Chef's Counter Lunch ~ Apr. ~ ♪

2012-04-10 23:55:29 | Cooking school

 今日は月一回のお楽しみ “ シェフズカウンターランチ ” の日でした ♪

席に着くや否や、午後に発表の「ミシュランガイド北海道2012特別版」の話題でもちきりです!

食べ歩きが趣味というメンバーですから、シェフも含めてみんなで予想合戦(笑)

結果、三つ星レストランは4軒でした!

二つ星・・・レストラン12軒 ・ 旅館1軒  一つ星・・・レストラン50軒 ・ 旅館2軒

私、三つ星レストラン3軒を的中させました~^^

二つ星と一つ星もいっぱい当てましたよ。 個人的には味重の星獲得が嬉しかったです。

星がついたお店はこれから大忙しになるでしょうね! 予約も取りにくくなるだろうな^^;

 一応、予想したレストランは発表前に何軒か予約しておきました!

中には6月の予約を1月にしておいたものもあります(笑)

食べることに対するこの熱意はどこからくるのでしょう?!(爆)

 

前置きが長くなりましたが、今日のお料理です。

前菜 : 毛ガニのサラダ仕立て ・ 阿寒湖のニジマス ・ 北海道産アスパラ ・ エゾシカのパテ

毛ガニは海明け(春のオホーツク海で流氷が遠のき、漁ができるようになること)のもの。

活茹でなので塩味がきつくなく、カニ本来の甘味が感じられるこの季節ならではのご馳走です。

エゾシカのパテは白フォアグラとピスタチオが入っていて、おいしかったです。

 

パスタ : 勇払産 さくら姫鶏のラグー 道産小麦のタリアテッレ

辛酸っぱくて、おもしろいパスタでした!

鷹の爪だけの辛さでは無いなと思ったので、シェフに聞いてみると

秘密は豆板醤でした。 辛味に複雑さが増すような感じでした。

今回のデモンストレーションは「鯛のアランチーニ」でした。

アランチーニはシチリア名物のライスコロッケ。

コロッとした見た目がアランチャ(オレンジ)に似ているのでその名前がついたそうです。

中にはリゾットにしたお米とモッツァレラチーズが入っています。

また、リゾットにワインビネガーを加えて冷ますとお米のサラダのできあがり。

一つの料理で二品が作れちゃうおいしい技も教えてもらっちゃいました!

メイン : ルスツ産 麦豚のソテー 香草とパルミジャーノレッジャーノ

ぷりぷりエビのソテー 根野菜と殻のソース

お腹が空いていたんでしょうか? いつも食べるのが遅くて遅くての私なのですが

今日はあっと言う間に食べてしまいました^^;

きっと、とってもおいしかったんだと思います。

数時間前のことが思い出せないのは問題ですね(汗)

デザート : マンゴーソルベ ・ 厳選素材プリン ・ フルーツ ・ ヘーゼルナッツと塩キャラメルのタルト

ヘーゼルナッツは殻ごと使ったとか。 とってもおいしかったです。

 

こちらのレストラン、ミシュランから星はもらえませんでしたが

私たちメンバーが心ばかりの星をプレゼントしてきました^^

 

最近のハマりもの~ 「煎酒」

江戸時代の調味料で日本酒に梅干しとかつおぶしを加えて煮詰めたもの。

いつも行く、すぎはらさんで気になっていたものでした。

手に取ったものの買わずに帰り、その日の晩、偶然つけたNHKの番組で紹介され、

やっぱり欲しくなって、次の日、買いに行きました^^;

すぎはらさんには買いたいと思わせるものがたくさんあります。

先週は4日も通っちゃいました(笑)

 

わさび醤油で食べるのがおすすめという恵庭にある 『 みるくのアトリエ 』 のモッツァレラ。

一般的なモッツァレラよりも酸味が強め、でも、口どけやわらかです。

煎酒は素材を活かし、あたりの柔らかい調味料。 わさび醤油よりもおすすめです。

お造りにも煎酒。 じゃばじゃばかけて食べるのが江戸流だとか。

淡白な白身の魚や貝は特に合います!

お刺身やお寿司って、魚を食べているのか?醤油を食べているのか?

わからなくなることありますよね。 ず~っと違和感あったんですよ。

おいしい魚が全部醤油味になっちゃって。

これで問題解決です^^

煎酒、これからもおいしい組み合わせを探してみよと思いますが

今のところダントツ№1は、たまごかけごはんでした^^;

 

お刺身が登場したということは、もちろん、タイ料理も食べてきました ♪

 

 

ランチタイムのサラダとスープ ・ ゲンキャオワーン(鶏肉のグリーンカレー)

カオマンガイ(蒸し鶏のせごはん) ・ パッシーユ(醤油焼きそば)

グリーンカレーは結構辛めでした。 ヒィ~ヒィ~言いながら食べる夫。

なぜか彼の周辺だけ水が垂れてきている?と思って天井を見上げてみたけれど異常なし。

本人の顔面からの汗でした~^^;

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Pleasant experience ♪

2012-03-02 17:15:46 | Cooking school

昨日はとても楽しい会に参加させていただきました ♪

ホテルでフレンチを食べながら、シェフから作り方を教えてもらえるという

最高に楽しいパターンの料理講習会です^^

前菜 : 羅臼産真鱈と帆立のソテー ナージュ仕立て 菜の花を添えて

シェフの心遣いが感じられる、寒い時期ならではの温かい前菜でした。

シェフ曰く、「提供する側は冷たい前菜の方が断然ラク!作り置きできますから」と。

確かにそうですよね。 食べる側を考えた一皿です。

ナージュとはフランス語で “ 泳ぐ ≒ スープ ” という意味らしいです。

アサリでとったダシにサフランとトマトを加えた味わい深いスープでした。

アクセントはイノシシを燻製にしたベーコン!

メイン : 道産牛2種の赤ワイン煮(ブルギニョン) 小野菜と共に

左はホホ肉で右はヒレのかぶり(上部)肉だそうです。 どちらもトロトロに煮込まれていました。

今回の講習会のテーマは「フレンチの煮込み」だったので

自宅でも作れるような作り方を教えていただきました。

煮込みの基本は “ ゆっくり ゆっくり ” だそうです。

お肉にかかっているたまごのソース(ベアルネーズ)の作り方も教えてくださいました。

本来、ステーキ用のソースですが、お魚にも野菜にも合う万能ソースかも。

アスパラの時期になったら、合わせてみたいと思います♪

添え物のマッシュポテト(ピューレポーム ドゥ テール)はバターは使わず、

ヴァージンオイルで練り上げているのでとても軽い口当たり。

キタアカリの甘味が引き立っていました。

肉料理の時のパスタはソースと絡めて食べるためにシンプルなものが添えてあるそうです。

サラダはピクルスの作り方を教えてくださいました。

教室で紹介している自己流と同じだったので何だか嬉しくなりました^^

デザート : フォンダンショコラ ヴァニラグラス添え 赤い果実のソース

フォンダンショコラってこんなにおいしいの?!

フォンダンとはフランス語で “ 溶ける ” という意味らしいのですが、

私が知っているフォンダンショコラとは全然別物なんですよ。

まず、小麦粉は使わないんです。 だから、焼かないんです。

とても滑らかで甘味も苦味もちょうどいいんです!

次回はこのレシピも教えてくださるそう。 とっても楽しみです♪

お土産にピクルスとシカ肉の燻製をいただきました。

もう一つはこの会のまとめ役であるマダムYさんが作られた寒麹でした。

こちらの会、別のランチ会で知り合ったHermèsさんという方のお誘いで

はじめて参加させていただきました!

昨日は11名が集まったのですが、どちらを見てもマダム!マダム!

最初はまるで、社交界デビュー?のような緊張感でした^^;

みなさん、料理やマナー、テーブルコーディネートの教室を主宰されていて

楽しく勉強になるお話をたくさん伺うことができました。

誘ってくださったHermèsさんに感謝です。

 

今日は楽しみにしていた小包が届く日なんだ~ ♪

妹ちゃんがまたまたソウルに行ってきたのです。

毎回、欲しいものはないか?と聞いてくれて、お土産も買ってきてくれるのです。

2NE1のCDは夫のリクエスト^^

私はこれが手放せないの!

韓国ドラマで食器洗いと言えば、必ず、ゴム手袋をしてますよね(笑)

で、前回、ソウルに行った時に買ってみたら、これがとっても使いやすいんです!

そんなに薄手でもないので高温の湯で洗っても手が熱くなりづらい、

あまりフィットしすぎないので外しやすいところがお気に入りのポイントです。

そして、そして、この立派なラッピングの正体は・・・

ルクのウィスク!

それも日本未発売のレインボー ♪

前回、ソウルで買おうか迷って買わなくて、戻ってから日本未発売だと知って

買わなかったことを超後悔したものだったのです。

だからすごく嬉しい! 今晩はウィスクを抱えて寝ちゃいそうです(笑)

 ラッピングもサプライズでした! ありがとう^^

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Chef's Counter Lunch ~ Feb. ~ ♪

2012-02-10 23:56:14 | Cooking school

 今月も行って来ました~ “ シェフズカウンターランチ ” ♪

毎月、メンバーの方とのお話も楽しみにしている一つです。

 

前菜 : カニのプリン ・ 鴨とフォアグラのテリーヌ ・ 季節の野菜と野付産ホタテのマリネ

パスタ : 静内放牧ホエー豚の自家製グァンチャーレのマリナーラ

ここのお店の前菜は本当にキュート♡

そして、その後の料理へのわくわく感や食欲をUPさせてくれます。

今回はシイタケのマリネに感動!

メイン : 十勝牛ロースのタリアータ ・ 古平産 真鱈の菜の花バター風味

やっぱり牛肉はおいしいですね!

只今、札幌市内のホテル・レストランではDO Beefフェアを開催中らしいです。

(DO Beef・・・ホルスタインなどの乳用種の雄牛を肥育した牛肉)

鱈って淡泊なんだけれど、上手に調理しないと、何となく鱈臭さが残る気がしませんか?

でも、この料理は鱈の臭さなんてまったく感じさせない。 ソースとの相性もバッチリ!

低温ローストしただけあって、身のほぐれ方もボソボソじゃなくて、ゴッソリって感じ。

さすがはプロだな~と思わせる一品でした。

今回、習ったのはマリナーラソース。

ピザやパスタ、魚料理のトマトソースの基本になるものだそうです。

材料もとってもシンプル。 ニンニク ・ アンチョビ ・ 唐辛子 ・ ローリエ ・トマトのみです。

カリッと焼いたアイナメと合わせて試食しました。

早速、週末にでもダイストマトを買ってきて、作ってみたいと思います。

今回はイタリアのおもしろいことわざも教えてもらいました。

よく、魚介類のパスタにはチーズはかけないと聞きますが・・・とシェフに質問したところ

「パルミジャーノはかけすぎるということはない」ということわざがあるぐらいだから

大丈夫!・・・とのことでした。 ゆる~い感じがまたイタリアっぽくていいですね。

 

デザート : 寄せ豆腐のチーズケーキ 大豆ソース 紅玉のコンポート ・ プラリネのアイスクリーム

大豆とクリームチーズの組み合わせがとってもいいです!

また、新しいレシピのヒントがもらえたかも ♪

豆乳臭さがクリームチーズですっかり消されて。 紅玉リンゴもとってもきれい。

大好きなプラリネがアイスになるなんて! おいしかった~^^

家に帰って、早速、感動のシイタケのマリネを作ってみました。

やっぱり、シェフの味にはならない^^;

 

さてさて、今日は北海道では豚丼の日だとか。

2ブ10ドン(テン?・トン?) 語呂合わせらしいのですが???

(豚丼は牛丼チェーンのそれとは違い、帯広の名物で粘度のある甘辛いタレで味付けます。)

我が家も便乗して作ってみました。

タレは別鍋で水と砂糖を煮詰めてカラメルにして、醤油・酒を加えました。

今年初のプールに行って、お腹もペコペコ。 おいしく食べられました。

ここのところ、寒い日が続いているので、ショウガ de あったかメニューを作っています。

海南鶏飯はたっぷりのショウガでごはんを炊きます。

スイートチリソースをかけるとさらにホットになります。

上の写真と同じような色合いですが^^;

ササミとネギの炒めもの

下味と片栗粉をつけたササミを茹でてから、たっぷりのネギとショウガと炒めます。

冷蔵庫の野菜室がさびしくなってきたときに役に立つメニューです(笑)

 

今日はサークルの日だったのですが、メンバー8人中、半数がインフルエンザや風邪で欠席。

かなりの猛威をふるっているようですね。

早く元気になってくださいね~♡

来月はみんなで塩麹を作ります ♪

塩麹の食べ比べや塩麹料理もたくさん作る予定です。 お楽しみに~^^

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Tasty ♪

2012-01-11 22:04:29 | Cooking school

今週はおいしいものいろいろ食べました~ ^^

 

毎月、楽しみにしている “ シェフズカウンターランチ ” ♪

 

前菜 : ホタテのプリン ・ タコのマリネ ・フェリーノと彩り野菜

ホタテのプリンがたまらなくおいしかったです!

ラディッシュの飾り方がとても素敵でした。

 

パスタ : 菜の花と甘エビのタリオリーニ

メイン : もち豚と黒カシスと赤ワインのラグー ・ 銀ダラのソテー松の実のソース

パスタにはレモンフレーバーのオリーブオイルが入っていて爽やかな味でした。

銀ダラのパンチの強さに驚き! お肉料理よりも存在感があっておいしかったです。

今回、習ったのはアニョロッティ ダル プリン。

ラビオリのことなんですが包み方によって名前が変わるそうです。

強力粉で作る本格的なものと家庭でできる簡単ヴァージョンの両方を教えてもらいました。

 

デザート : ヨーグルトとフランボワーズのソルベ ・ プリン ・ 紅茶のタルト ・ フルーツ

小菓子 : カボチャのチョコレート ・ ガトーショコラ ・ マシュマロ ・ ヘーゼルナッツクッキー

いつもながらプリンは絶品!

ヨーグルトとフランボワーズは濃度が異なるのでマーブルにするのが難しいらしいです。

シェフはレシピのこと、キッチンツールのこと、惜しみなくいろいろ教えてくれます。

グレステンもシェフのオススメでした。 グレステンに合うまな板もシェフに聞いてこれにしました。

シェフのイチオシはクイジプロのベーキングスパチュラ。

これも優れもので鍋にかけっぱなしにしておいても柄が熱くならないんです。

私が挑戦してみようと思っているコンテストに向けたレシピのアイデアの相談にものってくださって

応援もしてくれています。 心強くありがたいです。

  

12月の “ シェフズカウンターランチ ” をUPし忘れていました^^;

 

前菜 : シーフードのマリネ ・ 彩り野菜 ・ パルマの生ハムとベビーリーフ

パスタ : 黄ニラととかちマッシュのタリオリーニ

シーフードのマリネは早速、作ってみたんだけれど、シェフのようにおいしくできない。

パスタはマッシュルームを100個以上使ってダシをとったとかで

オイスターソースが入っているのかと思うほどの旨味でした。

黄ニラはホワイトアスパラのように遮光して栽培するそうで、とても手間がかかるそうです。

この日、教わったのは真鱈のフォンドゥータ。

フォンドゥータはチーズフォンデュのことでイタリアの家庭料理。

鱈がこんなにジューシーにできるとはビックリ。 火を止めた鍋に鱈を入れて加熱しました。

プリプリでおいしかったです。

 

メイン : アイナメのソテー ・ 藤田鶏の香草焼きバルサミコソース

デザート : フランボワーズのソルベ ・ プリン ・ ヒアルロン酸ゼリー ・ マスカルポーネチーズ

カリカリに焼いたアイナメは皮まで食べられるほど。

この日は塩の話しになったんだった。 軟らかい肉が好まれる・・・とかも話したな。

おもしろかった。 それから、料理に対する考えもお話しました。 いつも勉強になります。

 

連休最終日は北広島の 『 Le midi 』 でランチ ♪

   

前菜 : 合鴨の燻製とレンズ豆の煮込み

サラダ : スモークサーモンのサラダ

この時期の北海道は野菜が高くて高くて、レタス一玉300円、キュウリ300円、

トマト300円もするんです。 そんな中、このボリュームのサラダは太っ腹!

 

スープ : エビだしのクリームスープ

濃厚でとにかくおいしいビスクでした! パンも定評通りのおいしさです。

 

魚料理 : 魚介のムースとカレイのグリル岩のりソース

肉料理 : 若鶏のグリル

ふわふわのムースはエビやホタテ、白身魚でできているみたい。

その上のカレイがのっていて、パン粉でまぶして焼いてありました。

気軽に食べられるフレンチでコストパフォーマンスも納得のいいレストランでした。

この後、くるるの杜で野菜やお米、乳製品を購入。

MOPとCOSTCOにも寄って買い物してきました。

北広島方面はショッピングゾーンが充実していて楽しいです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お料理教室 ♪

2008-09-26 18:29:29 | Cooking school

 

今日は我が家の10年選手 『 ホシザキ 特急すゝぎ 』 の修理をしてもらいました。

 

『 特急すゝぎ 』 は、わずか6分で洗い上がる食器洗浄器なんです

 

ホシザキさんがいらしたら是非、聞いてみたかった

      《 質問 》

       ① どうして家庭用食器洗浄器から撤退してしまったのか?

       ② 今後、家庭用食器洗浄器に再参入する予定はないのか?

      《 回答 》

       ① → 他社の新製品開発のスピードについていけなくなったため。

       ② → 予定は無いそうです。

 

修理でとりあえず直り、使えるようになったけれど、もう代わりが無いので

大事に大事に使わなくてはなりません

 

 

 

そうれと今日はお料理教室の日でした

最近ちょっとサボり気味

 

お教室の記事のUPもサボっていたので溜まっています

 

 

・・・7月のお献立・・・

 

 

前菜

冷たいコーンスープ

鶏肉のトマト煮込み ビネガー風味

米粉のパン

 

  

 

  

 

米粉のパンは強力粉5に米粉1の割合で作りました。

それでももっちり感は充分

 

 

 

・・・8月のお献立・・・

 

 

 

チキンソテー

カポナータ

フォカッチャ スモークサーモンとクリームチーズ添え

ブドウのゼリー

 

 

 

 

 

ゼリーはブドウの皮を煮出して色を出しました

実はゼリーの中にたっぷり入ってます

 

 

 

 ・・・本日のお献立・・・

 

 

槍黄瓜皮(キュウリの辛味ソース漬け)

牛肉のスープ

野菜のおろし炒め

揚げ鶏の香味ソース

 

 

 

 

 

キュウリは調味液に漬ける前に強火で炒めてます

 

 

 

こうして見ると私が出席している日はいつもチキン

お魚の日にサボっているのがバレバレです

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お料理教室 de ドイツ料理 ♪

2008-07-15 23:54:42 | Cooking school

 

今回は人気のシェフ  マーカス・ボス氏(May)のレッスンです

 

 

シェフは札幌や東京でドイツ料理のお教室を主宰したり、

紀ノ国屋 』 のデリカテッセンを担当していたり、幅広い活躍をされている方です。

 

  

 

背が高くて、格好よくて、キュートな日本語をお話しになります

 

 

 

・・・本日のお献立・・・

 

 

グリーンソースでいただく新じゃがとフライドエッグ

ソーセージサラダ

グリーンピーススープ ミントオイルのアクセント

ローテグルッツェ

 

 

 

このお料理の最大のポイントは、

目玉焼きの黄身の部分を白く膜を張らせること

 

そして、グリーンソースのベースとなる5種類のハーブをとにかく細かく刻むこと

この作業を担当しました 結局、1時間近く包丁をカタコト言わせることに

まな板の上いっぱいにあったハーブが最後は大さじ1程度のペーストになるまで

 

皮付きのジャガイモが半分に切ってあるだけ・・・

だったりで、素朴な感じですが、

玉子にふる塩は黄身にかかるとブツブツとして見た目が悪くなるので

白身にだけかける!

とか、細かいポイントがあって面白いです

 

 

 

ドイツのソーセージ 「リヨナー」 をたっぷり使ったサラダです。

 

「リヨナー」はバリバリ香辛料って味ではなくて、

どちらかというと魚肉ソーセージに近いソフトな感じです

 

ゴーダチーズ ・ ピクルス ・ 玉ネギ ・ ピーマン ・ トマト すべて千切りにして、

ピクルスの漬け汁とオイルとヴィネガーで和えています

 

 

 

 グリーンピースたっぷりで豆の味が楽しめるスープです

 

ニンニクを少しだけ入れるんですが、

そのニンニクは、スライスしたものに塩を振り、1~2分おいて、脱水させ、

包丁の刃で潰しながらペースト状にしたもの。

こうすると、すりおろしニンニクに比べて苦味が断然少ないそうです

 

濾した後のスープにもう一度、バーミックスをすると滑らかさが増します

 

 

 

3種類の冷凍ベリーを使って作りました。

グリーンピースのスープも、このデザートも、冷凍のものを使うことで、

色がキレイに仕上がるそうです

 

 

簡単でシンプルなお料理ですが、

随所にシェフの繊細さが散りばめられていましたよ

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お料理教室 ♪

2008-06-13 17:16:14 | Cooking school

  

近頃、夕食後にウォーキングをはじめたplumppy一家です

 

二人でペラペラおしゃべりしながら歩いていると、

遠くから 「 plumppyさん?」 との声が

暗くて何も見えなくても 、どんなに離れていても、声でわかっちゃうそうです

 

途中、新しくできたスポーツジムの見学をしに寄ってみると

玄関入るなり、お友達のご主人がお出迎え

私の声に気づいて、更衣室から出てきてくれたの

他のお友達も続々と・・・

どんだけ耳障りな声なんでしょう

いつも私の声を聞かされているみなさん、ゴメンナサイ

 

  

 

さてさて、前置きが長くなりましたが、

今日のお料理教室は独創的です

 

 

・・・本日のお献立・・・

 

 

和風ピッツァ(そば粉入り)

グリーンアスパラの牛肉巻き焼き

オクラともずくの生姜酢

わらびもち(コーヒー風味)

 

 

 

生地にはそば粉と黒ごまが  トマトソースには梅干が入ってます

そば粉を入れると強力粉だけよりもクリスピーになり、私好み

トマトソースの梅干は・・・ そんなに梅は感じなかったかな。

チーズは細切りモッツアレラを。

塩気が少ないので、ナスやきのこの味の邪魔をせずグゥ~です

 

 

 

お魚焼きグリルで焼きました

アスパラはグリルで焼くと甘みが増して、一番おいしい食べ方?らしいです

グリルに入れるときは根元を奥に先っちょを手前に置くといいみたい。

 

 

 

わらびもちの “ わらび ” って、山菜のわらびなんですって!

わらびの根っこのでんぷんを粉にしたのが、わらび粉。

知らなかった~

見た目、フツーのコーヒーゼリーのようですが、この食感たるや、

タダモノじゃありません

ものすごく、グニャ~としていてネットリもしています。

しつこいスライムみたいな

子供とお年を召した方にはちょっとキケンです

 

 

 

お教室では、協賛企業からプレゼントをいただくことがあります

和風だしや中華だし、チキンコンソメ等。

今日はこちらのキャンドルも

 

 

キャンドルナイト ” ご存知ですか?

 

6月21日(土)の夏至の日の夜8時~10時までの2時間を

キャンドルの明かりだけで過ごし、スローな時間を楽しみましょうというもの

ちょっと不便かもしれないけれど、キャンドルの明かりってステキなので、

今年は我が家でも試してみようかな?

 

 

キャンドルの扱いや始末には気をつけて

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

お料理教室 de フレンチ ♪

2008-06-10 11:52:00 | Cooking school

 

いつものお料理教室が主催する “ シェフシリーズ ” に出席してみました

  

有名店のシェフが直々にお店の味を教えて下さるというもの

 

 

今回は札幌の人気店 『 ラ・サンテ 』 のオーナーシェフ 高橋 毅さんが

講師をしてくださるということで、ワクワクしながら行ってきましたよ

 

 

 

高橋シェフは今月号の 『 dancyu 』 にも登場しています

 

 

 

・・・本日のお献立・・・

 

 

ホワイトアスパラと北寄貝とフルーツトマトのサラダ

じゃがいもとハーブのスープ

ローストポーク ラタトゥイユ添え

マンゴープリン 黒タピオカ添え

 

 

 

 

安平町のアスパラ農家のホワイトアスパラを

シェフ自ら持ち込んできてくださいました。

 

アスパラ料理は高橋シェフの真骨頂  間近で見られるとは

 

アスパラの茹で方はとても勉強になしました

     ① アスパラはピーラーで皮を剥いて、その皮を沸騰した塩水の中へ。

     ② ①に束ねたアスパラを根元の方から入れて、しばらく立てて持っておく。

     ③ ②から手を離して穂先も湯がく。

     ④ バットに茹で汁とアスパラを入れて、氷水を当てながら冷ます。

     ⑤ 根元の切り口を少し落としてから食べる。

 

時間がある時は是非この方法を試してみてください。

風味豊かにできあがります

 

それと、真ん中にあるフルーツトマトのコンフィ

ありあえないぐらいおいしかった

湯剥きしたフルーツトマトを縦半分に切って、

塩・コショウ・オリーブオイルをかけてオーブンへ。

これだけなのに  エクセレント

 

 

 

口当たりがとてもよい、冷たいスープでした

ビシソワーズよりもまろやかで、たっぷり入れるハーブソースが

アクセントとなりおいしかったです

 

 

 

ラタトゥイユ、夏野菜のおいしい季節にはよく作ってましたが・・・

プロの技はすばらしい

 

パプリカは表面をあぶって、皮を剥き、ナスとズッキーニは

別のフライパンでソテーしておく

これだけで、仕上がりが格段に良くなります

アンチョビもちょこっと入れるといいです

 

ローストポークは、頼んでおいたロースの塊が届いたら、

ぜぇ~ったいに作るのだ

脂肪肝の主人が喜びそうなお料理です

 

 

 

冷凍のマンゴーピューレというものがあるそうです

10%加糖のものだったのでちょっと甘かった

 

フレッシュなマンゴーをミキサーにかけてピューレにして

作るといいみたい

 

 

有名で人気のある高橋シェフ

気さくで、優しくて、細かな気配りがステキな方でした

とぉ~っても勉強になった一日でした

楽しかった

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

お料理教室 + α ♪♪

2008-05-09 22:24:02 | Cooking school

 

今日は北海道ならではのメニューでした

 

 

・・・本日のお献立・・・

 

 

スープカレー

ナン

豆のサラダ

 ヨーグルトハーブゼリー

 

 

 「スープカレー」   ご存知ですか

最近の北海道三大グルメの一つらしいです

三大グルメ ・・・ ラーメン ・ ジンギスカン ・ スープカレー

 

やはり、スープが決め手で、お教室では事前に先生が、大きな鍋に

鶏ガラ ・ 鶏骨付き肉 それぞれ3羽分を使って、

スープをとってくれてありました。

普通のカレーのように、タマネギを飴色になるまで、炒めますが、

最後に全て漉してしまうので、本当にサラサラでスパーシーなスープだけを

いただきます。  具の野菜も別茹でです。

辛い ・・・ けれどおいしいぃ~

 

 

スープカレーにはごはん(お米)が定番ですが、

今日は「ナン」を作りました

ホームベーカリーでこねてもらえば、あとはオーブンで

4~5分焼くだけ   簡単でした

 

 

「豆のサラダ」 以前もお教室でビーンズサラダを習いました

それから豆を食べるように

バルサミコやビネガーと豆の相性って、かなりいいです

 

 

カレーのお口直しにピッタリな「ヨーグルトハーブゼリー」

牛乳にフレッシュハーブを浸して、香りを移して。

お友達のお庭にある、パイナップルミントを今度もらってきて、

作ってみたいと思います

 

 

 

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*

 

 

 

昨日は、お友達と近所の森に  蕗を採りに行きました

 

 

初めてです

長靴履いて、軍手を借りて、森の中へ

採ってもいい蕗を教えてもらい、ハサミでチョキ

蕗の中に虫がいないかを確認して、お持ち帰りです

 

 

 

可憐な勿忘草も自生していました

 

 

 

 

板ずりをしたら、たっぷりの熱湯でサッと下茹でして、アクを抜きます。

 

 

 

だし、お醤油、お酒、みりんで当座煮にしました。

最後に鰹節を振りかけて。

シャキシャキとした歯ざわりが楽しめます

香りがとてもよく、またまた春を味うことができました

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

お料理教室 + α ♪♪

2008-04-25 17:50:55 | Cooking school

 

前回、お休みしてしまったので久しぶり  

 

今日はヘルシーな和食でした

 

 

・・・本日のお献立・・・

 

 

あじのさんが焼き

昆布と大豆の煮物

山菜の白和え

白魚のお吸い物

 

「あじのさんが焼き」 はあじを三枚におろすところから

いつもは、お魚には近寄らないようにしているんですが、

今日は、人生初の三枚おろし!やり遂げました

未だに手が臭い気がしてます

 

 

「昆布と大豆の煮物」 これはとても簡単です

今度、さざなみ昆布でも作ってみようっと

 

 

「山菜の白和え」 木綿豆腐とたっぷりの胡麻を使った

白和え大好きです

白板こんにゃくを入れると、色目の邪魔にならずいいみたい

山菜はフキとワラビを使いました

 

 

「白魚のお吸い物」 白魚は今が旬

さっと下茹でして、5匹をまとめて茹でた三つ葉で縛り

お椀の具にしました

 

 

この4品のトータルカロリーは ・・・

・・・なんと! たったの284Kcal

そういえば、油も一滴も使いませんでした

さすが和食ですね  

 

 

 

べこもち

 

作るのも初めてならば、食べるのも初めてです

上新粉と黒砂糖と上白糖を蒸して作ります。

“ べこ ” とは牛のことで、牛のように白黒なので

「べこもち」と言うそうです

 

 

 

今日のお教室はお誕生日に頂いた、新しいエプロンで行ってきました

 

 

 気持ちもウキウキ   ありがとう

 

 

 

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*

 

 

 

こちらも頂いた珍しい野菜

その歯ざわりに驚かされる野菜でした。

 

『 アイスプラント 』

 

 

 

 最近、観葉植物でも人気の “ 多肉植物 ”。

地中のミネラルを吸い上げ、そのミネラルを多く含むブラッター細胞が

キラキラと水滴のように見えています。

 

目を閉じて食べると、数の子のようなプチプチシャキシャキとした

食感が楽しめます

 

 

先日は、生のままいただいたので、

昨日はお吸い物にしてみました。

火を通しても、そのしっかりとした、歯ざわりは損なわれませんでした

 

 

 『 グラパラリーフ 』

 

 

アロエ?サボテン?のような姿をした、こちらも歯ざわりの良い

 “ 多肉植物 ” です。 ビタミン ・ ミネラル ・ マグネシウムが

たっぷりで、人気の野菜ですよね

 

この野菜の酸味を生かしたレシピを考えてみました  

 

 

「グラパラリーフのタルタル」

 

シーチキンをベースに、斜めにスライスしたグラパラリーフと

パプリカ ・ とんぶりでタルタル風にしてみました。

さっぱりと爽やかで、いいお味にできましたよ

 

 

ご馳走さまでした

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加