あんな話こんな話

会津生まれの会津育ち…三匹の猫と柴ワンコや家族に囲まれ、家庭菜園に勤しみ都会には住めそうにないローカルな私の日常。

惨敗だった夫農園のタマネギ!

2017-06-28 22:38:42 | 夫農園

梅雨に入っての一週間、未だに梅雨らしい気候になっていないpochiko地方。
時には夏日まで暑くなって、この先どうなるのかしらねえ。
毎朝畑に水やりが日課となって久しい。

夜明けのシルエット、磐梯山

先日pochiko農園のタマネギの収穫を終えて
次は夫農園のタマネギも収穫してしまおうと思っていたけど
pochiko農園のタマネギとは違い小粒っ子タマネギが勢ぞろい。

マルチの上にショボショボッとタマネギの茎が横たわってる!

ほとんどが小粒っ子タマネギ

ところで、小粒っ子のタマネギの事をペコロスって言うらしい。
最初っから小粒っ子の種類なのか、不出来の小粒っ子なのかは定かではないけど
大きくならないように最初から小さく育てる事に目的があるタマネギのようだが
いやいや、夫農園のタマネギ、決してそんな目的で作ったわけではなく
ならばpochiko農園並みのタマネギ育ってくれると信じて栽培していた。

中にはまともな大きさのもあるもだが…。

小粒っ子、まさにペコロス!!

ちなみにペコロスとは直径3 - 4cm程度の大きさの小型のタマネギで
小タマネギ、プチオニオンなどとも呼ばれるらしい。
一般的な品種のタマネギを密生させた栽培法で
けっこう、いろんなレシピがあるみたいで
これはこれで楽しみではあるのだが…。

取りあえず収穫収穫!! 

不出来を嘆いても仕方がない!!と
次々と小粒っ子タマネギを抜いて行く。
う~~~~~ん、不出来の作物を収穫することほど虚しいものはない!!

全部抜いてみたけど…ちょっとガッカリ

それでもコンテナに3箱あり、夫に運んでもらったけど

小粒っ子と茎が枯れてしまって縛れないものはコンテナの箱へと
これが半分くらいあって、まあ ペコロスレシピはクックパッドにお任せして
残りのそこそこ大きさのタマネギは、pochiko農園のタマネギと一緒に提げて置こうと思っている。

なんだかなあ~ 苗が悪いって事はあり得ない。
同じく苗で作られたタマネギがお隣の畑で
デーーーン!!と大きく育っている。
とすれば、やっぱり問題は畑かあ~
けっこう元肥入れたのだけど、それでも足りなかったって事は
よっぽど痩せこけた土だったに違いない。

吊り下げるに値するタマネギはこれくらい!

後の残りは小粒っ子タマネギだった。

来年のタマネギは夫農園に作るのは止めようと思ったけど
もう一回だけ、元肥をたっぷりと入れて作ってみたらどうかと
近所の人に言われて、リベンジしてみようかなあ~


 

ただ今、コメント欄を閉じさせていただいています。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊佐須美神社「あやめ祭り」... | トップ | キャベツの大量消費!! 肉... »
最近の画像もっと見る

夫農園」カテゴリの最新記事