ハズレ時々はずし、ごくまれカスリの馬券。

週末の馬券収支、どのようにハズレ、はずして行ったのかを自ら検証するサブフィクション(さぶいノンフィクション)。

秋華賞前日。◎ビッシュ▲エンジェルフェイス△パーシー、ヴィブロス、ダイワまで。

2016-10-15 11:32:41 | 競馬
 パドック直観派ではあるが、GⅠの秋華賞は、調教ビデオを重視したい。JRAホームページから見られるやつ。金曜の昼すぎには公開されるが、昨夕、本日土曜昼前と二回見ての方針。
 最も好印象だったのが、1番人気のビッシュ。大きく迫力十分に駆けていた。
 あとは順位はつけられないが、気になったのが1枠1番のエンジェルフェイス。クロコスミア、ネオヴェルなども先行しそうだが、調教の前へ行こうという、意欲ほとばしる走りは、すんなり逃がすと厄介な存在になりそう。馬連、ワイド、馬単も少々なんてどうでしょう?
 内の馬からさらに上げるとパールコード、レッドアヴァンセもよかったが、前者はやや硬く、レッドは無器用に見え、両者とももまれると力発揮できずの可能性あり、内枠がいいのかどうなのか。ま、川田と武さんだから、そつなくポジションを選ぶだろうけど。
 ヴィブロス。スッキリ素軽く見えたが、馬体維持のためか? 不利を受けながら2着まで追い込んだ前走は強かったが、馬体細化はマイナスだろう。
 一頭忘れていた。パーシーズベスト。春の阪神で連勝し、ひと息入れて、紫苑Sで追い込みきれず4着。スタートもいまいちで、一度叩いての変わり身はこわい。調教は折り合って、おりこうさんな感じで、ルメールというのも期待させる。
 ウインファビラスは素軽く、復調気配。
 ミエノサクシードはよかった。9月に入って条件戦を連勝、三つ目と負担重量3kg増がどうか?
 カイザーパルも、リラックスしていて侮れない。6着に負けたチューリップ賞でもよく追い込んで、前走も内からしぶとかった。
 8枠にも一癖二癖ある馬がそろった。ダイワは外の馬とかぶって見にくかったが、折り合い付いているようで、外でなければなぁ、である。
 前日の結論。◎ビッシュ ▲エンジェルフェイス △パーシーズベスト、ヴィブロス、もう一頭はダイワドレッサーにしておきましょう。
 ビッシュとエンジェルの単。 両馬の馬連、ワイド、馬単はエンジェルから。一応このあたりで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都10R岩田久々の勝利、な... | トップ | 外れ続けてメイショウマンボ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。