あんな話こんな話

会津生まれの会津育ち…三匹の猫と柴ワンコや家族に囲まれ、家庭菜園に勤しみ都会には住めそうにないローカルな私の日常。

ジャガイモの花は摘んでトウモロコシの脇芽は欠かないことにした。

2017-06-13 23:40:41 | pochiko農園

夫農園にあるジャガイモ、男爵イモが3行とキタアカリが8行と
あんなに大変だなと思った二度目の土寄せは
あれからしばらく行っていない間にジャガイモの花満開状態に!!

花を摘む前のジャガイモ畑

やっぱりジャガイモの花は摘むことにした。

花が咲く頃に、土中のジャガイモが太りだすので
花に養分がとられないように、咲いている花は見つけたら摘んでいるが
満開に花盛りの他所のお宅のジャガイモ畑を見るにつけ
未だに摘んだ方がいいのか摘まなくても変わりはないのか?
迷うところではあるのだけど、まあ 理屈からしたら摘んだ方がいいんだよね。

きれいに積んだはずなのに、振り返れば摘み残しの花がチラホラ

キタアカリの花

男爵の花

それに花を摘むことによって畝の中に入り込んで
テントウムシダマシのような害虫も見つけられるし
…即潰してしまうのだけどね!!

葉っぱの先が枯れたようになっているのは病気発生の印か?
分らないけど他に移らないように取ってしまうこともできる。
なんというか、作物って手をかけたら手をかけただけの違いはあるのではないだろうか?

そんな事を思いながら、三度目の花を摘んだ。
次々と蕾から花が咲くので、夫農園へ行った時に摘んでくるようにしている。

反面トウモロコシは手をかけないというか!

今年初めて脇芽を欠かないで栽培してみようと思い立つ。
以前は脇芽に栄養を持っていかれてしまうので、必ず欠いていたけど
どうも最近の農法は少しずつ変わって行くもののようで
脇芽効果が見直されたというか…近所の畑ではしっかりと脇芽は欠いてあった。

土寄せをしたばっかりのトウモロコシ

脇芽が何本か出ている。

トウモロコシには根元から写真の様な脇芽が次々と生えてくるが
整枝やわき芽取りは基本的には必要はないらしい。
脇芽が根を張ると株が倒れにくくなるだけでなく
光合成が活発となって実の太りも良くなるので
切り取らずにそのまま伸ばしておくようになったようだ。

そう言われるとなるほど!!と思い。
近所の畑で脇芽をきれいに取ったのを見ると
やっぱりとったほうがいいのかな~とか、思いは千々に乱れ…(;・∀・)

えーーーい、物は試しだ!!と
今年は取らないで経過観察中とした。

 

今回コメント欄は閉じさせていただきます。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熊出没に怯えながら採って来... | トップ | 生らない苺は撤去してしまえ!! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。