとする気づきのある絵本や児童文学をご紹介♪

何問正解できる?クイズにチャレンジ!

2017-05-17 13:05:00 | 児童文学論


バラがきれいな季節ですね
金曜日に開催予定の児童文学ピクニックの準備中です

今回のテーマは『移行期本』(絵本から活字本へ)

絵本の読み聞かせが大好きだったら、小学校にあがれば自動的に本好きな子になる?
ノンノーン

今回は、いつもとちょっと趣向を変えて、○×クイズを用意してみました(△もあり)
さあ、何問正解できるでしょう?まあ、正解なんて本当はないのかもしれないけれど
考えるきっかけにはなる。よかったら、やってみてくださいね。

では、クイズ・スタート

① 読み聞かせは、自力で読めるようにすることを阻む
 (小学校でも中学年くらいから読み聞かせをやめて、自力で読む朝読に移行するところも多いですよね)

② 低学年向けに書かれた簡易バージョンの伝記は特におすすめである 
 (物語が苦手な子でも、リアリティのある伝記なら読めるのでおすすめ)

③ 子どもの反応は、良書のバロメーターである
 (子どもたちの感性はとても素直。反応を参考に選書するとよい)

④ 内容は、ちょっと背伸びするくらいのほうがよい
 (子どもたちは成長したいもの。ちょっと難しいかなくらいのほうが言語獲得にもつながる)

⑤ 文字情報の多さは、対象年齢を知る上でのバロメーターになる
 (文字の多さ、文章の長さで選書をするとよい)

⑥ 空想的な物語や昔話は幼い子向けである。
 (小学生からは、科学的な本に重点を置いて行くのが望ましい)

⑦ 長く読み継がれている本(ロングセラー)はいい本である 

⑧ シリーズものは人気ある良書の証拠である 

⑨ 色んな本を幅広く読むのではなく、同じ本を繰り返し読んでもよい 

⑩ 読む本くらいは、自由に子どもたちに選ばせるのがよい



いかがでしょう?
答えは、ピクニック終了後、金曜日以降に書きますね~(気が向いたら)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 図書館利用で絶版を食い止め... | トップ | 第11回児童文学ピクニック »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL