あんな話こんな話

会津生まれの会津育ち…三匹の猫と柴ワンコや家族に囲まれ、家庭菜園に勤しみ都会には住めそうにないローカルな私の日常。

臨死体験か? はたまたタダの夢か?

2007-11-13 23:29:54 | Mysterious story

飯豊山はすっかり雪景色となっていた。

私がいつもデートする介護友の話なんだけど
最近音沙汰がないので心配していたら、またもや入院したって聞いて
まったく、若い時は私と同じ様な体格で病気知らずだったのが
何度かの入院と手術と…いったいあの元気さ何処へ行ってしまったんだろうか?
数々の武勇伝の持ち主なのに。

因みにその武勇伝のひとつ。
まだ独身時代、共通の友人がストーカー(昔はそんな言葉はなかったが^^;)
そのストーカー行為に困ってたところ、なんとそのストーカーの前に仁王立ち!
いい加減にしないと警察呼ぶよ!と一括して説教を始めた。
まぁ~ったく、大人しいストーカーだったから良かったものの
下手したら逆上されてトンでもないことになっていた。

と、そんな事を思い煩っていたところに、その友人から電話があった。
今日は友人のばぁちゃんがディサービスへ行ったからって…とっくに退院してたんかい!
以前他の友人と一緒にプチオフ会の予定だったが、入院したって聞いてお流れになっていたのに
まぁ とにかく声だけでも以前のように元気そうで良かった。

聞けば、飲んでた薬が合わなかったのかどうか?、吐き気眩暈云々
自力で歩けなくなって旦那さんに病院へ連れて行ってもらっんだけど
すぐさま意識不明に陥ってしまったそうだ。

その間、夢うつつに二日間、ここは妙に覚えている!とかで
カーテン越しに死神に見据えられてたと、動物とも人間ともつかないような格好だったらしく
それが怖くなって逃げ出したところにはお花畑があって
(やっぱり ああいう所にはお花畑があるんだねぇ~ 思い込みなのか?)
綺麗だなぁ~と見るとはなしに呆然としていると
女の赤ちゃんに、こっちへ来いというように引っ張られたので
引っ張られた方へ行ったら目が覚めた…って話。

みんなには夢をみたんだべ…って言われたけど夢ではない!とのたもう。
と言うのは、次男の奥さんが妊娠していて、最近分かった事なのだが
どうもそのお腹の子は女の子らしいという関連があった。

何かの因縁ってあるんだねぇ~~ まだまだ寿命ではなかったって事だよと友人に言った。

実際に体験した者でないと分からない事かもしれない。
友人の事も本当は願望入りの夢だったのかもしれない。
だが…世の中には科学で解明出来ない事が多々ある。

1+2=3ではなく、そこにプラスαが付くのが世の中の出来事だと思う。
それが夢だったのか現実だったのかは知る由はないけど
今また元気でお年寄りの介護に精を出してる…って
そんな事が出来るようになったのは事実で
私にとっては大切な友人をなくさずに済んだのは嬉しい事だ。

さぁ~て、とあるデパート同期プチオフ会の仕切り直しをしなくちゃ♪


今日の一枚 磐梯山にようやく初冠雪





ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しゅう嬢の事 | トップ | も、ものには限度ってもんが…... »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
臨死体験 (ひまりん)
2007-11-14 05:01:49
臨死体験ですか~ちょっと背筋が寒くなりましたよ~(笑)赤ちゃんが呼んでくれたとは不思議な感じですね。
私も最近誰か天国の人に守られているかもって思うことあるんですよ。そう思うと心強いですよね。

お友だちと楽しい会もてそうですね。(^^)
磐梯山もすっきりきれいですね~
Unknown (きみどり)
2007-11-14 09:52:37
臨死・・どうなんだろ~。
こんな時代に、やはりあの世なんてものがあるのか??
父も、三途の川をみたけど、お金がなかって通してもらえなかった・・・。って
三文いるとか・・・。
そんな事を言っていました。
ほんまかいな~。

雪ですね~。自称雪女の私には
なんかワクワクします。
不思議な体験 (M&M)
2007-11-14 09:58:58
スーパー・ウーマンのそのお友達
意識不明に陥ったのに、
夢のことは鮮明に覚えているというのも面白いですね~
でも、そういうことあるかもという気もします。
夢は現実とどこかで繋がっているんですよね~
赤ちゃんに引っ張られて・・・という所が良いですね
飯豊山、初冠雪の磐梯山、どちらののお写真も良く撮れていますね~
そう言えば、日曜日に娘が仕事で福島に行き
がよく見えたよ~と言っていました。
お土産に「ままどおる」を買ってきてくれましたよ~
絵のような (シン)
2007-11-14 11:34:26
磐梯山ですねぇ。
この時期特有のお姿なんでしょう。
1,819mとなれば雪がマッチする時期ですね。

pochikoさんのご友人と言えば、まだお若いじゃないですか。
それなのに、すでにそういった体験をなさったんですね。
でも、そういう話って、本当だと思います。

自分が若い頃は「そんなもんかなぁ?」程度でしたが、母がそういう経験したので。
なんというのか、幽明境を往来したとでも言うのかなぁ?
夢と現実がゴチャゴチャになった夢なんでしょうね。

母の場合は「金銀がキラキラと輝く街を大きな鳥の背中に乗って、見渡してきた。(病室から見える)ネオンもいつもと輝きが違っていて、朝になるまでピカピカと手招きをしていた。 でもおじいちゃんの声がしたら、ベッドにいた」~~なんて話でした。

やっぱり、あるんですね。一線を越えたり、戻ったりってことが。
夢の話 (さっちゃん)
2007-11-14 15:01:00
先日亡くなった木原美智子さんはいつも三途の川を泳いで帰ってくると話されてたようす。
なかなか帰ってくることは難しい様なのに良く帰ってこられましたね。帰ってきた方の話だと無効技師はやはり花畑だと聴きます。とにかくお友達が減らなくてよかった良かったですね。
磐梯山はまだ暖かいですね今日はもうとけています。飯豊山は真っ白ですね。
明日からスカイライン・ゴールドラインが通行止めにはいります。いよいよ冬ですかね。
超自然体験 (Mayumi)
2007-11-14 16:24:01
このような不思議体験の話私は大好きなんですよ。
臨死体験はよく聞きますがこれはやっぱり本当の事でしょうね。

あの世へ行こうとしたとき呼び戻されると生き返るというのは本当だそうですよ。
だから、危ないときは必死で名前を呼ぶといいんですって。
この方はまだ見ぬ孫に呼び戻されたんですね。

最近親戚で、おばあちゃんが亡くなりました。
で、ひ孫がその後に(4ヶ月後)生れたんですけど、
その一年前も危ないときがあってそのときは息を吹き返したんだけど、今年はひ孫の生命力が強かったんじゃないでしょうか、後はひ孫に託したように亡くなりましたよ。96歳でした。

うちの次女も生れたとき曾じいちゃんが亡くなりました。やっぱり世代交代だったんでしょう。

このお話のように赤ちゃんに呼び戻される場合もあるんでしょうけど、時たまどっちかが勝ち負けって言う場合が多いようですね。

お友達は元気になられてよかったですね。赤ちゃんに感謝しなきゃ!!

磐梯山とうとう雪ですね。去年より5日遅れてるってやっぱり今年は暖かいんでしょうか。
うちはまだストーブ出してません。コタツだけ。

仕事してるときはひざ掛けをして、ショールを肩に巻いて厚着してます。昼間はなんとか暖かいんで。
石油高くなったからねェ(泣)
体験 (watabousi)
2007-11-14 23:20:06
>>世の中には科学で解明出来ない事が多々ある。
ほんとにそうですよね。だから江原さんのスピリチュアルがゴールデンで放映されたりするのでしょうね。

何はともあれお友達が元気になられて
ほんとによろしかったですね。

pochikoさんはデパートにお勤めでしたか。
プチオフ会楽しみですね。
ありそうですね (オヤジな私)
2007-11-15 09:37:32
科学では決して割り切ることのできないのが、この世の出来事でしょうね。
この話、ありえますね。
おかげさまで(?)いまだ体験のない私ですが、信じています。

それにしても女の子が呼んでくれてよかったですね。
私は、こんなとき誰が呼んでくれるかな。

( ゜ー゜)( 。_。)ウン♪ (firefly(ほたる))
2007-11-15 10:13:54
こんにちは~
うちの亡くなった母も体験談話してくれました
2番目の兄を出産の時、意識がなくなり昏睡に…
もうだめかもという時に生き返ったというかーー
母にあとから語られた内容
川のところを歩いてて、向こう岸にはきれいな花が咲いていて
川の水もすきとおっててきれいで小石まで見え
向こう岸では誰か何人かが手を振っていたそうな
何とかそこに行こうとしたんだけど
川の幅が広くってあっちいき、こっちいき…
そして、目が覚めたといってました
もし、母がこのとき向こう側にいってしまってたら
私はうまれてなかったんだよなぁ…なんちゃって(。・_・。)

プチオフ会の仕切りがんば!楽しい集まりになりますように

磐梯山 きれいですなぁ 
今年は新そばまつりいけなかったゎ~残念
母も (amia)
2007-11-15 11:25:46
母も急性膵炎でかなり悪く入院をしていた時、危ないと言われてた頃、うとうとしたら自分の母親が綺麗なお花畑にいてそっちへ行こうとしたら、来てはだめって追い返されたとか、行っていたらそのまま今はこの世にいないかもね。
 祖母のおかげか今は母はすっかり元気です。
ひまりんさんへ (pochiko)
2007-11-15 22:27:19
怖いってより摩訶不思議って感じですね。
縁とは不思議なもので、こんな形で来る事もあるんでしょうか。
臨死体験はないんですけど、こんなふうに誰かに見守られてるのかな~と思うと、心強いって言うか自分の命は粗末に出来ないものだって思いますね。
友人も寿命じゃなかったって事ですよね。

ようやく磐梯山に初冠雪、会津もいよいよ冬を迎える準備ですね。
きみどりさんへ (pochiko)
2007-11-15 22:35:00
人は死んでしまうと、体はなくなってしまうんですけど…やっぱり その人の思いっては留まってるのかなぁ~
やっぱり川っては三途の川なんでしょうね。
あるのかないのか分からないけど、あると思えばあるんだろうし…ないと思う人には見えないんだろうし…。
でも残された者にとっては、あの世とやらで幸せに暮らしてるって思いたいね^^

いよいよ 冬ですよ!
雪の季節…私にしたら除雪ダイエット到来って感じかな?
麓の雪はだいぶ先の事でしょうが…^^;
M&Mさんへ (pochiko)
2007-11-15 22:44:00
ホントそうですね。
まぁ 無事に意識が戻って良かったです。
やっぱり彼女も介護をしていて、お互いに愚痴を言い合っていましたからね。
戦友がいなくなるのは寂しいものです。

あら、娘さんが福島へ…はいはい「ままどおる」有名ですよ^^
私も好きなお菓子のひとつです。
昔から変わらず、「ミルクたっぷりママの味 ままどおる」ってね(笑)
いつだったか、福島県出身の「さんぺい」さんが、とんねるずの食わず嫌いの番組へ、お土産として「ままどおる」持ってきたの今でも覚えてます^^;
シンさんへ (pochiko)
2007-11-15 22:56:07
むふ! シンさん磐梯山の写真好きですもんね^^
こういう初冠雪の時なんかは、かならずUPしないと!と思ってます。

私の介護友ですか?
まだ若いですよ~~それなのに、すでに何回かの入院と手術と…認知の年寄りを介護しててストレスたまりまくりだったんでしょうか。
ウツっぽくなってた時もありましたから…。

シンさんのお母さんも体験ありでしたか。

>あるんですね。一線を越えたり、戻ったりってことが。

そうですね~、まだ寿命が残ってるのであれば、戻ってこれるって事なんでしょう。
若くして介護の苦労をしたままで終わっちゃったら、あまりにも悲しいですよね!
さっちゃんさんへ (pochiko)
2007-11-15 23:06:55
私も聞いた事あります!
亡くなった木原美智子さん そう言ってましたね。
それでも やっぱり帰っては来れなかった…です。
今頃はどんな所で何をしてるんでしょうね。
私の友人は行ったままでなく帰って来れて良かったと思います。

もうゴールドラインは閉鎖ですか。
やっとこの間アッチ方面に行って来たばかりなのに。
いよいよ 雪の季節がやってくるんでしょうね。
ちょっと やですね^^;
臨死体験 (しろくま)
2007-11-15 23:14:24
ある人は意外と多いかも
変に思われるからみんな話さないだけでね
磐梯山もいいけど、シュウ嬢の見事なスタイルと目付きには魅了されました
Mayumiさんへ (pochiko)
2007-11-15 23:18:24
やっぱり 臨死体験だったんでしょうか。
自分の友達がこういう体験してたなんて、不思議な感じですね。
よく誰かに呼ばれて振り返ったら目が覚めたとかって話聞きますよね。
昔 ばぁちゃんが入院してた時に、近くの病室でお年寄りが危篤だったんですけど、家族の声かけを思い出しました。
あの呼びかけって悲痛感がありますよね。
Mayumiさんの曾じいちゃんの時もそうだったんですか。
世の中には解明できない出来事はたくさんありますよね。

うちはコタツにストーブに、特にばぁちゃんの部屋は早目に出しました。
ストーブの上にデカイ鍋を置いて、湿気も充分にと。
灯油も高いですけど、背に腹は変えられないです~~^^;
watabousiさんへ (pochiko)
2007-11-15 23:39:56
はい、また介護出来るまでに元気になって良かったです。
また友人のばぁちゃんは、うちのばぁちゃんより世話が大変みたいで…無理しないと良いですけどね~

学校を卒業して最初にお勤めしたところなんです。
当時同期がたくさんいて、みんなしてあちこちへ遊びに行ったものでした。
その中でも、この友人を含めた4人ほどが同じフロアで特に仲が良かったんですよ^^
機会を見つけて実現しなくちゃ…と思ってます。
オヤジな私さんへ (pochiko)
2007-11-15 23:50:22
何か信じられない思いでしたが、経験した事がないって事は、あるかもしれないって事ですよね。
テレビでもよく番組としてありますけど、そういう事があるようにも思えます。

友人も孫と思しき赤ちゃんに連れて帰って来れたようで、出産を心待ちにしているようです。

オヤジさんは~~ 僭越ながら、私メに呼び止めさせていただきたいですね(笑)
firefly(ほたる)さんへ (pochiko)
2007-11-16 21:34:53
おばんです。
ほたるちゃんのお母さんも、そういう体験があったたですかー。
出産でも軽く考えてると、こんな危ない時もあるんだねぇ~~ ホント良かった!
でなかったら、ほたるチャマは生まれなかったかもしれないんだもん。
やっぱり川があってお花畑って話は聞いた事あります。
川の幅が広くて助かったね。

プチオフも、全員が揃うってなかなか難しくってね^^;
でも絶対に実現しなくちゃと思ってます(^-^)
amiaさんへ (pochiko)
2007-11-16 21:41:40
こういう体験をされた方って、けっこう居るんですね。
一様に同じ様にお花畑とか川が出てるみたいです。
寿命が残ってたら追い返されたり名前を呼ばれたりって戻って来れるようになってるんですね。
amiaさんのお母さんも、戻ってこれて…おかげでamiaさんが生を持てたって、そんな事を考えると不思議な出来事なんですね。
きっと お母さんは長生きされるでしょうね。
しろくまさんへ (pochiko)
2007-11-16 21:46:36
そうですね、それにまさか臨死体験とは気がつかず、夢だと思い込んでる人もいると思いますよ。

磐梯山もいよいよ初冠雪です。
時おり暖かい日もありますが、雨の降る日などはすでに初冬って感じです。

しゅう嬢…見事なスタイルではありますが、お腹の皮が弛んでるんですよ^^;
相変らずコタツの中に潜って怒られてます^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。