時光の蔵八宝

蔵八宝 VigRx 新一粒神

バブル期のデートを知らない人生なんて

2017-08-07 10:19:38 | 小説
このサイトを利用している人の、40代以上の男女なら、バブル期を経験しているだろう。

私も高校時代がバブル期で、姉は六本木のクラブに行っているような頃だった。

ユーロビート、ブラックミュージック、R&B、が全盛期で、アッシーメッシーは当たり前だった。


最近は、ノラさんがバブル期のネタで若い世代にも、うけて大ブレイクしてますね。

私も、W浅野に憧れて、ワンレンボディコン、
前髪トサカでした。ソバージュなんかも、大人気でした。

男達はみんな、お金持ちだった。
高級外車に、車ない時はタクシー代で送ってくれる。渋谷から三鷹まで片道20,000円かかるのに、ニコニコして出してもらった。ちゃんと家まで送るのは、当たり前だった時代だった。

電車で帰るときは、昔は切符しかなかったから、切符を買ってくれた。「お車代」と書かれたポチ袋をくれる男性もいた。

クラブで遊ぶときは、VIP席に座ると、飲み物食べ物なんでも好きなもの頼んでくれる。

女は、おしゃれしているだけで、遊んでくれる時代だった。

ホテルだって、新宿の高級ホテルだったり、舞浜リゾートのホテルだったり、一緒にいる場所も提供してもらった。

バブル期のプールは、ホテル内のプールだった。

今は無いけど六本木プリンスホテル内のプールは、すてきなデートスポットだった。

みんな、特別じゃなかった。それが当たり前だった。みんなしているから、私もできた。催情薬
催淫カプセル

最近は、バブル期の知らない人が増えたから、
聞いたら驚くよね。

今でも50代60代で、パワフルな人は、ブランド品を身につけて遊んでいるんだろう。

最近のデートは、あまりお金かけないから。
私もされてばかりではなく、手土産持って遊びに行くことも。

私も旦那さんがバブル期全盛期だから、専業主婦を許してくれる。

専業主婦になるには、夫の経済力が必要だから。

バブル期を知ると知らないでは、人生が違うのだろうなって、思います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グーグル装い詐取容疑 2人... | トップ | 看取り »

小説」カテゴリの最新記事