『今日の一冊』by 大人のための児童文学案内人☆詩乃

大人だって児童文学を楽しみたい、いや、大人こそ読みたい。
ハッとする気づきのある絵本や児童文学をご紹介♪

たまにはイマイチ本のご紹介・・・

2017-06-13 20:33:23 | オランダ文学

『七つのわかれ道の秘密』上・下(2012年) 
トンケ・ドラフト作・絵 西村由美訳 岩波少年文庫


秘密シリーズ続きます。

あまり本の批判はしたくないのだけれど(だって、好みは人それぞれだし)・・・でも、もしかして、このブログを読んでくれていて、私と好みがあう人がいたら、“この本はちょっと読まなくてもよかったかな~”なんて本も知りたいかと思いまして
素晴らしい児童文学がたっっくさんある中で、読める時間は限られてますからね

上記の『七つのわかれ道の秘密』は私的にはイマイチでした(あくまでも、私的には、です)。トンケ・ドラフトといえば、『踊る光』や『王への手紙』が素晴らしかったので、それで余計にガッカリしてしまったのかも!?この話読んで、楽しかった方は、ゴメンナサイ!以下は読まないでくださいね。



『王への手紙』や続編の『白い盾の少年騎士』が、丁寧に丁寧にじっくり進むのに対し、『七つのわかれ道の秘密』は、展開がめまぐるしく、わちゃわちゃしてて、わけワカラナイままふりまわされる感じ
内容は、学校の先生と生徒たちが、伯爵家の宝物をめぐり、奇妙な冒険に巻き込まれていく・・・といったものなのですが、ホント奇妙でついていけないんですよ。子どもの頃読んでたら、また違った感想だったかもしれないけれど。オランダに伝わる古いわらべ歌からヒントを得て、その歌の通りに展開していく感じです。

うーん、『王への手紙』は格調高いというか品の良さが感じられたのだけれど、こちらにはとにかく感情移入できなかったんだな。フランス先生は生真面目で、赤毛のフランスの物語を生徒たちに語るような空想家に、まず映らなかったし、ロベルトの二重人格もしっくりこない

伝説、予言に無理やり当てはめるために、設定にムリがあったり・・・強引というか、これでは何でもありの安っぽい魔法ファンタジーみたいじゃないか~って。中には好きなキャラクターや設定もあっただけに、なんだか残念

でもね、信頼おける岩波少年文庫からの出版だし、レビュー読んでても評価高いし。私が読解力ないだけかもしれません
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢の実現の仕方が分かる!?... | トップ | 女の子好み!幻想的な北欧フ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Titmouse)
2017-06-14 16:41:41
わかります~。「王への手紙」等から期待して、なんかバタバタして終わってがっかりでした。
「ふたごの兄弟の物語」はどうなのかなと思いつつ、なかなか読めないでいます。
Unknown (Shino(管理人))
2017-06-14 18:52:09
≫Titmouseさん

あ、分かってくださる方がいた!バタバタでしたよね。
これにガッカリだったので、私も同じく『ふたごの兄弟の物語』にはなかなか手が出せないでいる状況です(^_^;
Unknown (MaoMao)
2017-06-19 21:09:36
『ふたごの兄弟の物語』は面白かったよ~。また違うテイストです。昔話のような。瓜二つの双子ならではの解決方法で事件や難題を解決するの。おすすめ。
そっかそっか (Shino(管理人))
2017-06-21 19:32:16
MaoMaoさまのおすすめとあらば読んでみようかしら。逆にこちらの『七つのわかれ道の秘密』も読んでいてもらいたいなー。感想聞きたい!

コメントを投稿

オランダ文学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL