ポーボーイ南洋放浪奇譚

年に一度の南洋航路、が年により信州上州武州、大半は商店街、街角。
そんな放浪癖からの趣味・蒐集・感性の覚書

テールスープが呼んでいる~牛タン Nぎし~

2016-10-13 11:40:55 | グルメ
ようやく秋らしくなったが寒暖の差が激しい、昨日は今年後半初めて革ジャンに袖を通したのでした・・・(初革と仲間内ではいいます)。そう、着物も10月からは合わせ(裏地付き)になるのでいて、待っていました!奄美大島は笠利町の印紙がついていた、あの亀甲柄の大島!こやつもまた袖を通せる季節がやってきたのです(初大島)。夏のあとは物悲しいが、秋は秋でこういう楽しみもあるなあ~なんて。どういうわけか季節の変わり目はネガティブな感性に染まるもの。

所用あり、ならばこの時にとばかり大島の長着をとりだし、拡げてみる。ん~~光沢のあるシャリっとした生地にほほ寄せたり(笑)ん??この独特な香り、この香りは「藍」染めの香りであろうか、、、独特な香りを放つ。ジーンズとかもおろしたては独特な匂いがするが、それに近い。この亀甲模様は細ければ細かいほどモノが良い、とされるらしいが~どちらにせよこの大島は私の初大島なのです!さっそく未使用の証?なかかり糸を抜いてゆきます。スルスル~と抜けると、やはりおろしたてのシャツの台紙を抜くようでたまらないもの。ニンマリしながらかかり糸をはずし終えたところで、袖を通してゆきます!!シャリ!何とも言えない紬の感触(大島は厳密には絣のようだが・・・)ドレープしたラインもなかなかのもの!

さっそく下駄履きで外出。湿度もなく実に快適な武蔵野路。下駄でやってきたバスに飛び乗るのも慣れたもの、走ることさえ慣れてきたかな三十路セプテンバーON GETA!!

用を済ませたあとは、念願の牛タン屋「Nぎし」へ!Nぎしの牛タン、時折にあれ無性に食べたくなるのは私だけでしょうか!?ランチにしてはやや値ははりますが、ここぞ!という休日に「蓄え」的な食材、食感で「Nぎし」へとむかうのです(笑)別に体調不良とかはありませんが~これから来る冬将軍との対決のためにも、肉体は肥やしておかなくてはなりません!なにが一番好きかって、あのテールスープです!!あれは1L飲みたい!!丼ぶりサイズ、いやピッチャーであれば必ず頼むであろう?テールスープ。毎回思うがもう少し飲みたい、それが「Nぎし」の成せる技。

麦飯と「とろろ」もたまらない、五穀米が嫌いな私。しかし分類的には五穀よりな麦飯ですが~あの丼飯2杯おかわりしてしまった私をお許し下さい・・・。すっかり無心で食べ進み、放心状態な私に「おかわりいかがですか?」とおねえさん、「有難う!お腹いっぱいだよ!!」と。「Nぎし」は私に感動と勇気をくれたのでした。お腹いっぱいな昼下がり。さ、また明日から頑張りましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男の裁縫~懐中時計の紐を造... | トップ | ディラン様、ディラン様!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。