『今日の一冊』by 大人のための児童文学案内人☆詩乃

大人だって児童文学を楽しみたい、いや、大人こそ読みたい。
ハッとする気づきのある絵本や児童文学をご紹介♪

耳をすますクリスマス

2016-12-24 22:23:51 | 絵本


連日子どもたち関連の行事でバタバタ~。師走ですなあ
楽しいことが続く中、瞬間湯沸かし器的な長男が、久々に爆発したり、夫が意味不明にイラ立っていて、家庭内がギスギスな雰囲気になったり(笑)。そんなことがあって、ようやく自分のあり方というか心構えというか、人生の課題を思い出させられるわけです。面白いなあ。子どもや夫を通じて、忘れかけていた大切なことを思い出させられる。まるで、今年の総仕上げかのように!で、私が思い出せば、まあるく収まり、みんなルンルン♪。
次男はサンタさんへのクッキーをツリーに飾ってワクワク。かわいいかわいいメッセージ付き。でも、一番純粋にワクワクしているのが小5の長男だというね。朝イチでプレゼント見たいから、と早々に寝ました。

さて、イブの今日も地味な絵本(←いつも!?)のご紹介。
バーバラ・クーニーはたくさんのクリスマス絵本の絵を描いているのですが、その中でもマイナーだと思われるのがコチラ↓



『どうぶつたちのクリスマス』ノーマ・ファーバー文 バーバーラ・クーニー絵 
おおたあいと訳 日本キリスト教団出版局


静謐。心が静かなこんな時も大切にしたい
母の一周忌のときに、母の親友で信仰深いクリスチャンの方がプレゼントしてくださった絵本。
冬眠中の動物たちを星が次々に起こしていくんですね。“ベツレヘム!”と歌いながら。救い主の誕生に、動物たちは決して小躍りしたり、喜びの声をあげたりしません。ただただ、静かに星の歌に導かれて、イエスの元まで夜の大行進をするのです。何とも言えず厳かで美しい。そして、みんなですやすや眠っているイエスさまを見守りながら、静かに星の歌に聞き入る・・・。

子どもたち、退屈するかなと思いましたが、意外と好きです。特に三男あたりの幼児は繰り返しのリズムだけで気に入るよう。ちょっと『はなをくんくん』と共通するものがあるかもしれません。

そう、星の歌に“耳をすませる”んです。先月の文化セミナー“みみをすます”を思い出しました。耳をすませることがなくなってきた、現代人の私たち。
今晩は星のささやきに耳をすませたいと思います。みなさま、素敵なクリスマスを


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 児童文学cafeミニクリスマス会 | トップ | 卒業ナイフとサバイバル本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

絵本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL