おっさんライダーでいこうぜ

ヤフオクでバイクを衝動買いしてしまった中年ライダー。15年ぶりのライダー復活状況を書きます。

神 又吉イエスの切ない昔話

2007年11月07日 | 政治



先日、新宿で選挙によく出る又吉イエスをみてしまった。又吉イエスは、衆議院選挙や参議院選挙、そして東京都知事選挙にいたる多くの選挙に出馬する有名人です。選挙公報や選挙ポスターそして選挙遊説では、「唯一神 又吉イエス」、「地獄に投げ込む者である」、「利益至上主義経済」といったフレーズや、対立候補やその支持者は「腹を切って死ぬべきである」等の過激な名発言をしています。そのため選挙関係のネットでは超有名人であり、youtube等では数々のパロディーを生んでいます。最近では亀田興毅の「切腹」発言の映像に、又吉イエスの「腹を切って死ぬべきである」というフレーズが使われたパロディー映像が多数アップされています。


http://jp.youtube.com/watch?v=Ra0Z32VsTYw


http://jp.youtube.com/watch?v=hlXQb77mdQY


又吉イエスは沖縄県宜野湾市生まれで、中央大学商学部後に学習塾を経営していたこともあるそうです。なんと実兄は、沖縄県総務部長、宜野湾市助役を務めた又吉辰雄氏。1997年の宜野湾市長選挙(2回)に立候補したのを皮切りに、参議院議員選挙に沖縄県選挙区から、沖縄県知事選挙(2回)、名護市長選挙に立候補していますがいずれも落選。2002年の沖縄県知事選挙の際掲げた公約を守り、2003年には世界経済共同体党本部を東京に移したそうです。


又吉イエスが沖縄で小さな学習塾を経営していたころの話を書いている人がいたので、リンクを貼っておきます。「僕とイエスと掘っ立て小屋」というブログですが、ものすごく考えさせられ、心が沈む内容です。「又吉イエス」の存在は、現代の社会病理を著しく圧縮したものが、投影された姿なのではないでしょうか。社会病理という重い十字架を、又吉イエスは背負っているのではないでしょうか。


http://www.tebichi.com/tebichi/clms/01mt/clms/040527.html

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
沖縄県知事選挙 名護市長選挙 世界経済共同体党 掘っ立て小屋 沖縄県選挙区 参議院議員選挙 参議院選挙 都知事選挙 利益至上主義 宜野湾市長選挙
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 中華調味料 味覇(ウェイパー)... | トップ | 久保田利伸の「すごいぞ!テープ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL