クッシング症候群という病気④

クッシング症候群について書いていますが、こちらの記事はあくまで素人の私個人の知識で書かせていただいています。
愛犬がクッシングと診断され、ワラにもすがる思いでこのブログにたどり着いた方もいらっしゃると思いますが、状況・治療法は個々の犬の状態や獣医師の治療方針によっても大きく変わると思いますのであくまで参考までにとどめていただきますようお願いいたします


薬をトリロスタンに変更して2か月後くらいの数値です。
全体的に改善され、コルチゾール検査の結果もかなり改善されてきました。
OP'-DDDが1年間効いたのだからトリロスタンだって同じくらいは持つだろう、そう思っていたのにこの検査から10日後ポチ君はご飯をまったく食べなくなってしまいました。何を出してあげても口にしようとせず、泣きながら「ポチ君食べないと死んじゃうよ」とあらゆるものを出してやりましたがダメでした。

この頃も歯がどんどん抜けていて歯肉炎で歯が痛くて食べられないのかも知れないと思い、ためしに痛み止めを出してもらったところ、ご飯をパクパク食べるようになりました。
血液検査の結果が改善されていたので、今ならまだ麻酔に耐えられるとのことだったので4月の8日に麻酔をかけて歯石取りをしてもらいました。

今度こそご飯を食べてくれる。
そう思っていたのに、歯石取りが終わってもごはんを食べてくれず、今度は痛み止めをあげてもごはんを食べなくなりました。
病院で検査をしてもらったところ、1週間のうちにBUNが一気に50まで上がり、クレアチニンも1.4に上がっていました。
「初期の腎不全」という診断が出て、輸液を開始することになりました。
もしかしたらトリロスタンがポチ君の腎臓に大きな負担となっていたのかもしれません。

その後は坂を転げるように容体が悪くなり、4月13日の夜中にけいれんを起こして救急病院に行き、度々こん睡状態になり、翌日には足の麻痺が出て立つことが出来なくなりました。
病院に連れて行くこともできないような状態で、若干落ち着いてようやく病院に行けたのは14日の夕方でした。
麻痺が出ていること、けいれんを起こしていることから、脳に異常があることは明らかで、この時点でポチ君のクッシングは脳下垂体の異常に起因することがわかりました。
おそらく脳下垂体が肥大化して脳を圧迫してしまっていて、それを抑えるにはステロイドの投与が必要となったのです。

ステロイドには抗炎症作用がありますが、ご存じのとおり副腎皮質ホルモンを含んでいます。
副腎皮質ホルモンを減らすための治療をしているのに、他の治療のために副腎皮質ホルモンを投与する。こんな矛盾した治療をしなくてはならないとは。
先生も悩んだようですが、今は脳の肥大化を抑えるのが一番の優先事項と考えたようです。
抗てんかん剤とステロイドを投与し始めると、足がクロスして立ち上がることさえできなかったポチ君が、数日のうちに自力で立ち上がり1人でトイレに行けるようになりました。
寝たきり、おむつ生活…そうなってしまうんだと思っていた私たちにはポチ君の回復は奇跡のように思えました。このまま良くなるんじゃないか、10月の誕生日まで生きられるんじゃないか…そんな淡い希望まで持つようになりました。

先生に思い切って「ポチ君はあとどれくらい生きられるんでしょうか」と聞いてみると
「このまま食べなかったらあと1週間。食べるようになったら・・・犬にとっては3ヵ月が人間の1年と同じくらいの長さなんですよ。食べられるようになっても・・・あと3ヶ月位かと思います・・・」

ごはんを食べないとこのままでは死んでしまう。
私はごはんの摂取量を把握するためにポチ君のごはんの記録を始めました。

右端に書かれている数字はその日食べたフードの合計です。
始めはそこそこご飯を食べてくれていたのですが、だんだんとフードを食べなくなっていきました。

迷いましたが、今は食べさせて体力を回復するのが最優先と思い、シリンジでの強制給餌も始めました。
病院でもらった高カロリーのヒルズのa/d缶を裏ごししてシリンジに詰め、何本もポチ君の喉の奥に押し込みました。

何かが原因で食べたくても食べられなかったのか、シリンジで押し込まれるご飯をポチ君は素直に食べ、もう一本食べたいとでもいうような顔をするようになりました。
強制給餌を始めてから、一日のフードの摂取量は大幅に増え、a/d缶を一日一缶食べるようになりました。
少しだけならお散歩にも行けるようになり、4月28日には門前仲町の縁日に出かけ、ベビーカステラとサーティワンのアイスまで食べました
気が付くと余命の1週間はとうに過ぎ、5月の連休を迎えていました。

たくさん食べているから太っていくはずなのに、摂取量に反してポチ君の体は5月に入ってからどんどん痩せて行きました。お水の摂取量も増えていき、小さな体で一日何リットルもの水を飲み、大量のオシッコをするようになっていきました。

「何かがおかしい」

私はこの頃になってようやく現実に気づき始めたのかもしれません。

長くなりましたが、次回でクッシングは最終回です。


昨日はお友達と餃子を食べに行ってきました
丸いのがエビニラ餃子でとっても美味しくってお酒がすすみました
他にも食べたけど写真を撮るのを忘れました

よだれ鶏。(という名前の料理です)
とっても辛くてビールに合う

今日も暑くなるという予報だったので、二日酔いで若干気持ち悪かったのですが、涼しいうちに超ロングの朝んぽをしてきました

清春「まぶしいのだ~

日なたはもう暑くて清春はこんな顔になっていました
清春「暑いのだ~

途中で1mも伸びた竹の子を恒清がむしって食べていました

朝から1時間半も歩いたのに奴らは全く疲れていません
恒清「パトロールがあるから寝てなんかいられないのだ~」

こちらご老体は白目を剥いてこん睡状態です



byねんね


にほんブログ村
にほんブログ村に参加しています
ポチッとお願いします

人気ブログランキング
人気ブログランキングにも参加しています
こちらもポチッとお願いします

ポチタマ写真館も宜しくお願いします
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« クッシング症... クッシング症... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。