Pneumonia!

2016-10-19 20:53:26 | 

この記事は備忘です。

 

6月からホルモンの薬が変わりました。

薬は合う合わない個人差があると思いますが

私はこれが合っていたようで絶好調~♪

担当医と相談して、通常とはちょっと違った使い方をしていますが

浮腫みも減って、普通に動ける自分にルンルンしていました^^

 

ただ、今年も花粉の時期(6月)からはじまったアレルギーからの喘息。

これがなかなか治まらずステロイド吸入はずっと続けていました。

突然の咳きこみには、この小さな龍角散タブレットが大活躍しています♪

なかなか売っていないので見つけたら業者のように購入しています(笑)

 

体調が良くなりはじめ、ちょっと体力ついたかな~と思った矢先の9月最後の日の夜

寒気がしたので熱を測ると38.0℃。

いつも熱が出る時はほぼ喉が痛くなるけれど、今回、喉は無痛。

ただ、体中が痛くて痛くて。

どんどん寒気が強くなり、あれよあれよと一時間で39.5℃まで上昇。

この日は金曜日。 夫は出張中。

とにかく熱を下げなければと動脈周辺に保冷剤を。

タオルも巻かずに、直接、肌に置いても冷たさも感じず

あっと言う間に体温で保冷剤が融けてしまうほど。

身体の痛みと高熱で寝ることもできずに朝を迎えたけれど

体温を測ることもやっとなので自力で病院に行くことも難しい状態。

どちらにしても土曜日なのでかかりつけの呼吸器内科は休診。

救急病院に行くか? 月曜日まで待つか?

この時点で私の見立ては肺炎。 理由は高熱と咳と食欲の無さ。

あとは時期的に薄いけれどインフルエンザ。

入院している時、何人もの患者さんが最期は肺炎に罹るのを見てきました。

東京で仕事をしていた頃、昨日まで元気に働いていた40代の女性が

肺炎に罹り、入院して二日で亡くなられた悲しい記憶もありました。

不安で仕方なったけれど

 ナースの義姉、義母と電話で話していたので落ち着くことができました。

 心強いです。

 結局、薬物アレルギーや病歴のことがあるので月曜日まで待って

かかりつけの呼吸器内科に行くことにしました

 

レントゲンを撮るとすぐに肺炎と判明。

ちょうど、喘息の通院で水曜日にレントゲンを撮ったばかりで

比較すると右下葉が白くなっているのがよくわかりました。

身体の痛みが強かったので、一応、インフルエンザの検査も。

こちらは陰性。

まずは肺炎だということがわかったので、あとは抗生物質で治療すれば

と、ちょっと落ち着いたところに血液検査の結果が出てビックリ!

肝臓が機能障害に!!!

AST・ALT・LD・γ‐GTPは上限をはるかに超え

思わず、担当医も「これは一大事!」と漏らすし。

これまで消化器系で異常値が出たことは無かったので

本当に驚いて、頭が真っ白になりました。

がんの告知をされた時より動揺していたと思います。

真っ白になった頭で唯一、思考したこと

“ 私の死後、夫に再婚を許可するか否か ” (笑)

 

肺炎治療で月~金曜日まで毎日、通い点滴。

肝臓は飲み薬。

点滴の度に採血して数値のチェック。

 

20日目にして、やっと、今日、γ‐GTP以外、限度内まで下がったことが確認できました!

良かった~^^

長かった~^^;

私の10月、どこに行った~?!

今回の肺炎および肝機能障害は薬剤性の可能性があるみたい。

 

熱が出ている時、体温計の文字が小さくて

わざわざ老眼鏡をかけなければ見えなかったことに強いストレスを感じたので新調しました。

これは見やすい!

音も大きくてよく聞こえます^^

 

これからの季節、インフルエンザにも気をつけなければです。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Secret weapons ♪

2016-04-09 19:31:06 | 

 “ 腹八分目 ” 作戦を開始してから2ヵ月近くが経とうとしています。

1歩進んで0.99歩下るような超スローペースではありますが微減中。

腹八分目以外にもいろいろと試しているので何が効いているのかわからず^^;

備忘として取り組んでいるものを記載しておくことにしました。

 

以前、秘密兵器と書いたのがこちらです!

THALION 』 のコンペタンス マンスール

Aちゃんが二週間で3㎏減したという新商品!

実績があるだけにすぐに飛びつきました^^

毎晩、入浴の後に脂肪満載のお腹に念入りに塗り込む!塗り込む!

セルライトのボコボコ感が和らいで滑らかな肌になってきているような気がします。

ちょっとばかりくびれらしくものも♪

 

StretchPoleも購入しました^^

使い方も出張レッスンで教えてもらいました~♪

褐色脂肪細胞を刺激!

それから、毎晩、コンペタンス マンスールを塗った後に

リンパの流れを意識してコロコロしています♪

 

以前、Sちゃんに連れて行ってもらい

「運動が苦手な私でも大丈夫かも!」と思わせてくれた

CONTE-SAPPORO Dance Center 』 にも時間をみつけて参加しています♪

ストレッチポールで体幹を意識するセルフコンディショニング。

ゆったりと流れる音楽、ロートーンな照明で心身共にニュートラルになる場所です。

よくトレーニングのことを “ work out ” と言いますが

こちらの先生は “ work in ”  とおっしゃいます。

「他人とも自分ともたたかわず、費やし、培い、自観・自感する。」

先生が発する言葉の一つ一つがとっても好き。

心に響き、すんなりと身に入ってくる感じがします。

 

3月31日で閉店してしまいましたが 『 千の湯 』 にも行きました♪

目的は岩盤浴とあかすり。

少しでも体重が落ちないかと思って。

たくさん汗をかきましたが、その分、水分補給もしているので

ほぼ変動なしでした^^;

 

食事は “ ベジファースト ” を徹底! 

酢タマネギから食べるようにしています。

うちの酢タマネギはリンゴ酢を使うため糖分は控えめ。

夫も私も酸っぱさに身震いしながら食べています(笑)

 

夕食は夫の帰りが遅いので

私は、おかずだけにし、ごはんは食べないことにしました。

夕食で食べるはずだったごはんは冷蔵庫で冷やして翌日の朝ごはんに。

クエン酸たっぷりの自家製スモモの梅干しの冷おにぎりです。

レジスタントスターチ効果を期待しています^^

 

一人晩ごはんの時は豆腐まるまる一丁入れたスンドゥブ~♪

ナムルやサラダでベジファースト。

スンドゥブにもシイタケやタマネギ、アサリに豚肉、唐辛子、いろいろ入ってます^^

食事のお供は黒烏龍茶!

外食時でもあれば必ず一緒に飲むようにしています。

 

腹八分目、最初の頃は「お腹空いた~!」と連呼していましたが

途中からあんまり空腹は気にならなくなってきました。

気になった時はヨーグルト♪

いろいろなメーカーを試してみています。

どれも無糖プレーンヨーグルトなので

マヌカハニーで甘味をプラス。

ホワイトチアシードでプチプチ満腹感もプラス。

たま~に食べたくなる甘いものもこれで十分です^^

 

ストイック美人のEちゃんが飲んでいる

結わえる 』 のスレンダーエス酵母

酵母が糖を食べてくれるらしいのです。

出産後もスリムなスタイルを維持し続けているEちゃんオススメの逸品なので

これまた飛びつきました^^

 

そんなこんなで迎えたターゲットdate!

健康診断の日(笑)

その場で判明する体重は...

期間ベストまで持っていくことができました!

とは言え、-2.5㎏^^;

一週間後に届いた結果...

例年ならば、定型長封筒で届いていたはずなのですが

封筒がデッカイ! = 要精密検査???

恐る恐る開封。

結果は問題無し!!!

昨年の自分に少しでも近づくことを目標にしていたのですが

ナント、まさかの自分越え^^

良かった~!

これからもおいしいものを食べ続けることができるぅ~!!!

とても晴れ晴れとした気持ちになりました♪

ホルモン治療を続けて早一年。

体重増加、血圧上昇、動脈硬化、肝機能障害等さまざまな副作用が

現れることが予想され、診察の度にドキドキ。

治療は四週1クールなのでスパンが短く、幸か不幸か検査結果は微増。

健康診断のように前年、前々年と一目で比較できるとなると怖~いと思っていたのです。

なんとも言えないこの安堵感^^

 

運動苦手と言いながらも

歩いた(ウィンドーショッピング(笑))次の日は体重が減っていることが多かったので

今更ですが^^;

ちょっと歩くことを意識するようにしています。

春になったので近所の買い物は車を使わずに。

歩きならでは、雪どけの花 = クロッカスをめでたり♪

 

-2.5㎏ぐらいは誤差の範囲だと自分でも思っていますが

大いなる夢を抱き、あと5㎏減らしたいと図々しくも思ってみたり^^;

まずはリバウンドをしないように

今回の取り組みを精査してみようと思っています^^

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Trigger finger!

2015-08-01 13:50:51 | 

今年の夏休みの予定は手の手術^^;

春から痛んでいた中指の腱鞘炎が進行し、起床時に指が硬直、

戻る時に「バチンっ!」と大きな音がする “ ばね指 ” でした。

指ですが、手のひらを切開しました。

 

手術は局所麻酔。

手術着に着替え、手術台へ。

血圧計、心電図、点滴をして、腕全体を消毒。

そして、手のひらに麻酔の注射。

これが痛い! 長い!

手術の途中で麻酔が切れてしまっては困るので我慢しましたが

体の中にぐわぁ~っと入ってくるあの感覚がとっても苦手です。

手術は何度もしているので最初は恐怖心は無かったのですが

麻酔の長さと、その最中に自分の心電図のピッピッ音がどんどん早くなってきて

突然、怖くなってしまいました^^;

そうだ! いつも手術する時は全身麻酔だから意識は無いんだった!

 

「なんか怖いんですけど。。。」と言葉にすると気持ちが楽になり

ここまで来たら後戻りはできない!と腹をくくり、心電図も落ち着いてきました。

急にスローなリズムになったので医師は気を失ったのかと思ったそうです(笑)

もともと、低血圧&徐脈なのでよく看護師さんに

「冬眠しているのかと思った」と言われるほど平常時はゆっくりなんです(笑)

 

我慢した甲斐あって、麻酔はよく効き、手術中は痛みも不快感もほとんど感じませんでした。

1時間ほどですべて終了!

手術中、出血を抑えるために腕を強く縛っていたので

痺れてはいるものの痛みはありませんでした。

 

手術の時間は11時。 絶飲食は6時からでした。

もう、お腹が空いちゃって!

利き手に麻酔がかかっていて、痺れもあるので箸を持つのは無理。

外食は断念して、丸井今井でハゲ天の天丼を買って帰ってきました♪

丼ぶりものだったら、左手でスプーンで食べられるかと^^

しか~し、サクサク食感を活かすためか、丼たれが後かけタイプでした。

ありがたい心遣いですが、この日の私にはしんなりした天丼がむいていました^^;

思ったように口に運べずイライラ。。。

 

そこへ、Hさんがパンを持って来てくれました♪

嬉し過ぎ~!!!

(写真以外にもあったけれど、すぐに食べちゃった^^;)

左手で掴んで食べられるもの最高!

本当にありがとうございました^^

 

丸井今井で菊の家の竹ざるとうふも買いました^^

この豆腐はパッケージを開ければ、水切りもできていて

スプーンでそのまますくって食べられるので入院中にも重宝する優れもの。

味もとってもおいしいのです!

 

 手術当日は麻酔が切れるとともに痛くなりはじめ。。。

医師から「NSAIDsが禁忌なので我慢するか、手持ちの鎮痛剤を使ってください」と

言われていたのでトラマールを。

即効性は無いけれど、飲んで寝る!

 

朝、起きると痛くな~い!

痛くないと、なんでもできそうな気がしますが、抜糸までは二週間を要すらしいです。

まずは次の診察までの5日間、絶対に濡らしてはいけない!とのことなので

この日はひたすら海外ドラマ鑑賞♪

HDの残量も少なくなっていたのでちょうど良かった~^^

 

手術翌々日、婦人科の受診日。

帰りに大丸へ♪

つな八でリベンジ天丼(笑)

左手スプーンでも食べやすいしんなり具合でした^^

巻き寿司も食べやすいので買ってきちゃった^^

催事場で崎陽軒を発見!

札幌ではなかなかお目にかかれない真空パックじゃないシウマイ。

見つけたら買わずにはいられません^^

肉まんもおいしかった~♪

 

 ハーゲンダッツも買っちゃった♪

期間限定のバナナミルクもいいけど、やっぱりストロベリーが好き^^

 

今回、手術したのは、その名も 『 手のクリニック 』。

いたるところに手のマークがあります。

飴のパッケージにも!

中身は手ではありませんでした(笑)

 

本日、術後3日目。

まだ、掴んだり、握ったりができないので不便ですが

日常生活には、それほど支障はなくなりました!

 

 

番外編

足も包帯ぐるぐる。

先日、ブヨに噛まれました(涙)

あっと言う間に6ヵ所も!

 

噛まれた時は、一瞬、「痛ッ!」と声をあげ、見るとじわりと出血。

出血はすぐに止まり、12~24時間後、熱を持って腫れ出すのです。

皮膚科を受診して、ステロイドと抗ヒスタミン薬で落ち着きました。

 

ブヨは朝と夕方が動きが活発になるそうです。

また、湿度が高い場所も好むそう。

夏休み真っ只中!

お出かけの際はお気を付けください。

予防は、肌を出さない、虫除けスプレー(ブヨ用)を使用する!

噛まれたら、すぐに毒を排出し、消毒と冷却をする!

だそうです。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

What terrible timing!

2015-04-01 23:34:45 | 

先週は治療week^^;

担当の医療助手さんが「〇〇さ~ん!(私の名前) 久しぶり~♪

いい部屋用意しておきましたよ! それも窓側!」と

明るく元気に病室まで案内してくれました^^

病棟唯一の二人部屋が貸切で広々~^^

病室に入ると看護主任さんや看護科長さん、医師までもが

「〇〇さ~ん!」と挨拶に来てくれました。

お互い「また会っちゃったねっ!」と微妙な会話^^;

その後、たくさんの書類を提出して、麻酔の説明を受けました。

手術すると決まった時に一番不安だったことは硬膜外麻酔!

痛いし、怖いし。

でも、今回は全身麻酔だけで硬膜外麻酔は無しと聞いて、まず、一安心。

次に不安だったことは、術後、まくらができないこと。

太っているので、まくらが無いと息苦しいのです^^;

このことを麻酔科の先生に話したら、まくらはしていいとのこと。

手術の時からまくらの高さ調整をしてくれることになりました。

これで二大不安が解決!

 

ホッとしたところでM美さんがお見舞いに来てくれました^^

一度、行ってみたいと思っていた樽前山神社の御塩守をいただいてきてくれました!

他にも超乾燥している病室で本当に助かった化粧品や

ゴクゴク飲めるお茶を何本も持ってきてくれました。

写真撮る前に食べちゃったハスカップのゼリー、とってもおいしかった~!

私、とにかくゼリーが大好物なんです^^

病室が貸切だったので、ゆっくり、たっぷり、話ができて

落ち着くことができました。 ありがとう!

 

午後からの予定だった手術が朝イチ9:00に変更に。

午後は夫が苫小牧へ出張の予定が入っていて

立ち会えないことになっていたけれど、朝イチならば大丈夫と

手術室まで見送ってくれました^^

手術室に入ると、まず、名前と手術部位を漢字で書くというお題があります。

手術部位のこと忘れていた~^^;

一緒についてきてくれた病棟の看護師さんにどう書くかを相談。

MRIを撮る時も「どこを撮るか」と本人に確認されるんだけど

困るんだな~。

要は子宮があったところらへんなんだけど、無いからね^^;

結局、「子宮周辺」と書きました。

手術室の看護師さんたち、若くてかわいい人ばかり^^

かわいい看護師さんと一緒に歩いて奥の手術室へ。

前回よりもコンパクトな手術室でベッドは同じくジェルタイプ。

過去の手術経験では麻酔から覚めた後が異常に寒かったと

麻酔科の先生に話していたので

温風でベッド周りを温かくしてくれていました。

心電図や血圧計をつけたり、流れるように手早く準備が進み

点滴に麻酔薬が入ると、クラクラ~となってきた途端、意識が無くなりました。

 

9:00前に病室を出て、戻って来たのはお昼前ぐらいだったそう。

思っていたよりも時間がかかったようです。

声はなんとなく聞こえてはいるけれど目は開けられない。

痛みはほとんど無いのでスヤスヤと寝ていたようです。

 

目が覚めた時には夕方になっていました。

点滴の血管痛と寝過ぎの腰痛で起きた感じ^^;

とにかく看護師さん泣かせの血管で。

いつも、やっと留置針が入ったと思っても、点滴が溜まっちゃって

そのうち血管の中を針が流れているような激痛になるんです。

で、他の血管を探すけど、なかなか目ぼしいものがなく

腕がアザだらけに。

一ヵ所、腕の裏側に使える血管があるので、ここはどうでしょう?と

提案すると、同業者の方ですか?と言われました^^;

結局、この裏側の血管に6回針を刺して、何とか点滴を続行することができました。

この時はこのオススメ血管に “Here→” とタトゥーを

入れようかと本気で思いました(笑)

それでもなかなか流れず、点滴一本終わるまで、ず~っとうつ伏せのまま

絶対に動かないように!と看護師さんから言われました。

これがめっちゃキツかったです。

もともと首が痛いし

デブにとってのうつ伏せは拷問に近しいのです^^;

消灯前にこの点滴は終わり、久しぶりに頻尿から解放された夜になりました。

 

ぐっすり眠った、翌朝、今度は採血がありました。

昨夜と同じ看護師さんで、はじめから裏側の血管から採る!と決めていたようです。

朝6:00、真っ先に私の部屋に採血に来ました。

30分格闘の末、採血終了^^;

ホッとしてスマホを見るとメールが。

こんなに朝早くから誰だ~?と思って見ると5:40に夫から。

「救急車」とか「応急処置」の文字が書いてあってビックリ!!!

この時点では私の歩行許可は洗面所までしか出ていなかったので

動くに動けず・・・

何度かメールでやり取りして、落ち着いて、読み返すと、

どうやら激しい腹痛で救急車を呼んだらしい。

夜間急病センターに運ばれたけれど、朝7:00までなので

その後は私が入院している病院に自力で来るらしい。

とにかく、私が動かなければと思い、病院の玄関まで迎えに行こうと

エレベーターに向かうと、そのエレベーターから夫が降りてきた。

夜間急病センターからタクシーで来たそうだ。

かなり痛そうだったけれど、この時点でまだ朝の7:00。

外来がはじまるまではまだまだ時間がある。

まずは外来の順番を取らなければならないので受付用紙を記入して窓口が

開くのを待つことに。

最初は痛いから椅子に横になると言っていたけれど

歩き回っていた方が痛さがまぎれるとフラフラ~。

そのうち、痛み止めが効いたのか?

あんまり痛くなくなってきたかも???と言い出す。

確かに顔色も良くなってきて、スマホのゲームまでやりはじめた。

ちょっと良くなったみたいなので、私は病棟に戻る。

看護師さんに状況を説明して、できるだけ早く退院して

夫のことに対応できるようにしたい旨を伝えた。

とりあえず、荷造りをはじめると夫から診察が終わったとメール。

診断は、多分、尿管結石。

レントゲンでもエコーでも石は見当たらず。

痛みも無くなっているので、石は排出された後だろうとのこと。

本人もとってもケロッとしている。

このどさくさに紛れ、私の退院許可もすぐに出て

10:00には二人揃ってタクシーで家に帰ってきました^^

 

尿管結石は七転八倒の痛みと聞くので痛かった本人には申し訳ないが

お騒がせなっ!!!

結石ができるまでには長い年月がかかるという。

まさかこのタイミングで悪さをするとは!

夫は一人で痛くて不安でどうしようも無かったのだろう。

我慢強い夫が救急車を呼んだほどだから。

本人は尿管結石だとは思わず、私が入院して一人ぼっちだったストレスで

腸が破けたか捻じれたかと思ったらしい^^;

救急隊の人に私が入院している病院に運んで欲しいと言ったらしいが

病院側から受け入れ拒否されたそうだ。

退院の時に病棟の看護科長さんにこの話をしたら

「当直が整形の先生だったからね~」と教えてくれた。

 

家に帰ると、激痛で体力を消耗して、お腹が減ったと言い出した。

それで向かった先は焼肉屋さん~♪

さっき、救急車を呼んだ人と退院したばかりの人がいいのかな^^

和牛カルビ ・ ロース ・ サガリの盛り合わせ。

カルビの脂、大好き! めっちゃ柔らかかった~^^

 

豚も冷麺も外せない!

病み上がりとは思えないパワフルなランチになりました^^

 

この後、背中のヘルペスが発症して病院で投薬治療。

体力が落ちたり、紫外線に当たったりすると出てくるんだけれど

ここ最近は抗生物質(抗菌薬)を使うと

ヘルペス(ウィルス)が暴れ出す傾向にあるような・・・

薬物アレルギーが増えたかも(涙)

 

手術で腹水は抜けたそうです。

MRI画像で10㎝×10㎝×10㎝ぐらいの腹水がある?と言われていたので

1,000㏄ぐらい採れるかと思いきや、実際はそれほどでは無かったらしい。

体重減を期待していたのでそこは残念^^;

あとは病理検査の結果を待っているところ。

染色体検査というのに時間がかかるらしいです。

 

病院食はとても勉強になりまます!

今回、気づいたことは副菜の量の多さ。

あとはやはり塩分の減らし方。

薄味にし過ぎず、献立で調整する。(この場合、味噌汁をつけない。)

日々の食事に活かしていきたいと思います^^

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

検診に行こう!

2015-03-08 18:28:33 | 

嵐のような一週間が過ぎていきました^^;

 

まずは恒例のおまけルク♪

DyDoのペットボトル(500ml)についてくる全12種類のマグネット。

昨年も同じ時期にありました!

今年はダムール ・ ソースパン ・ レクタンギュラーが仲間入り^^

こちらは缶コーヒー(BOSS)の必ずもらえるキャンペーンで届いた

カッティングボードです。

行ったことないけど(笑)。。。 キャンプに持って行ったら便利そうです♪

 

嵐のはじまりは月曜日。

もとはと言えば、前の週の水曜日か。

その日は婦人科の受診日でした。

2年半前に全摘しているので、以前ほど頻繁に受診する必要は無くなったのですが

それでも、一応、定期的に受診していました。

「全摘しているのに何を診るんじゃ?」と思いつつも(笑)

神経痛の受診日と同じ日に予約を入れれば一度で済むわ。

チャッチャと終わられましょ~と軽い気持ちで。

今の担当医とはかれこれ10年ぐらいになるので診察室に入っても

「最近どう?」とフレンドリー^^

お互い永遠のテーマ(ダイエット)が同じなので

「変わらないね~」は褒め言葉では無く、ダメ出しに相当します(笑)

ここのところ、左鼠蹊部が痛くて、整形外科を受診したものの

股関節等には異常なしと言われたことを伝え、内診へ。

担当医は、いつも、カーテン越しに話をしながら診察します。

だから、この日の声のトーンの変わりようにはビックリ!

鼠蹊部の痛みの原因はこれかも。って。 何?何?何?

思わず、カーテンをめくってしまおうかと思ったほど。

診察室に戻るとエコーの画像を見ながら説明がはじまりました。

なんの心の準備もなく。

「どちらかというと、ふくよかなのでわかりづらかったようだけれど

腹水が溜まっている。」と。

はぁ???

“ ふくよか ” は聞き流したとしても、腹水ぃ~?

確かに画像を見ると、まるで侵略図かのように

縦横無尽に広がっている黒いものが写っていました。

度重なる手術で癒着をおこし、その空間に隙間なく水が溜まっているらしい。

この日はここまで。 最短で組めるMRIの予約をして帰ってきました。

 

そして、月曜日。 MRIと診断の日。

朝から絶飲食で検査。

造影剤用のラインをとりながら、看護師さんが

「骨盤部だから息を止めたりする必要がないのでリラックスしてくださいね~」と

言ってくれたので安心していたのに。。。

いざ、検査がはじまると、技師さんが何度も「30秒息を止めてください。」

「深呼吸はしないでください!」、「あと3分間は静かな呼吸をしてください!」と

言われてしまった^^; 私の呼吸ってそんなに荒いのね(爆)

検査後は担当医が診断もするという。 随分とスピーディーになったものだ!

(診断結果等については後述します。)

 

診察の順番を待っている間、こんな本を読んでいました。

でも、読みながら考えていることといったら「お昼何食べよう?」(笑)

挙句の果てには目ぼしいお店の定休日情報を検索しはじめて。

行ったお店がここ。 『 中国家常菜 しんた

五目あんかけラーメン

一人で行く時はいつもカウンターに座ります。

目の前の厨房から聞こえてくる包丁の音、鍋の熱気を感じることができるから。

ここは、シェフが私のためだけに料理を作ってくれていると実感できるのお店。

オーダーが入るとショウガやニンニクをみじん切りにすることろからはじまります。

そして、丁寧な一皿を作り上げ、仕上げに切りたてのネギを散らしてくれます。

なかなかできない手間だと思います。

もちろん、メッチャおいしい!

 

声色だけで心中がわかってしまうHさんとお出かけ~♪

カレーが食べたいというリクエストで 『 ピカンティ ホライズン 』 へ。

ここは駐車場も店内も広くていいです^^

平日のみ限定25食のランチセット アルテミス レベル3

野菜もたくさん入っていて、お腹いっぱいになりました。

Hさんもおいしかったみたいで良かった!

 

ランチの後は恒例のデパートめぐり~♪

この日は、三越 → 丸井 → 大丸と3軒はしご^^

三越の新潟展で 『 なかよしミート 』 のベーコンを。

生のまま食べられるベーコン。 肉厚で脂がすっごくおいしい!

そのおいしさに思わずHさんと顔を見合わせてにやけていまいました^^

こちらも試食させてもらい、そのまんま、いちじくなことにビックリ!

プチプチ感もあっておいしい。

パンやヨーグルトで食べるのはもったいないので

何かもっとおいしい食べ方を発見したい!

モッツァレラチーズに合いそうな気がする~♪

 

“ 限定 ” という言葉にめっぽう弱い^^;

その上、「先行発売」だとか、「ここでしか買えない」だとか言われたら

買わないわけにはいかないよね~(笑)

ディズニークイーンコレクションエプロン

その名も「Princess」限定10枚!

エプロンはたくさん持っているのに。。。 止められません^^;

 

この日、大丸のエスカレーターで数年ぶりの友人に再会!

私は下から、彼女は上から。

まるで映画の再会のシーンみたいでした。

ダダダダァっとお互いの近況を話して、再々会の約束をして別れました。

そして、帰宅するとナント!ナント!もう一人の友人から手紙が届いていました!

私たち、野菜ソムリエの学校で知り合った三人組なんです!

もう、ビックリ!!!

支えてくれる人がいることを教えてくれる

見えざる手? つながり? いろいろ感じた一日でした。

 

さてさて、診断結果ですが

「やっぱり、腹水と腫瘍があるわ。」とのこと。

ちょっと待って! 腹水は聞いていたけれど、腫瘍は初耳!

 全摘して、全ての厄介ごとにおさらばしたはずなのに。

まさに青天の霹靂!

そりゃないぜぇ~!!!

 と、同時に鼠蹊部の痛みと頻尿の原因が判明。

腫瘍についてはすぐにホルモン治療を開始しました。

(悪性の場合、腫瘍が発光する造影剤を使ってMRI撮影をしたところ

今回は発光は認められなかったので、多分、大丈夫だろうとのことです。)

腹水は全身麻酔で穿刺するためちょこっと入院する予定。

(穿刺して内容を確認します。)

こんな状況であっても口を衝いて出る言葉は「面倒くさい~」(笑)

今月は夫が忙しく、夫と担当医と私のスケジュールを調整するのが超大変!

ご迷惑をおかけしてしまった方々、大変申し訳ございませんでした。

お陰様で日程調整できました。

  

昨年は原因不明の神経痛で医療費をたんまりと支払ったので

今年の目標は医療費の削減だったのに。。。

早くも挫折^^;

まぁ、仕方ないか。 

もうトシだからこれくらいの痛さやダルさは当たり前?

自分でも、病気なのか? 老化なのか? わかりづらくなってきています^^;

忙しいし、面倒くさいし、病院は混んでいるし。。。

でもね、やっぱり、病院には行った方がいいのかも。

我慢したって治らないし、悪化してから後悔するのは絶対に嫌だし。

不調を感じたら病院へ行き、そして、定期的に検診も受けた方がいいと思います。

これが私の教訓です^^

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

Hit a plateau.

2014-10-05 22:48:25 | 

8/19からスタートした減量作戦!

最初の1ヵ月は順調でした~♪

夫に至っては超順調で1ヵ月で8kg痩せたほど!

私は1.5kg前後を行ったり来たり。

 

しか~しっ! 只今、完全に停滞期に突入しています^^;

どうするべきか???

ZUMBAの先生に相談したところ

「ここは我慢の時!無理に運動はしない方がいいでしょう!」とのこと。

私も自分の性格からしても、そんな気がしていたんです(笑)

運動するとお腹空いちゃうし、運動したから食べてもいい気になっちゃうし。

と言うことで、現状維持に努めています^^

 

我が家の減量方法はBAT(Brown adipose tissue)とGI(Glycemic Index)。

運動はBAT(褐色脂肪細胞=脂肪を燃焼し、熱を産生する細胞。)を刺激する

ストレッチポールで背中をストレッチ。

レッグマジックサークルは気が向いたとき^^;

もう一つがGI(グリセミック・インデックス=

食物が体に吸収される速度を数値化したもの。)

GI値が低いと血糖値の上昇が傾らかでインスリンの分泌が抑えられます。

インスリンには脂肪を作り、脂肪細胞の分解を抑制する働きがあるので、

分泌され過ぎると脂肪が蓄積され肥満の原因になるらしいです。

あとは、食べる順番を野菜からにしています。

野菜に含まれる食物繊維が糖の吸収を緩やかにするらしいので。

GI値一覧は見やすく加工して、食材を選ぶ時にチェックするようにしています。

今月の 『 My Kitchen 』 も、しっかり食材をチェックした、GI中華になっています♪

GIのいいところは、高カロリー=高GIではないところ。

なにせ、「おいしいものはハイカロリー!」がモットーなもんですから(笑)

肉は鶏も豚も牛もどれもGIはほぼ同じ。

だから、鶏ササミばかりを食べる必要もないんです。

そして、驚くことに肉と魚、どちらもGIは同じぐらい。

ちなみに一覧で一番GIが高いのは砂糖です。

砂糖やはちみつはできるだけ抑えてメイプルシロップに。

オイルはグレープシードやオリーブオイルにしています。 

パンを焼くときは全粒粉を混ぜて♪

買う時はライ麦パンにしたりしています。

ラーメン大好きでしたが、かれこれ2ヵ月、絶っています。

小麦粉はGIが高いので^^;

最近はGI低めのそばを食べるようにしています。

ちょうど、新そばの季節なので香りが良くておいしいです^^

そばは30%以上のそば粉を使用していれば、「そば」と表示していいことになっています。

つなぎの小麦粉が多いものもあるので、そこは注意が必要です。

十割か二八を食べるようにしています^^

米も小麦もそばも白くなったものよりは原色に近いものがいいんです。 

 

今回の減量作戦、元はと言えば、薬の副作用による体液貯留で

体重が右肩上がりに増え、あれよあれよという間に人生MAXに達したこと。

最初はまぶたが腫れ、アイラインが引きづらくなって、

眼瞼下垂の手術をしなければダメかもって思ったほどでした。

でも、こんなきっかけがなかったら減量計画もはじまらなかった訳で

まぁ~良かったというか・・・何と言うか・・・

原因不明の神経痛は原因不明のまま。

ただ、神経痛の薬が効いているので神経痛であることは間違いないようです。

最近は日中の痛みへのコントロールが必要になってきたので

調整用の低用量リリカも服用するようになりました。

(副作用の多い薬ではあるようですが効果が大きいのも確か。)

気圧の変化で痛みが悪化するのも神経痛の特徴のようで

台風や低気圧が来ると痛みが強くなります。

こんなんじゃ、飛行機にも乗れないよ。

北海道に住んでいる者としてはとっても困るところです。

 

みのりの秋は何もかもがおいしい~♪

 今年はフルーツの当たり年?

 例年よりもおいしいものに当たることが多いような気がします^^

 特に梨とブドウ!

フルーツの果糖が太る?!とも言われたりしていますが・・・

GIはそれほど高くありません。

食べ過ぎないように注意して、減量計画を遂行したいと思います^^

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

I just wanted to lose ×× pounds.

2014-08-26 23:57:27 | 

 体重増加が止まりませ~ん^^;

自慢じゃありませんが・・・人生MAX!

これはまずい! 減量しなければ!

美容家のAさんを巻き込んで痩せる計画実行中です。

Aさんからはお風呂の入り方(5分-10分-5分かけて入浴)を教えてもらいました。

なかなか痩せづらい体質になっているので、まずは代謝を上げ、

無理なく確実に1ヵ月1kg減ペースを目指すことになりました。

あんまり欲張りすぎると続かないからね^^;

Aさんとはちょうど1ヵ月後に会うことになっているので

それまでに体重が減っていなければ、会ってあげないから!と約束しました(笑)

 

お風呂だけでは減量は難しいので何か手を打たなければ・・・

まずは、現実を直視したくなくて拒否し続けていた体重を毎朝量ることにしました。

かなり必死で、必ずトイレを済ませ、着衣は無し、シュシュまで外して

体重計に挑んでいます!

それから最終飲食時間も22時から20時に繰り上げました。

なぜ太るのか? やっぱり、食べるからだろうな。

食べているものを把握することは必要かなと^^;

と言うことで、「書くだけダイエット」もはじめました!

アプリも併用しながら、かれこれ一週間続いています。

カロリーは意識するようになったかも。

 

スレンダーなボディーを維持しているKちゃん。

秘訣を聞いたら、食べる量に気をつけて夜ごはんはあまり食べないようにしているそうな。

みんな努力しているんだね。

どうしてもお腹が空いた時にはスルメがおすすめらしい。

 

ZUMBAの先生に「痩せる方法ありませんかね?」と聞いてみたところ

「今までにどんな方法を試したことありますか?」と質問されました。

う~ん...何にもしたこと無いかも^^;

はるか16年前、ウェディングドレスが着られるようにダイエットしたぐらい。

それも、朝・昼を控え、夕食をおもいっきり食べるという破天荒なダイエット法(笑)

まずは背中をほぐすことが大切とストレッチポールを勧めてくれました♪

早速、その日のうちに購入!

最初は尾てい骨が痛くて。

でも、しばらくするとコロコロするのが気持ちよくなってきました^^

 

エクササイズもしなければ!

レッグマジックサークル買ってみました。

リビングに置いて、シャカシャカしています。

オブジェ化していたジョーバも再稼働しています。

 

結構、頑張っているつもりなのに減らない。

どうして~。

このままだとAさんに会えなくなっちゃう。

先月のはじめから強烈な胸背痛があって

循環器、脊髄、自己免疫疾患の検査を受けているけれど原因不明。

T6胸椎の神経痛なのではないだろうか?ということで

1ヵ月以上かけて薬を漸増してきました。

この薬の副作用に「体液貯留」があるらしく、服用している間は体重は増えるそうで

エクササイズを頑張っても、まだ増えると言われてしまいました。

これ以上増えたら着られる服がなくなっちゃうよ~。

弱り目に祟り目。 ヘルペスまで出現!

体力が落ちると出てくる厄介者。 それも私のヘルペスは背中。

もう、どっちの神経痛なんだかわけわかんない。

この期に及んでヘルペスの薬の副作用は「むくみ」らしい。

特に顔やお腹がパンパンです^^;

 

薬を飲まなくてもよくなった時のしぼみ具合に期待して

ダイエット&エクササイズに励むぞっー!

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Re LASIK !

2014-07-18 23:16:31 | 

女性は7の倍数で体が変化する・・・とCMで聞いたことがありますが

「そうかもしれない!」と感じる42歳(7×6)です^^;

 

そう言えば、14歳(7×2)、28歳(7×4)の時に原因不明の病気に罹りました。

2年前に根本的な手術をして、昨年は「寝れば治る!」を実感できるようになったのに。

今年は不調が続き、またもや原因不明がはじまってしまいました。

先週は検査、検査、検査で月~土曜日まで病院通い。

(内科 ・ 耳鼻科 ・ 神経内科 ・ 心臓血管外科 ・ 脳神経外科 ・ 皮膚科)

  

心臓血管外科では冠動脈CT検査をするために造影剤を。

 

「検査後、すぐ治療に入るかもしれないから」と留置針は刺したまま。

不安な中、考えたことは「バンジージャンプができなくなっちゃうかも」でした(笑)

  

あんなに混んでいたのに全部の検査が終わったころには

 だ~れもいなくなっちゃった。

 

検査の結果、心臓血管外科では異常なし!

脳神経外科のMRIも異常なし!

異常が無いのはいいことなんですが・・・

また、振り出し~^^;

今週もいろいろ検査をして、もしかしたらこれかな?と

あたりがついたような?つかないような?

来週、再来週には細かな結果も出揃うようなので

原因と治療法がわかればと期待しています。

 

今回の不調とは無関係ですが、先月、レーシックの再手術を受けました♪

まさか再手術が受けられるとは思っていなかったので

遠近両用メガネを作ってしまったおバカな私^^;

乱視が強いようで4月から術前検査を何度か繰り返し、6/13に両目の再手術しました。

フラップは、前回、作ってあるので

今回はそれを捲ってレーザーをあてるだけなんですって!

ビックリ!!!

 

手術はあっと言う間。

点眼麻酔をしているので痛くも無く、ただ、焦げ臭いだけでした。

術後も前回のような痛みはほとんど感じませんでした。

痛くなった時用の目薬を出してくれましたが使うこともありませんでした。

 

 ご褒美ケーキも買って帰れるほど^^

 

すぐに見えるようになって、遠くはくっきり!

でも、途端にきました~ 老眼が!

iPhoneを見る時、腕を思いっきり伸ばして見るようになりました^^;

 

 老眼鏡を作るのは「術後3ヵ月ぐらい経って視力が安定してから」と

 言われたのですが、どうしても不便を感じて・・・

 

術後1ヵ月検診の後、そのままメガネ屋さんに直行しちゃいました^^

これで手元が快適になりました♪

  

術後、洗顔禁止だった時、『 THALION 』 の拭き取り化粧水がとっても重宝しました^^

 

私 右目(効き目) 0.6 → 1.2

     左目    0.9 → 1.2

夫 右目のみ    0.7 → 1.2

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Recovered!

2014-02-18 22:20:27 | 

今年に入ってからなかなか体調が優れず^^;

この半月の間に、ノロウイルス、ヘルペスウイルス、インフルエンザウイルス

3つのウイルスに感染してしまいました。

その結果、ちょっとばかりウイルスについて詳しくなりました(笑)

 

インフルエンザ解熱後2日経ったので晴れて外出~♪

無性に肉が食べたくて焼肉屋さんに行ってきました。

シルクロード

入口にあった「和牛個体識別番号」に何気なく目をやると

そこには 『 ダイマルファーム 』 の文字が!

ダイマルファームの和牛が札幌でも食べられるとは!!!

大阪や東京の市場で取引されている和牛なので逆輸入のような感覚です(笑)

思わず店員さんに「ダイマルファームの肉が食べたいです!」と

妙な注文の仕方をしてしまいました^^

すっごくきれいな肉でしょう~♪

ジューシーな脂としっかりとした赤身でとってもおいしかったです!

肉はいいね~^^

これで元気になった気がします。

 

もう一つ元気ネタ~♪

昨夜の夫の帰るコール・・・「あれ買った?」

「あれって何さ???」

ず~っと待ち望んでいてスケジュールにも書いていたのに

完全に忘れている私。

やっと思い出し、「きゃ~っ! どうしよう~! 忘れてた!」。

ここから暴風雪の夜の決死のドライブがはじまったのです^^;

夫が帰って来るのを待って、まずは近所のスーパーへ。

まったくある気配無し。

少し遠くのスーパー2軒にも無し。

10km以上離れたスーパーでやっと発見!

実はこのスーパーで事前調査をしていて札幌には2/17入荷との情報を得ていたのです。

午後の紅茶のおまけ^^

500mlのペットボトル4本買うとルク・ルーゼのおまけが1セット(3個入り)ついてきます。

おまけは4セットあるので全部揃えるとペットボトルは16本買うことになります。

やっと見つけたし、すっごくかわいいし、

夫の「欲しいだけ買え! ジュースは俺が飲んでやる!」の太っ腹発言にも後押しされ

4セット×2 GETしました^^

なので、今、うちには午後の紅茶が32本もあり、飲み放題です(笑)

お鍋の形をしているのはマグネット。

22cmのジャポネーズと比べてみました^^

ラムカンは小物入れです。

フタがしっかりと閉まるのでリングやピアスを入れてもいいかも。

見ているだけでも十分幸せで元気が出てきます^^

 

今朝、起きたら脚が筋肉痛。

多分、4軒のスーパーの中を小走りしたからに違いない^^;

 

そう言えば、ルクの新作の案内が来てたんだ♪

パステルカラーで、これまたすっごくかわいいですね!

 

お陰様で私のウイルス騒動も終息を迎えました^^

ご心配、ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。

今週からレッスン再開しました。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Looking Back 2012.

2013-01-13 03:45:15 | 

随分と遅くなってしまいましたが^^;

新年おめでとうございます。 本年も宜しくお願いいたします。

2013年最初の記事なんですが・・・

まさかの2012年振り返りです^^;

 

 2012年は私にとって特別な年となりました。

40歳の年でしたし、人生のターニングポイントだったのかもしれません。

 

夏に担当医から6度目の手術の話がありました。

春先から検査を進めていたので最初は「やっぱり~」と軽く受け止めることができたのですが、

話を聞いていくうちに雲行きが怪しくなり・・・

素人が見ても「まずいんじゃない?!」と思うようなMRI画像を前に

いつもほど歯切れが良くない担当医。

腹腔鏡手術が得意な担当医の口から「開腹手術」の言葉を聞き

一気に事の重大さを知らされ、不安が押し寄せました。

そして、その後の「全摘」の言葉で私の頭の中は真っ白になったのでした。

(過去5回の手術では温存に重きを置いた腹腔鏡や10㎝程度の開腹手術でした。)

 

不妊治療を続けるも結果が得られず2年前に断念。

それでも、高齢の方の妊娠のニュースを耳にすると

もしかしたら、医学の進歩か何かで私にもチャンスが?と思ってみたり・・・

そんな夢話も吹っ飛んだのでした。

何て言うのかな・・・完全にチャンスを失い自分の中の何か?を失うような?

自分が死んでしまうような?そんな空虚感と夫に対する申し訳なさにさいなまれたのでした。

 

さまざまな心の葛藤があり、けれど、時間も待ったなし!

すぐに手術の日程が組まれ、バタバタと術前検査がはじまりました。

そんなふうに事は進んでいても頭の中はモヤモヤ。

「卵子は凍結保存できるのに子宮はできないの・・・」とかヘンなことばかり考えていました。

それでも、いつもの調子に戻った担当医の「悩んでも仕方ない。割り切り!割り切り!」と

ズバッとした物言いや、カウンセラーの先生のお陰である程度、気持ちにケリをつけて

入院をむかえることができました。

病院での最初の食事は味噌ラーメンでした。

これがおいしくて!

病院食ってなかなか良いイメージが無いと思いますが

ここの病院はおいしいんです!

だから、毎回、ここの病院に入院している?(笑)

でも、「ごはんがおいしい~」なんて言っていたのは最初の2日。

手術後はほとんどまともに食べられなかったな~。

だから、食事の写真はこれ一枚のみ。

あと、病院で撮った写真はこれだけ。

 

手術がとってもハードだったのです。

というよりも術後か。

手術では子宮 ・ 卵管 ・ 腹膜、腸の一部を切除しました。

今回から病院の手術手順が変わっていて、手術室まで歩いて行き、

手術室の中で本人が自分の名前、摘出部位を漢字で書くことになっていました。

「病室から意識朦朧状態で手術室に行って、出てきたら終わっているから

手術は楽勝~」なんて思っていた私は大誤算!

手術室に入ると部屋がいくつもあって、一番奥の部屋まで歩いて行きました。

部屋には等身大サイズのMRIやレントゲン画像が貼ってあり

ライトはLEDで、よくTVで見る手術室よりも未来的な感じがしました。

身体がギリギリおさまる程度の小さなベッドはジェルタイプで横になるとひんやり。

看護師さんや麻酔医の先生、研修医の先生、10人ぐらいが

一気に周りを囲む中、全裸にならなくてはなりませんでした(爆)

看護師さんが手早く準備を済ませ、麻酔は研修医の先生。

後ろで指導医の先生が私に話しかけるような口調で

研修医の先生に硬膜外麻酔の指示を出していました。

麻酔は全身麻酔と硬膜外麻酔の併用です。

全身麻酔はあっという間に意識が遠のいてしまう(10から逆さに数えるのを

回は7ぐらいまではいきたいなと思っていたのですが9まで言えたかも不明^^;)

ので楽なんですが、硬膜外麻酔は痛いし、緊張するし、嫌ですね^^;

麻酔をかける順番を逆にしてくれたらいいのに。

 

そして、手術ははじまったようです。

同じ個所の6回目の手術なので癒着がひどく、

剥がすのに時間がかかったようです。

意識が戻るととにかく寒い!

ブルブル震えて、歯で唇を切ってしまったほど。

しばらくして、病室に戻ると夫が居る気配を感じたけど

目を開けるのもだるくて、呼びかけに応じるのもキツイ。

酸素マスクがずれていて、ちょっと息苦しかったけど直すのもおっくう。

それに夫が気づき、直してくれて呼吸が楽になった。

術後は看護師さんが15分おきに様子を見に来ます。

その度に、夫は病室から出されるんだけど、ず~っと、ず~っと帰らずに居てくれた。

看護師さんからも「もう大丈夫ですよ」って言われているのに。

時々、手を握ったり、顔をさすったり。

やっと私がしゃべりだしたのは夜になってからだったかな。

夫に「水が飲みたいって看護師さんに言って」と。

これで夫はちょっと安心して帰っていきました。

 

意識がはっきりしてくると、痛みもはっきりしてきて。

ここからが地獄のはじまり!

手術したところが痛くて痛くて。

熱も40度近くあるのに解熱鎮痛剤にアレルギーがあるから使えない。

硬膜外麻酔を追加してもらうんだけど、3時間以上は間隔をあけなくてはダメらしい。

でも、1時間半で必ず切れる。 残りの1時間半をどう耐えるか?

ベッドの柵を握って悶絶。

ナースコールを何回、いや何十回押したことか。

朝になっても痛みも熱も治まらず、血液検査ではCRPが20を超えた!

慌ててCTを撮ることに。

いくつか血腫はあるものの大きな問題は無し。

痛みに対応するため硬膜外麻酔に加え、フェンタニルの点滴が追加になった。

これで残りの1時間半を埋めることができるかと思いきや

効果は1時間と続かず、悶絶タイム継続。

その上、フェンタニルは麻薬なので点滴もコードにつながれやかましい。

ちょっと動くだけで、けたたましい機械音が鳴り響く。

そんな日が何日続いただろう?

とにか発する言葉は「痛い!」だけ。

他にボキャブラリーは無いのか?と自分でもツッコみたくなるほど。

そんな中、頼りになったのがKさんが持って来てくれたキティちゃん。

抱きしめたり、顔をうずめたり、いつも傍らで見守ってくれていた。

今でも毎晩一緒に寝ています^^

手術の日の朝、タクシーで駆けつけてくれたM子さんの存在も頼もしかった。

何度も脚を運んでくれたMッチさんにも感謝。

あまりの私の悶絶ぶりにせっかくお見舞いに来てくれたのに

驚いて帰ってしまった友達もいました^^; 申し訳ない。

熱は一週間ぐらいで治まったけれど、痛みはかなり続いたな。

それから腸の問題も起きたんだ。

それでもMさんからの差し入れでベッドの中で世界を旅しているような気分になれたんだ ♪

病院で知り合ったM美さんからはエステをしてもらったり、

脚をさすってもらったりして癒してもらいました。

 

ある朝、起き掛けに脚を横に伸ばしてみるといつもの物体が無いことに気づく。

それは夫の脚。

ここは病院だと気づき、無性に家に帰りたくなった。

そして、私は帰る!と言い出したのです(笑)

 

退院後もいろいろありました。

土曜日に退院したものの、月曜日には病院に逆戻り。

そして、再入院の宣告!

そんなことが何度かありながらも何とかかわしたと思ったら

注意していたのに薬のアレルギーが起こって点滴治療しなくてはならなくなったり。

 

それでも時間とは本当に素晴らしく、人間の身体とは本当に強く

私にも治癒力ってものがあるんだ!と実感した数ヵ月でした。

そして、今となっては、11年間患った病との決別に安堵と喜びを感じているところです。

 

尊敬するC先輩から手術直前に届いたメール。

「NEWヴァージョンの〇〇(私の名前)に会えるの待ってるよ!」

すっごく前向きになれました。

2013年はLead a new life!

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加