観音めぐみのひとりごと

観音めぐみの感じたこと、あれやこれや・・イベントの裏話も・・?

人生の算数

 | ひとりごと
「人生の算数を身につけよう!」

某学校の校長先生から教えていただいた言葉です❗(≧∇≦)

「努力」は「足し算」、
「協力」は「かけ算」
「自分」を「ゼロ」
「マイナス」にしてはだめだよ。
すべてが「ゼロ」か「マイナス」になるから。
「苦しみ」は「引き算」、どんどんひくと
最後は「成功」か「希望」しか残らない。
「悲しみ」は「割り算」、みなで分かち合い
「喜び」に変えていこう。

具体的な四則計算は
「人を+(たす)ける」
「仕事を−(ひき)うける」
「声を×(かけ)る」
「人をいた÷(わる)」

シクシク泣いて4×9=36
ハッハッハと笑って8×8=64
足すと100点満点の人生になる
結局、泣きよりは笑顔の方が多いのだ。

人生は3本締めだ。
たたたん、たたたん、たたたん、たん!
さんざん苦労して3+3+3=9、
「九」に最後の一点の努力を足すと、
すべてが「丸」く収まる。
サン・キューな有り難い人生になる。

人生の公約数は
「かけがえのないあなたの命」

人生の公倍数は
「ありがとうという感謝」

きっと、幸せになる
あなたの公式が見つかります。

9というのは不思議な数字で、
どう計算しても9をかけると9になります。
「9にどんな数字(何桁の数字でも)をかけても、
その答えの各位の和が
1桁になるまで繰り返すと、
必ず9になる」 という話しです。

例えば、9×1は9ですが、
9×2=18も、1+8=9となるのです。
9×3=27、2+7=9  
9×4=36、3+6=9
どんな数字でも結果は同じです。

試しに、デタラメな数字に9をかけてみてください。
9×123456=1111104、
1+1+1+1+1+4=9
9×9999999=89999991ですが
8+9+9+9+9+9+9+1=63、
6+3=9
つまり、9にデタラメな数字70862をかけるとします。
→ 9×70862=637758 
→各位の数を足します 
6+3+7+7+5+8=36  
→ 更に各位の数を足します 
3+6=「9」となるのです。

これは、
「人生は9(苦)をまぬがれないから」
という 教訓とともに語られていました。

物事が一から始まって十で終わるとするなら、
必ず9(苦)を越えていかねばなりません。
十が充実なら、九は苦労であるというのです。
どうしても、十になるために
九を免れないのが人生ならば、
苦を楽しみ、
充たされる感激を味わいたいと思います。

苦難、困難、災難があるのが当たり前、
「苦」(九)を乗り越え、さらに一つ努力を
重ねて「丸く」納めるのが有り難い人生ですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誕生日 | トップ | 江刺産直組合、江刺ふるさと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ひとりごと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL