くりりん ♪

2016-09-26 19:50:49 | New-Vege

我が家に “ くりりん ” がやってきました~♪ 

何年も前からとっても気になっていた

森町 『 みよい農園 』 さんの有機栽培の高糖度カボチャ!

一個3㎏超の完熟カボチャです。

 まさにプレミアムの名にふさわしい存在感!

とても人気のカボチャで入手困難だとか。

Rさんのご尽力により念願叶って味わうことができました^^

ありがとうございます!

 

 こんなすごいカボチャ、どうやって食べたらいいのやら???

まずはいつもお世話になっているUちゃんに見せて

それから半分こ^^

完熟だから切るのも簡単! カボチャなのにサクサク切れました!

その場でワイワイ言いながら、ご近所さんも呼んで来て

生で食べてみることに!

甘くておいしい~!!!

パパイヤみたいでした^^

 

バター焼き

Rさんに教えてもらった通り、焼いただけ。

これがもぉ~!

火の通りもとっても早いし、ホクホクだし、甘いし、おいしいし^^

 

フライ

夫のリクエストでフライにしてみました。

大きく切ってもすぐに揚がります。

スパイシーなソースとの相性も良かったです^^

 

きんとん

蒸してバターを混ぜたものを茶巾にしただけ。

素材だけでとっても甘いお菓子になりました。

 

あとは、オリーブオイルでソテーしたり、焼肉と一緒に焼いたり。

とにかくシンプルに味わいました^^

素材の力を実感した、素晴らしい食材でした!

 

毎年、夫が楽しみにしている秋の味覚が「落花生」。

落花生の畑の収穫初日に行ってきました~♪

年々、人気が出てきて、今年は行列ができていました!

「郷の香」という品種なので少し小ぶりです。

10株収穫してきました。

3.5%の塩水で蓋をして40分茹で

そのまま冷ますと、ふっくら、しっとりに仕上がります^^

 

今日は秋の味覚の代表「そば」。

やま賀

桜えびせいろ

のど越しの良い更科蕎麦。

こしもしっかりでとってもおいしかったです!

天ぷらもさっくさっくで軽かった~。

Nさんにご馳走になってしまいました。

ありがとうございました^^

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

New-Vege A La Carte ♪

2009-12-18 23:30:53 | New-Vege

 冬が旬のちょっぴり珍しい野菜を紹介します ~♬♫ ~♫♬

 

ユリ科ネギ属リーキ

西洋ネギ。 フランス語でポアロ。

日本のネギとの見た目の違いは、葉がペッタンコなところ。

リーキの方がぬめりが少なく、ソフトな味わい。

しっかりとしている割に繊維が柔らかい気がします。

 

左はくたっと煮。

オリーブオイルで表面を焼いてから水を加えて弱火で10分煮ます。

盛りつけてからパルミジャーノレッジャーノと黒粒コショウを挽きました。

右はリーキのスープ。

ベーコンを炒めたところに根菜や香味野菜、リーキを加えて、ブイヨンで煮ました。

塩・コショウで調味したら完成です。

 

サトイモ科サトイモ属エビイモ

 

京野菜のひとつで、エビの背中のように曲がった形とその縞模様が名前の由来。

写真の芋は孫芋なのでコロっとした形でした。

下茹でしたエビイモに片栗粉をまぶして揚げ、ユリネとギンナンの餡をかけました。

エビイモはねっとりとしていて、土臭さが少なくとても上品な味がします。

ギンナンは友人が木から落として、果肉を取り、処理をしてくれた

とっても手間がかかったありがたいギンナン ♡

冷凍庫で大切に保管していて、ここぞ!という時に使わせてもらっています。

それにしても、この時期に桜型のニンジンは違和感有りでしたね ^^; 

 

ユリ科ユリ属ユリネ

 

ユリネを使ってもう一品。 海老と青菜の塩炒め。

ユリネは一枚づつ鱗片を剥がして、塩茹でしておきます。

下味をつけた海老を炒め、生姜・青梗菜・ユリネを加えて、

合わせ調味料を回しかけます。

合わせ調味料(塩味)recipe

【 酒 大さじ 1/2  塩 小さじ 1/4  粗挽きコショウ 少々

片栗粉 小さじ 1/2  鶏ガラスープ 50ml 】

 

ヒルガオ科サツマイモ属安納芋(あんのういも)

 

 鹿児島県種子島の甘藷です。

湿らせたキッチンペーパーで芋を包み、その上からアルミホイルを巻いて

グリルで焼いて、焼き芋にしました。

ホクホクの芋を割ると、中はオレンジ色でとっても甘かったです (=^-^=)

 

エビイモ・安納芋は 『 バラエティフーズ すぎはら 』 で購入しました。

 

それから、Yさんに「五島うどん」をいただいたので

一層おいしく食べるために 『 チョーコー 』 の「焼きあごだし」も買いました。

すぎはらさんには全国のおいしいものが取り揃えてあって、Yさんも驚いていました。

この日は杉原さんもお店にいらしてお話ができて良かった^^

うどんは生姜・ネギ・柚子胡椒を薬味に “ 地獄だき ” でいただきました。

ツッルツッルでとってものど越しが良くておいしかったです。

ご馳走様でした (@^(∞)^@)

 

これもすぎはらさんで買ってきた、真だち。

真鱈の白子です。

熱湯に30秒くぐらせてから、氷水でしめて、ポン酢でいただきます。

臭みもなくて、プリッとしていて、超クリーミ~ (☆ω☆)

 

冬の味覚を満喫していま~す

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

新しい野菜♪ oleracea?!

2009-03-20 00:07:02 | New-Vege

 

あまり触れずにいましたが (-ω-)

北海道フードマイスター上級 』 の試験は・・・

撃沈でした (>_<)

結果は5月ですが非常に難しかったです。

 

 

 

アブラナ科アブラナ属オレラケア種・・・

これ・・・ カリフラワーとブロッコリーの名前です。

  

 

カリフラワーの “ ロマネスコ ” という品種

 

 

 

その見た目からサンゴ礁と呼ばれたりもします。

私には、この色・ゴツゴツ感がイグアナに見えてしまうんですけど @@;

 

  

 

普通のブロッコリーと食べ比べ♪

ロマネスコの方が歯触りが良くて味も濃い!それに甘味も強いです。

ボイルで食べるのであれば、ロマネスコの方が花蕾がしっかり締まっていて

水切れも良く、べちゃべちゃした食感にならないので好きです♡

 

右は茎を使ってボタージュを作りました。

甘味が生かされてとてもおいしいです☆☆☆

 

 

同じくカリフラワーの “ パープルフラワー ”

 

 

 

熱を加えると紫が少し抜けて、グリーンが強くなります。

栄養価は白いカリフラワーよりも高く、

抗酸化機能のアントシアニンが含まれています。

 

 

えのきたけの褐色品種 “ えぞ雪の下 ”

 

 

きのことは思えないシャキシャキの歯応え!

味はなめこに近いかな。 お味噌汁でいただきました。

 

 

目新しい野菜はサッポロファクトリーの中の 『 フレッシュファクトリー 』 で

買うことが多いです。

フレッシュファクトリーの場所について聞かれることがよくあります。

確かにわかりにくいかも。

アトリウムとレンガ館の間の煙突広場にあります。

 

 

 これまたファクトリーの敷地?

と勘違いしてしまいそうな場所にある『 大竹製麺所 』

 

 

 

無添加の生蕎麦・うどん・中華麺を一玉(105円)から買うことができます。

蕎麦粉は道内産で幌加内蕎麦と韃靼蕎麦。ニ八と十割・五割があります。

うどんも道内産小麦(はるゆたか)です。 コシがあってとてもおいしいですよ。

東急ストアと映画館の間のビルの1Fです。

Googleの地図で見るとファクトリーの建物が凹んでいるところがあります。

そこです 

 

  

 

生活クラブ

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新しい野菜 & 初物

2009-02-03 08:34:22 | New-Vege

 

久しぶりに粉糖のようなフワフワの軽い雪が降ってます♬♫ ~♫♬

 

ず~っと粗塩みたいな湿気のある雪ばかり降ってたんですよ@@;

 

やっと “ 雪まつり ” っぽくなってきました!

 

 

 

久しぶりに覗いた 『 フレッシュファクトリー 』 は、

やっぱり魅力的な野菜たちでいっぱ~い!!!

 

今回もオススメを伺ってきました♪

 

 

 

ネーミングが美しい “ 夢味(ときめき) ”

熊本のJAれいほくの越冬袋掛けみかんです。

 

あまりの甘さに持っていたみかんを落とすほど!!!

味も濃くってメチャメチャおいしいです(≧▽≦)

 

 

 

 

アントシアニンが普通の長ネギの10倍! “ ひたち紅っこ ”

甘味が強く柔らかいのが特徴。

レモン汁とバージンオイルでマリネにしました。

 

  

 

巷で話題の? “ 種子島むらさき ”

 

なんでもニセモノが出回るほどの人気のサツマイモらしいです。

これまたとっても甘くてホクホクしたお芋♡

 

 

 

タッカルビにも入れてみました♪

 

 

 

去年もこの時期に初物を食べているようです(笑)

 

   

 

グリンピースごはん

 

いつもはごはんは一膳しか食べない夫ですが、

この日はおかわりしました(○゜ε゜○)!

 

 

 

ソラマメ

 

若いお友達が「ソラマメってどんな形をしてるんですか?」と。

「ふわふわの莢の中に入っているんだよ」と話したのを思い出しました。

 

茎からニョッキっと生えているところの写真も撮ってみたいなぁ~

 

 

 

生活クラブ

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい野菜♪ ヤーコン?!

2009-01-21 00:13:37 | New-Vege

 

“ ヤーコン ” ご存じですか?

 

お店では何度か食べたことがあったけれど、

調理をしたのは今回が初めてです。

 

 

フラクトオリゴ糖・ポリフェノール・食物繊維が多く、

低カロリー食品で健康に適した野菜として注目を集めています。

 

まだ新しい野菜で栽培状況がはっきりとしていないみたいですが、

北海道が生産量トップのようですよ♪

 

キク科に属し、トマトやジャガイモ同様、アンデス地方が原産地です。

形はサツマイモのようですが、包丁を入れるとサックっとした切り口から

水分が溢れ、それと同時に春菊のような爽やかな香りも放ちます。

 切ったらすぐに水にさらして、サラダで食べることもできます。

よく “ 梨のような食感 ” と例えられます。 私の印象では “ くわい ” かな。

 

 

 

まずは半分を使って、レンコンと一緒にきんぴらにしてみました。

歯触りを楽しむ根菜のコラボ♪

少し粘り気のあるレンコンとシャッキシャッキのヤーコン。

調味料の滲み込みもいいですよ♡

 

 

 

残りの半分はコロコロさいの目に切ってミネストローネに。

 

ジャガイモ・ニンジン・タマネギ・セロリ・キャベツ・トマトにお豆、

冷蔵庫のお掃除です(笑) 風味付けにベーコンとニンニクも少々。

オリーブオイルでソテーして、塩・コショウ。

お湯を注いでコトコトと~(✿◡‿◡ฺ)

 

野菜はただ同じ大きさに切るだけですが、

トマトだけは湯剝きしてから。

こうすると、できあがった時に

クルっと丸まり色を濃くして主張している皮を見なくて済むのです。

 

 

 

器に盛ってから、パルメジャーノ・レッジャーノとパセリを振り、

エキストラバージンオイルを回しかけます。

野菜の甘みを味わえる、赤くないミネストローネの完成です。

 ヤーコンもいい味出してました(○゜ε゜○)

 

 

ところで・・・

パセリってちょこっとあると便利ですよね!

 

 

 

私は一束買ってきたら、洗ってよく乾かしてから、

キッチンバサミで縮れた葉の部分だけをチョキチョキ。

bamixでみじんにして、ジップロックに入れて冷凍庫へ。

使う時は素早く出して素早くしまうと鮮やかな緑色が保たれます。

 

軸の部分もまとめて冷凍しておくと

ビーフシチューなどをする時のブーケガルニになりますよ

 

  

 

生活クラブ

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

New-Vege A La Carte ♪

2008-09-23 12:06:18 | New-Vege

 

お友達の計らいで 『 だい好きパンの会 』 に飛び入り参加させてもらいました

 

今回のテーマは  ~ サンドイッチのフィリング ~

各自、お気に入りのジャムやチーズ、お手製の品々を持ち寄り、

試食をしながら、お話しを伺ったり・・・

メンバーは “ 食 ” に関するエキスパートばかりで、とても刺激を受けました

 

 

 

おいしいものを見たり、食べたり、聞いたりすると、突然、ヤル気が湧いてきちゃう

 

帰り道、ファームをハシゴして目に付いた食材を買い集めてました

  

 

 

『 ビーツ 』 です

生のものにはなかなかお目にかかれません。 思わずGET

 

 

定番のボルシチに。 ボルシチはロシアのお味噌汁みたいなもので、

3日間ぐらいは煮込んで食べ続けるそうです。

この写真は作った日ですが、翌日にはすべてがビーツ色に染まってました

 

 

 

 

この野菜なんだかわかりますか

ファームの方が名前を教えてくれたけれど、信じられなかったです

  

 

 

よく目にするのはこんな感じ? 根の部分を中華風の味付けで食べています。

 葉はオイスターソースで炒めてみました。

コレ、『 山くらげ 』 なんですって

 

 

 

『 パクチョイ 』 青梗菜の色白ヴァージョンです。

 

 

 

サラダに・・・ということなので、熱々のガーリックオイルを作って、

ジュッーとかけていただきました。

 もう一品は塩味炒め。 青梗菜よりも白菜に近い味。 食感は確かに青梗菜。

 

 

 

 

『 つるむらさき 』 です。 

 

 

 

シイタケ・ホタテと一緒に炒め物にしました。 かなり水分の多い野菜です。

その上、クセまである ヤンニンジャンで和えて、キムチ風にしてみました

 

 

 

 

とっても瑞々しい 『 フルーツカボチャ 』

 

 

 

生のまま、柿なますのように、ワインビネガーとオリーブオイルで

マリネにしてみました。 歯触りがいいです

右は、大豆や黒豆などの4種のお豆と一緒に和えてサラダに。

甘味はあるけれど、ホクホク感は無く、サラッとしたカボチャです。

 

 

 

私の “ キッチン篭り ”   実は試験勉強逃避だったり?

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新しい野菜♪ エンダイブ ?!

2008-04-17 23:39:47 | New-Vege

 

今日はステキなブーケをいただきました

 

 

少し早めの Birthday present

 

ありがとうございました

 

 

 

 *☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*

 

 

 

『 エンダイブ 』

最近、よく見かけるようになりましたね

 

この日は大丸で1パック100円で売ってましたよ

 

 

アフロヘアーのように、ボウボウとしています。

直径30cmぐらいありました

 

 

さてさて、安さのあまり思わず買ってしまいましたが・・・

どうしたものか

 

 

味覚がお子ちゃまチックなplumppy

“ ニガイもの ” 苦手なんです

よくサラダに入っている紫色の葉っぱ『 トレビス 』ねっ

必ず、主人のお皿にワープさせてます

 

 

 

柔らかくて、苦味の少ない内葉は・・・

 

 

 『 グリーンサラダ 』に

ドレッシングは文旦をベースに作ってみました

皮も細かく切って、爽やかさをプラス

フリフリの葉はオイルの絡まりがいいです。

 

 

 

見るからに苦そうな外葉は・・・

 

 

『 ポタージュ 』にしてみました

 

たっぷりの葉をバターソテーして、

ブレンダーでピューレ状に。

牛乳とスープでのばして、塩胡椒を

(豆乳でもいいかも

 

ちょっぴり、ほろ苦さの残る大人のポタージュができました

 

 

 

 ニガイつながりで 『 Hoppy

 

 

 お酒が苦手なplumppy

これは美味しかった    おつまみがすすんじゃう

お酒飲みさんにはアルコールが入っていないビールもどき・・・

 「はぁぁぁっ~」って言われちゃいそうですけどね

 

 炭酸大好き

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新しい野菜♪ 大王茸 ?!

2008-03-15 22:43:54 | New-Vege

 

野菜ソムリエ学校の先生のお店に行ってきましたよ

 

 

タイミングが良かったみたで、いつもは外でのお仕事が多いと

おっしゃる先生にもお会いすることができました。

 店内撮影の許可ももらってパシャリ

 

まるで雑貨屋さんみたいで、

かわいい野菜たちが、かごに分けられ並んでました

 

 

オススメを伺って、

今回は “ 大王茸 ” を試してみることにしました

 

「エリンギ」と「バイリング」という中国きのことの交配種だそうです。

 

 

ちょうど、エリンギが冷蔵庫にあったので、並べてみました

形の違いは一目瞭然ですね。

スレンダーなエリンギと比べると、

大王茸はplumppy一家と同じ体格でずんぐりむっくり

丈よりも幅の方が大きいです。

 

一番、特徴的なのは香り

エリンギよりも笠が大きく開いているせいか?

芳しいきのこの香りがしていました  

 

 

クセが無く、和 ・ 洋 ・ 中 ・ 仏 ・ 伊・・・どんなお料理にも合うとのこと

 

 

まずは、いつもエリンギでしている、網焼きに。

かぼすを絞っていただきます。

エリンギよりも繊維質が多いのに、その繊維は繊細で、

歯ごたえがとてもいいです

 

もう一品はバターソテー。

さすが「陸のあわび」と言われるだけあって、かなり美味しいです

ジューシーさが残っていて、食べた時に鼻から抜ける香りは

お香のような? 柑橘類のような? さわやかさ

 

 

 

“ 大王茸 ” 見かけたら、お試しあれ

天ぷらやお鍋 etc・・・

フレンチやイタリアンのシェフからも注目されている食材みたいです

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新しい野菜♪ 葉にんにく ?!

2008-02-29 00:10:09 | New-Vege

 

ず~っと前から気になっていた野菜! “ 葉にんにく ”

 

  にんにくができる前の若い茎葉  

 

 

 

中国では「葉にんにくが無ければ麻婆豆腐は作れない

と言うほどポピュラーな野菜のようです

 

日本でもあちこちで栽培されているようで、こちらは千葉産でした

 

 

 

 

 

「四川風麻婆豆腐」

 

いつもはこんなに赤い麻婆豆腐は作らないんですが、

せっかく、葉にんにくを使うのであれば、本場のレシピで・・・

豆板醤 ・ 甜麺醤 ・ 豆豉 ・ 花椒粉 etc ・・・

生姜やにんにく、ネギは一切入りませんが、

物足りなさは感じませんでした。葉にんにくが入るだけで、

全部の役割を果たしてくれているようでした

 

 後を引く辛さで病みつきです

 

 

 

 

  

いつもの野菜炒めの葉にんにくバージョン

 

茎の根元近くは、火が通りやすいように斜め切に。

葉の部分はニラ感覚でザクザクと。

 

豚肉は最初に片栗粉をはたいて炒めておきます。

炒めたら、中華鍋から取り出して、鍋を洗います。

(お料理って、こういう “ちょっとしたこと” がミソだったりしますよね

キレイになった鍋に、葉にんにくの根元 → もやし → 豚肉 → 葉 の順で。

 

葉はすぐにクッタリしていまうので、火を止める直前に

 

この葉にんにく、食感がとてもいいです

ネギよりも繊維がしっかりしていて、キュッキュッという歯ざわり。

 

この野菜、“ モツ鍋 ” とすっごく相性がいいのでは?思いました  

 

 

 

こんなにおいしい葉にんにく

 いつでも、どこでも買えるメジャーな野菜になってくれるといいですね

 

 

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

新しい野菜♪ マイクロ&セニョール ?!

2008-02-16 16:18:30 | New-Vege

 

デパートで一目惚れしちゃいましたよ

 

 

“ マイクロトマト ” 無茶苦茶カワイイと思いませんか?

世界最小のトマトで8㎜しかないんです

枝に付いたまんまで葡萄みたい   そこがまた

 

 

そして、右のニョキニョキくんは、“ スティックセニョール ”

ブロッコリーと中国野菜芥藍(カイラン)のMIXだそうですよ

 

 

 

 

この日は、エビとホタテのフライの付合せにしてみました

 

マイクロトマトはこんなに小さくても味はしっかりトマトしてました

ミニトマトよりも普通のトマトの味に近く、皮も硬くありません。

枝も付いているせいか?さわやかな青臭さも

 

スティックセニョールは、花蕾を食べるブロッコリーとは違い、

茎を食べるため、アスパラのようなシャキシャキとした食感が楽しめました

ブロッコリーやアスパラよりも火の通りがいいみたいでしたよ

 

 

 

 

 

「マイクロトマトのカプレーゼ」

ヴァージンオイルと塩・胡椒で

“ 野菜の宝石 ” と言われている、マイクロトマトにオイルがかかり、

さらに輝きを増した感じ

トマトのサイズに合わせて、モッツァレラもカットしてみました。(豆腐じゃないよ

 

 

 

 

 

 こちらは「スティックセニョールと平茸のバターソテー」  

下茹でせずに炒めても問題なしです

きのこ類はよく炒めると、ますますおいしくなりますよね

 

 

 

マイクロトマトとスティックセニョール

みなさんも機会があったら試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

いつも “ 新しい野菜 ” というタイトルになってますが、

あくまで、plumppyがはじめてお料理する野菜という意味です

「ず~っと前からあったよ!」

と思われる方もいらっしゃると思いますが、悪しからず

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加