飼い主が守らなければならないもの

昨日は午後から雨が降るというので、朝から1時間半も歩いて来ました
隅田川テラスはツツジが満開です

恒春は調子が出るまでなかなか歩いてくれませんが、こちらも根気よく付き合います

日当たりはあっついね

恒春「清兄ちゃん、そっちは食べられるものある~
清春「食べられる花があるよ

花は基本的に食べ物じゃありませんよ

みんなで仲良くクン活です

さて、ここから本題です。

昨日ネットで足柄PAでチワワちゃんが4頭のピットブルに噛み殺されてしまったという記事を読みました。
チワワちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げますとともに、飼い主さんがどうかご自分を責めたりされませんようにと願わずにいられません。

私はピットブルを生で見たのは1度しかありません。
木場公園のドッグランの大型犬エリアで遊んでいたのですが、そのピットブルはとても陽気ないい子のようで、飼い主さんもしっかり見ていらっしゃいました。
それでも正直、生で見たピットブルは「すごいな」という印象でした。
足は長い方ではないので、ゴールデンやラブラドール、ドーベルマンといった大型犬とはちょっと印象が違うのですが、盛り上がった筋肉や醸し出される雰囲気からは「闘犬」とはこういうものなのかという貫録がうかがえました。

うちも足柄PAは何度も利用したことがあります。
もし事故のあったその日のその時刻にポチタマ家が足柄PAにいたらうちの犬達は必ず襲われていたと思います。
清春も恒春も興奮しやすく、すぐケンカを売るからです
特に恒春は他犬に対するギャン吠えがひどくて、今一生懸命矯正中です


私は中学生の頃なぜかフリーで歩いていたダルメシアンに追いかけられた過去があって、正直大型犬が苦手です。
クリームのラブラドールやゴールデンは平気なのですが、黒ラブや猟犬はどうしても苦手です。
動物病院の待合室で待っていた時、診察室からグレートデーンが出てきたときはびっくりして椅子の上に上がったこともありました(とってもやさしい子だったんですが「食われる」と思ったんです)

ピットブルに限らず、大型犬に襲われたら小型犬はひとたまりもないと思います。
そういう事故をなくすためにも、(今回のチワワちゃんの飼い主さんには何の非もないですが)大型犬の飼い主さんや小型犬中型犬でも興奮しやすい子の飼い主さんは日ごろから注意と努力をしていないとダメなんだなあと改めて思いました。
自分のワンコを守ることは飼い主さんにしかできないことです。

人間だって機嫌が悪いときは普段やらないようなことをやってしまうことがあります。
犬だってどんなにいい子でも機嫌が悪いときにちっこい小型犬にギャン吠えされたら「やるかコノヤロー」ぐらいの気持ちになることもあるかもしれません。
うちはタマちゃんを隅田川テラスでフリーで歩かせていますが、視界にワンコ連れの人が入った時点でタマちゃんはバッグイン、恒春は抱きかかえ、清春はリードをギリギリまで短くしておやつを噛ませます。
うちの場合は襲っても襲われても多分9割はうちの責任だと思っているので、そうならないように最大限の対策をします。

それでも恒春はまだ興奮するので昨日からこれを持ち歩いています。
機械などのホコリを吹き飛ばしたりするのに使う「エアーダスター」です。
興奮したらこれをシュッと噴いて、恒春を我に返らせます。
こんなものでギャン吠えが直るわけはないのですが、事故の記事を読んで何かせずにはいられなくなりました
たまたまうちはこれまで無事でいられただけのこと。
ずっとこのままでいたら、いつ恒清が加害者か被害者になっても不思議はないと思います。

恒春は間違ったハウスの使い方をしてくつろいでいます
人の気持ちも知らないでいい気なもんですよ



byねんね


にほんブログ村
にほんブログ村に参加しています
ポチッとお願いします

人気ブログランキング
人気ブログランキングにも参加しています
こちらもポチッとお願いします

ポチタマ写真館も宜しくお願いします
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« おめでとうコ... 本日は閉店なり »
 
コメント
 
 
 
Unknown (だら母@てんてん。)
2017-05-02 13:28:06
全くもってその通りだとしみじみ感じました。

我が家のてんは小型犬よりも大型犬エリアにいるわんこが好きで、よく柵ごしに黄昏たり、柵ごしに追いかけっこをしたりしていてそれを見たパパがよく『あっちに混ぜてやりたいな…』といいます。

一緒に遊んでいるつもりでも、あの大きな足で小型犬の柔らかなお腹を踏まれるだけで大事故になりかねません。
それは大型犬も小型犬も『遊んでいただけ』とは言えなくなり、飼い主側への責任にもなります。

回避出来る危険は回避すべきだし、ブログにも書かれてるように『どんなにしつけや穏やかな大型犬も何がきっかけでどうなるかわからない』この一言に尽きると思います。

改めて考えさせられました。
 
 
 
だら母@てんてん。様 (ポチママ)
2017-05-02 13:56:43
こんにちは! チワワちゃんの事件は本当に心が痛みました。悲惨な状況で飼い主さんはどんな気持ちでいたのかと思うとこちらも辛かったです。

うちの清春もランの大型犬エリアでちょっと襲われかけたことがあって、ランに連れて行ってやりたい反面、慎重派の私はあれこれ考えて躊躇してしまいます。
躾をしっかりするのは当たり前なんですが、うちの若い衆は気性のせいもあるのかなかなか言うことを聞かず、本当に困っています(>_<)

どんなにいい子でも時には豹変することもありますから、過信せずに常に注意して我が子を守ってあげられるようにしなきゃいけませんね。

話は変わりますが、てんちゃんとうちの恒春、サイズ的にも遊んだらちょうど良さげ〜って思ってます(≧∇≦)
 
 
 
Unknown (ののりん)
2017-05-02 21:13:56
理由は、どうであれ愛犬が危害を加えてしまったら、飼い主も切なく悲しくなります。
私が学生の頃に飼っていた中型の雑種犬の散歩中、猟犬に追われた事があります。
私一人の時も、追われた事があって、飼い主は笑って見ているだけで、高い所に避難して居なくなるのを待たなくてはいけなかったので、愛犬を守るために抱きかかえて必死で背を向け続けました。
その猟犬の飼い主は、ある程度、追いかけたりさせて気が済んだら呼び戻すという変人だったので、みんな気を付けていたのですが、被害者は、沢山いました。
飼い主が根源なんだと思います。
責任!義務!愛情!思いやり!・・・
犬を飼うにあたって大事なことを守れる飼い主にならなくては!!と再認識させられました。
 
 
 
ののりん様 (ポチママ)
2017-05-03 00:40:36
こんばんは!

ののりんさんも猟犬に追われたことがあるんですね。私は学校のキャンプで水を汲みに行って、ダルメシアンに遭遇して、じりじり距離を詰められながらも走ったらやられると思って恐怖の中みんなのところまで逃げました(>_<)テントに逃げ込んで大泣きしたのを今でも憶えています。

しずくちゃんも飛龍君も多分加害者になることはないと思いますが、うちの2匹は加害者になる可能性も大いにあります(>_<)被害者を出さないためにもうちの子たちが加害者にならないためにも、飼い主としてもう少し努力が必要だとしみじみ思いました。
 
 
 
Unknown (ひ菜まま)
2017-05-03 07:43:24
おはようございます。
私もかなりショックを受けました。
何回か利用したことがありますので、とても他人事とは思えません。
ひ菜もすぐぎゃん吠えする方です。
大型犬にはかなわないとわかってるのか静かですが。

先代の華は、大型犬も入れるドッグランで、白のシェパード3匹に追いかけられたことがあり(完全に私が悪いです。大型犬のランに小型犬も沢山いて、大丈夫なんだ~と思って入っちゃいました)、それから大型犬は私がトラウマになってます。大型犬の飼い主さん、すみません。
必ず小型犬だけのランにしか入りません。

これからは特にSAは、周りを確認するのを怠らず楽しみたいと思いました。
 
 
 
ひ菜まま様 (ポチママ)
2017-05-03 19:00:28
こんばんは! 返信コメントが遅くなってすみませんm(__)m

本当にショックな事件でしたね(>_<) ひ菜ちゃんは大型犬には吠えないんですね。えらいなあ。うちの連中は強そうな相手ほどギャン吠えします。今一生懸命トレーニングしていますが、なかなか直りません(>_<)

SAで休憩中にまさか襲われるとは誰も思ってはいないと思います。悲しい思いをしないよう、常に注意しておくように心がけておこうと改めて思いました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。