『今日の一冊』by 大人のための児童文学案内人☆詩乃

大人だって児童文学を楽しみたい、いや、大人こそ読みたい。
ハッとする気づきのある絵本や児童文学をご紹介♪

ブックギャラリーポポタム

2017-06-18 22:53:51 | Shop & Caf


昨日は、友人のMMちゃんにブックギャラリーポポタム@目白に連れて行ってもらいました。とてもセンスのいい不思議空間!新刊、自費出版?他の店ではみないような同人誌的なものから古書まで。児童文学の古書はなかなかセンスがよい(←上から目線)。

ギャラリーなので、今回はオーガンジーを使ったふわっとした独特の世界が描かれていました。確かにかわいい。かわいい・・・。けれど、私にはアートが正直ワカラナイの~。どうして、あれが何万円もするのかが、ワカラナイの

今回一番惹かれたのは、前から気になっていたみやこしあきこさんの絵本。今後ここで個展もするみたい。実は気になりつつも、未読だったんです。一番有名なのがコチラ↓



押さえた色合いがいい!モノトーンの中の赤と黄色がいいなあ。好きだなあ。エッソの『もりのなか』を彷彿させます。そして、何よりケーキたちが美味しそうでした(←ココ重要!笑)。

新人とは思えない、できばえのこちらも好きでした↓

ぐわっと台風がくる感触がつかめる本。切り取るアングルがいい!絵本だから、当たり前といえば当たり前なのだけれど、絵の持つ力がすごいのです。

そして、個人的に一番トキめいたのはコチラ↓


あ~、これ好きーーー!!!茂みの中の秘密空間。そこに敷物しいて、器を並べてお花も飾って・・・なんてワクワクするんでしょう。茂みの中に広がる世界が素敵で素敵で。うんうん、あのころはああだったよね。次回誰かにプレゼントする機会があったら、この絵本にしよう!と思いました

きっと、みやこしさんは、ロングセラーの古典絵本をたくさん読み込んで育ってきた人なんだろうなあ、と思ったら、ちょうどその後に行った図書館にあった月刊MOE(絵本のある暮らしを特集した雑誌)にみやこしさんの特集が。読んで来た絵本が掲載されているのを見て、納得。真似っこじゃなくてね、読んで読んで、自分のものにしてきたんだなあ、って。外国の影響を受けていて、無国籍感があるけれど、真似っこじゃないの。

お気に入りが増えました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母親が幸せになって悪いか?... | トップ | 住宅街の中のパワースポット!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL