かくれて咲く花

~凛として~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

superbowl 2015 (halftime show)

2015-02-02 20:03:25 | Weblog

昨年に続き、ことしもSeattle SeahawksがSuper Bowl出場!(^^)!

・・・といってもアメフトは究極のguy thingであり、いつまでたってもさっぱり分からないtypical womanたる私は、ことしもやっぱり女&子ども向けの?halftime show専門なのでありますが

ことしのhalftime show performerはKaty Perryということで、とても楽しみにしていて張り切って観たのですが、期待を裏切らない楽しいshowtimeでした缶コーヒー(Fire)みたいな衣装でライオンに乗って登場、最初からRoarで派手に吠えまくり(この歌大好き!!)、続いてDark Horseと、なんか動物で攻めてきたなと思っていたところ、Leni Clavitzと一緒に歌ったI Kissed a Girlは素晴らしかった!!前座がカントリーだったので、アメリカの演歌みたいなところがあるカントリーミュージックが私はあまり好きじゃなくて(日本の演歌も湿っぽいしネチッこいし性に合わないのですが)、この地味さがKatyの派手な演出を一層盛り上げ・・・というよりマッタク忘れてしまってましたが、なんか往年の名歌手と最近のスターが一緒に歌っているという変な感覚より、それぞれの持ち味をいかしながら歌うことで素晴らしいケミストリーが生まれ、そして違うジャンルの歌手が歌うといい曲はまたいい味が出るということを証明していた感じでした。

ライオンにお馬さんと続いたらこんどはpopなCalifornia Girlsでちょっとブサイクなシャークたちと登場して、これは踊りまくりPVも超楽しい、彼女のポップなセンスが遺憾なく発揮されて、観ていてとっても楽しかったし一緒に踊っていましたカワイイものに慣れている日本人からすると、もうちょっと着ぐるみたちが可愛くてもいいような気がしたのですが、アメリカ人からすると十分キュートなのでしょう?!そのあと出てきたMissy Eliotは、なんか黒づくめの衣装にStar Warsのダークサイドの皆さまが登場してきたのかと思いましたが、rap musicがこれまたダメな私はまあKatyの着替えのつなぎなんだろうくらいに思って観てましたが、Katyが着ていたユニフォームふうの背番号「49」は、さすが49ersのファンだからなのかな?と思ったり。まあCalifornia Girlだし、そうであってもおかしくないけど。

最後のFireworkはKatyがshooting starになって夜空を駆けながら歌うという素敵な演出で(→「怖くないんかKaty!!」と突っ込みたい気持ちを抑えきれなかった高所恐怖症な人)、showのフィナーレにふさわしい沢山の花火をガンガン打ち上げ、素晴らしかったです。胸から火を噴くPVにはかなわなかったような気がしますが、何度聴いても、元気が出る名曲!!ほんとはHot n Cold(このwith Elmo versionはplay aroundの意味が子ども向けになっててnice!!)やWideawakeなんかも歌ってほしかったのですが、いい選曲だったと思います。最高でした!!

ゲームのほうは、ゴソゴソしながら観ていたので全部はフォローしてないのですが、シアトルを応援しながらも、私でも名前はなんとなく聞いたことがあるトム・ブレイディに釘づけになってしまい、アメフトが全然分からない私でも分かるくらい、ビシビシといないところに投げるパスが美しく、そしてやや髪は薄くなっているものの男前な顔立ち!!シアトル応援してたのですが、最後の2分のドラマにはなんかいろんなため息が混ざって、シーホークスも頑張ったけど、ペイトリオッツもすごかったと、結果を離れたところでとても感動していました

アメフト選手の体格というのは、これまた人間離れしてますよね。留学先の大学がアメフトがなかなか強くて、たまたま空港で私の前にいた人がアメフト選手で、そのときは「なんかえらいでっかい人だなあ」くらいの認識だったのですが、あとで聞いたらうちの学校のスター選手だったらしく、「なんでサインもらってこなかったんだ!!」と友人たちに責められたりしたものですが、なんかもう同じ人間とは思えない感じの大きさでした。試合後に流れたShots of the yearを見ていると、試合中は聞こえない身体と身体がぶつかり合う音の激しさにびっくりしたり、しかしその肉体美には惚れ惚れしてしまいます。 男の人が女の人の胸や脚を絶対見てしまうように、女の人もあの選手はcuteだとか、もっとパーツ具体的に言えば彼はcute buttだとかなんだとか言いながら、そういうところを見ていたんでしょうね(そもそも試合はよく分からないので)。 勝ったほうも負けたほうも素晴らしかったし、強くていい男がこんなに集っているスポーツは、ルールはよく分からなくても見ごたえがありました。やっぱりアメフトはとことん男の世界で、お相撲のように、Katy Perryとかチアの皆さん以外は女は入っちゃいけないし、入っていけない気がします。個人的には野球選手の体型がいちばん好きなのですが、アメフトはさらに引き締まっていていいですねしかしトム・ブレイディはほんとにかっこよかった。私はああいう目の人に弱いのです。

男の人ならあのプレーがすごいだとかもっといろいろあるのだと思いますが、女の人の感想は、こんなもんだと思います。men and women番外編でした

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« men and women (part IV) | TOP | Spring has arrived. »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | Weblog

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。