熱田神宮 2014 ♪

2014-01-31 21:36:26 | 

 早いもので1月も終わり!!!

時間が経つの早過ぎです!

 

グッと年始に遡って・・・^^;

毎年、初詣は熱田神宮に行っています。

今年は夫が本厄なのでとにかく無事と平安を祈願してきました。

 

もう一つの恒例行事が 『 あつた蓬莱軒 本店 』 のひつまぶし^^

(ひつまぶしが食べたくて熱田さんにお参りに行っているなんてことはないですよ(笑))

とっても不思議なことに、過去5回、毎回必ず同じ席に通されます。

この席以外、座ったことがありません。 180席もあるのに!

毎年、同じ場所で同じものを同じ人と食す。

昨年、隣の席になったご婦人はご主人の写真と一緒に

ひつまぶしを召し上がっていました。 毎年、一緒に来られていたそうです。

今年もそんな雰囲気のおひとり様がいらっしゃいました。

気持ちがわかるような気がします。 私でもそうするかも。

ひつまぶし、めちゃくちゃおいしいかったです!

行って良かった~♪

できる限り続けたい恒例行事です。

 

 熱田さんでひいたおみくじ。

気合を入れた夫は大吉でした!

すっごく嬉しそう^^

その上、開運色は大好きな赤色!

今年の誕生日プレゼントはなんでもかんでも赤です(笑)

Orobianco (オロビアンコ) 』 のタオルはふっわふっわで肌触り最高!

とっても気に入っているみたいです。

誕生日はバタバタでおざなりになってしまったので

別の日にディナーと思っていたところ、私が原因不明の不調に。

申し訳なく思っていたら

「しょうがないよ、〇〇〇(私)は末吉だから(笑)」と言われてしまいました^^;

夫が自分で自分に買ったプレゼントはジェットウォッシャー。

水流で歯間を洗浄するものです。

かなり気に入っているようで会社にも持っていくほど。

私の開運色は銀色だったけど、やっぱりピンクが好き^^

 ちょうど機内誌で見たばかりで気になっていた 『 VICYACLADY 』。

買ってすぐにぎっくり腰になっちゃったので、まだ、あまり履いていないけれど

脚の裏側、ふくらはぎやハムストリングがすっごく伸びます。

 

今年の抱負も夫婦揃って、ダイエット!(笑)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

My Kitchen ~ Jan.2014 ~ ♪

2014-01-25 23:30:46 | My Kitchen

今月の 『 My Kitchen 』 は冬場のお楽しみ企画 「タマネギを科学しよう!」と

バレンタインスイーツでした♪

まずはタマネギの概要から。

栽培のはじまりから可食部、消費量、主産地など。

それから成分についてのお話をいろいろと。

メインは切ることによっておこる酵素反応や加熱による熱化学反応について。

この反応がボケや物忘れを改善する効果があったり、

不眠やうつを改善し、ホルモンバランスを調整する効果があったり・・・と

タマネギ博士の講義で教わって来たことをお話させていただきました。

 

【 オニオングラタンスープ 】

飴色になるまでゆっくり炒めなくてならないタマネギを

せっかちな私ならではの時短テクでご紹介しました。

タマネギを炒めている時の鍋の焦げ付きも甘みが出てきた証拠。

慌てず、タマネギとブイヨンでお掃除しながら調理しましょう^^

 

【 レバーペースト 】

好き嫌いがハッキリ分かれるレバー。

女性に必要な鉄分補給をダイレクトにできる食材なのであえてチャレンジしてみました。

思っていたよりも受け入れてくださって嬉しかったです。

 

【 酢タマネギ 】

タマネギ博士に教えていただいたものを我が家流にアレンジしてご紹介しました。

今回はピクルス風にしてみました。

 

【 チョコレートプリン 】

板チョコ1枚、たまご1個の簡単レシピです。

火加減に注意し、食感命のなめらかプリンを作りました。

 

今月も味噌レッスンを3回ほどさせていただきました♪

味噌を作ってみたいという方が増えていますね。

ご予約は随時承っておりますのでホームページからお申し込みください。

レッスン日に合わせて米麹を作っていただいている関係上、

味噌レッスンはご希望日の一週間前までにお申し込みくださいますようお願いします。

 

今月もみなさんとたくさんの楽しい時間を過ごさせていただきました^^

「おいしいもの・おいしいお店」の話は尽きませ~ん(笑)

Kちゃんのご実家のユリ根、めちゃくちゃ立派です!!!

私のげんこつよりもっともっと大きいです! こんなの見たことない!

ご馳走さまです^^

Eちゃんから教えてもらった土鍋で出てくるスープカレー。

早速、行って来ました~♪

見た目シンプルですが、味わい深くてかなりおいしかったです!

G‐CAFE

住宅街の中にあるのでわかりづらいかもしれませんが

店内はこだわり調味料や雑貨が所狭しと並べられ、ワクワクするお店でした。

次回は土鍋グリーンカレーを食べてみよっと!

 

*************************************

来月(2月)は「ひなまつり」をテーマに3品ご紹介予定です。

 日時 : 2/10~21 月~金曜日 11:00~14:00

空席状況はScheduleでご確認いただけます。

(残席数は2/10・12・19 各1席のみとなっています。

ご興味を持たれた方はお早めのご予約をよろしくお願いいたします。)

 料金 : 2,500円/回

場所 : 札幌市北区郊外の自宅マンション(JR徒歩7分・無料駐車場有)

 ご予約・お問い合わせはホームページからも承っています。→ 『 My Kitchen 』

 *************************************

 

こんなものが送られてきました。

もう一年経ったんだ~。

早い!

  

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

第62回 伊勢神宮式年遷宮

2014-01-21 21:27:54 | 

前回の記事ではご心配をおかけしました。

たくさんの心あたたまる言葉に感謝です。

ありがとうございました^^

私は元気です!

いつまでもメソメソしているとM子さんに怒られてしまいますので。

物音がすると「M子さん、何~?」とちょっと怪しい行動はしていますが(笑)

 

それではいつもの “ 食べてばっかりブログ ” に戻るとします♪

 

2013年のうちにしておきたかったこと・・・「お伊勢参り」

年末年始の帰省中に実現しました!

まだ朝も明けきらぬ5時半、姉一家が迎えに来てくれました。

名古屋から伊勢までは車で2時間ほどで着きました。

「おはらい町通り」は朝の8時前なのでまだ人もまばら。

それでも 『 赤福 』 はすでにこの行列。

作りたての赤福は柔らかくておいしかった!

とても寒い日だったので温かいほうじ茶はとてもありがたかったです。

お伊勢参りリピーターの友人から「松阪牛コロッケがおいしいよ!」と聞いていたので。

コロッケと福まん。

どちらもおいしいかった!

お参りする前に食べてばっかり(笑)

 

到着しました!

背筋が伸びる感じ。

五十鈴川はとても穏やかできれいでした。

皇大神宮(内宮)

天照大御神がまつられているところです。

この石段より上は撮影が禁止されていました。

こんな自然たっぷりな場所だったんですね。

ヒノキのいい香り。

あたりは澄みきった空気で満たされていました。

帰りの宇治橋、出口から2つ目の擬宝珠(ぎぼし)には橋の安全を祈って

饗土橋姫(あえどはしひめ)神社の萬度麻(まんどぬさ)が収められているそう。

この擬宝珠に触れて帰ると、また参拝に訪れることができると言われているそうです。

私もペタペタ。

まだ10時半ですが「おはらい町通り」はこの人混み!

夫が食べたがっていた大あさりを発見!

これもおいしかったな~^^

殻の内側が紫色なので正式名称は「ウチムラサキ貝」というらしい。

 

ここから「おかげ横丁」に突入♪

甥っ子のお気に入り有田のみかんで作ったジュース屋さん。

早和果樹園

いろいろ試飲させてくれます。

その中でも「みかポン」が気に入りお持ち帰りしました。

札幌に戻ってからもみかんや八朔などなど...すでに2回お取り寄せしています。

お昼は伊勢牛が食べられるお店 『 豚捨(ぶたすて) 』 。

豚好きとしては微妙な感じの店名ですが^^;

牛鍋~♪

赤身には牛肉の味がギュっと、脂身には旨み詰まっていておいしかった!

外で行列を作っていたコロッケと串カツも。

牛肉を味わえる細かな衣でした。

 

お参りして、おいしいもの食べられて、とってもいい記念になりました!

連れて行ってくれた姉一家に感謝です。

ありがとう^^

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「愛してるよ~ん」

2014-01-13 01:37:00 | Love

 寒中お伺い申し上げます。

本年もよろしくお願いいたします。

  

書くべきか迷いましたが・・・

1月8日水曜日、とても大切な人が逝ってしまいました。

M子さんとは5年前、入院先の病院で同室になり出会いました。

私は5回目の手術、M子さんは検査入院でした。

この検査入院でM子さんの卵巣にステージⅣのがんが見つかったのでした。

抗がん剤と手術で何度も入退院を繰り返していましたが

入院生活を「別荘暮らし」と呼び、笑い飛ばしていました。

最後の望みの遺伝子治療をしている時も

「入院できるだけ、治療法があるだけで幸せ」と言い

いつも誰よりも明るく、周りの人に元気をくれていました。

昨年9月、万策尽き、担当医から自宅でゆっくり過ごすように言われても

じっとしているM子さんではありませんでした。

外に出ている方が元気が出る!と言って

ランチやショッピング、ドライブ、いろいろなことを一緒にしました。

TVを見ながら、あ~でもない、こ~でもない、となんでもない時間も過ごしました。

私の体調が思わしくなかったり、微妙な検査結果が出る日の外来には

「ちょうど自分も外来予約がある日だ」とわかりやすい嘘をついて

付き添ってくれることも何度もありました。

「私のことはもう心配しなくて大丈夫」と言うと

「そんな淋しくなることを言うんじゃない」と言ってくれたり。

そして、いつも「愛しているよ~ん」と言ってくれました。 

亡くなった日にも。

札幌に戻ったら会いに行くつもりだったのだけれど、私がぎっくり腰をやってしまって。

「動けるようになったら行くからね」とメールをしたら

こんな返事をくれました。

そして、本当に眠るように。。。

 

最後に交わした言葉は「ご主人によろしくね」。

いつも夫のことを気遣ってくれていました。

夫の好きなお菓子をセットにして持たせてくれたり

夫が好きそうなお土産を買ってきてくれたり。

私にとって大切な人をM子さんも大切に思ってくれていました。

 

告別式でM子さんと最後のお別れをする時

泣き崩れた私の肩を抱いてくれたのはM子さんの娘さんでした。

まるでM子さんが広く大きな愛で包んでくれているようでした。

ありがとうNちゃん。

 

いつもM子さんは私のことを自慢してくれていたようでした。

お見舞いに行くと他の患者さんから「お話、聞いていますよ。

料理の先生なんですってね。」と何度も言われたことがあります。

たくさんの愛と安心をくれたM子さんが天国でも自慢できるよう

料理の先生として元気で頑張らなくては。

それが私がM子さんにできる恩返しだと思うから。

 

M子さんありがとう。

私も愛してるよ~ん。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加