puripochi

2006年札幌市で実際に起こったフレンチブルドッグの百代連れ去り事件です。
飼い主の皆さん、ぜひ一度読んでください…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

百代について

2006年08月30日 | お知らせ
ももよの名前は本当は「百代」と漢字で書きます!

Aちゃんが愛情をこめてつけた名前です。

実は百代は昨年末、道東へお引越しをしました。
Aちゃんの出産のためやむを得ず実家で一時預かってもらったのです。
最近になってまたAちゃんと暮らすため
札幌へ帰ってきた矢先の出来事だったのです…

今日も今のところ朗報はありませんでした。
いったいどこで何をしているんだろう…?
ビラ貼りをしているとなんだか空の広さが恨めしく思えて
泣けてきます
Aちゃんは8ヶ月の娘を抱っこして、必死でビラ貼りをしています。

二人で手分けしてみると、数百枚のビラもけっこうすぐに
なくなります。
私も毎日、お手伝いすることができないのが心苦しいです。
我が家のプリンタは買って以来初めて、フル稼働

長期戦になるのか…??との気持ちが芽生えてきました。

本当に些細なことでもけっこうですので
情報、提案、お待ちしています。



コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

どうもありがとうございます

2006年08月30日 | お知らせ
昨夜の札幌は雷雨になりました。

ウチの子達は雷平気なのでドッカーンと鳴ると

「なんか鳴ってるね~」とぽちのすけとなっつは
こそこそお話してます
ちゃたろうはピカッと稲妻が光ると急いで窓のほうに
見に行くの

だけどももよは…すっごく雷苦手な子。

雷雨の中、どんなモノを食べてどんな場所で寝たのだろうと
思うとやりきれない思いです。

現在はいなくなった現場周辺のビラ貼りを中心に
行啓通りや東屯田通りの商店街の方へのご協力、
わんこのお散歩中の方へのお願いをしています。

ビラには飼い主の携帯番号を印刷しており、
本人も嫌がらせやイタズラ電話も覚悟していましたが
驚くほど電話はなりません

そんな中「札幌フレブルの会」(間違ってたらゴメンナサイ)

方が偶然ビラを見て協力を申し出てくれたそうです
このblogにも札幌でペットと暮らす方たちからたくさんの
コメントをいただき
皆さんご自分のblogの記事にしてくれました。
本当に心強くありがたいです。


商店街の方々も皆さん協力的で
「見つかるといいね」「頑張ってね」と
声をかけてくださいますが中には心無いことをいう方もいます。

「つないでたアンタもアンタよっ!」
「あ~~こりゃ盗られたね~もう出てこないわ!」
「もう無理なんじゃない?」などなどなど…

私はべつに何を言われてもいいんです。
でも、飼い主のAちゃんは…
ただでさえ、自分の愚かさに打ちのめされているのに。

昔の私だったら、やり場のない怒りをあきちゃんに向けたかもしれない。
でも私もいちばんに愛したぷりんを自分の不注意で
亡くしたときに
そうした言葉に心を閉ざしてしまったのです。

テレビのニュースでたまに、自宅の敷地内で遊んでいた子供を
家族が車でうっかり轢いてしまった。なんて言うのを見ると
ついつい「ちゃんと確認しろよ~」なんて言葉が
出てしまいがちですが。

わざとなハズないんです。
誰よりも本人が一番わかっているのです…
ももよは、ぷりんのように亡くなってしまったわけではない。
だからこそ、希望を持ちたい。

一ヶ月ほど前から同じく中央区で猫ちゃんを探している方から
友人を介していろいろとお話を聞くことができました!
14年間一度も外に出たことがない猫ちゃんが、
自宅マンションの火災報知機トラブルの際におどろいて
逃げてしまったそうです。
ビラをお願いしに行ったレストラワンでも、偶然居合わせた
わんぱーく西野の方から
隣の市にも問い合わせたほうがいいよ~と
アドバイスをいただけました


なんだかまとまりのない記事になりましたが(汗)
また情報があれば更新していきますね。

今後とも皆様どうかよろしくお願いします。
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加