『今日の一冊』by 大人のための児童文学案内人☆詩乃

大人だって児童文学を楽しみたい、いや、大人こそ読みたい。
ハッとする気づきのある絵本や児童文学をご紹介♪

どうすれば、売れるのか

2017-05-03 17:14:24 | 起業への道


『どうすれば、売れるのか?』木暮太一著 ダイヤモンド社

かさこ塾同期の方が企画した
『どうすれば、売れるのか』
フジテレビ『とくダネ!』のコメンテーターでもある木暮太一氏の新刊読書会?に先日行ってきました~。さすがしゃべりのプロでもあり、面白くて面白くて、引き込まれました

自分で商売(まだ)しているわけでもないのに、なぜ行ったのか。

どうすれば、売れるのか、って常に興味あるんです。
私が売っていきたい“児童文学の分野”って売れないから
湘南T-siteの児童書コーナー、いつ行っても(平日)閑散としてて、潰れないか心配になっちゃう

そもそも、なぜ売りたいのか。
広めるボランティアだっていいじゃない?
図書館でじゅうぶんじゃない?

ボランティアも図書館も、とても素晴らしくて、それはそれで意義のあること。
だからこそ司書の資格も取ったわけであって・・・。
でも、売れないと絶版になっていっちゃうんですね、素晴らしい本たちが
だから、私は売りたいな~、って思ったんです。
だから、どうしたら、売れるんだろう?って常に考えちゃう。

木暮氏が、教えてくれたことは、とても実践的でためになりました!

多くの商品・サービスは、「自分」が主語になって売り込まれていること。
こんなに、いい材料を使ってます!こんなに、質が高いんです!
「うち」は、他社とこんな違う技術を使ってます!
ぜんぶ、主語が「自分」。
でもお客さんが知りたいのはそこじゃない、と。
お客さんが知りたいのは、
「それを買うと、自分がどうなるか?」
自分が得る変化を知りたい。それを伝えないから、売れないんですよ、と。
商品の性能やスペックを語るのではなく、
「この商品を買ったら、あなたはこうなりますよ」
と語ってみてください、と木暮氏はおっしゃいます。売れるものには法則があるんですよ、と。

うん。オーガニックに携わってるときも、似たようなこと感じました。
いいもの扱ってるだけに、価値観の押しつけになりがちなんですよね
で、引いてくお客さんがいる。別にそこまで求めてないし・・・って。

児童文学だって同じ。こんなに素晴らしい物語なんですよ、といくら言ったって
「私、別に求めてないし。子どもの本じゃなくてもいい本いっぱいあるし」
となってしまう。その文学が、相手にもたらす変化は何なのか。
相手にとって、どんないいことがあるのか。

当たり前じゃん、って感じですが、できていない商品、広告がほとんどなんですよね
相手に迎合して中身を変えるわけではなく、伝え方を変えるの。

児童文学でいえば、迎合しちゃったケースが、現代口語調の新訳にアニメ画の表紙にしちゃったシリーズとか。個人的には、あれは違うと思う。中身の印象変わっちゃうもの。

ふむ。中身変えずして、伝え方を変える。課題ですなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大切な人orペットを亡くされ... | トップ | 健気な心情ひしひし『わんぱ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

起業への道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL