技術革新そして雑談あれこれ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

太陽光発電はLi電池で復活大発展する!

2017年05月16日 23時20分28秒 | 日記
太陽光パネル、昼しか発電しないし、蓄電池がないから夜は使えないし、それで昼間の発電を電力会社に売るしかなく、電力会社による買電も、飽和状態になり、規制がかかりつつある。それで、太陽光パネル、価格がガンガン下がっている。

一方、此処にきて、Li二次電池が、CO2ゼロエミッションで、EV車が加速していて、価格が大幅に安くなる気配が出てきている。

それで、現状ではどうかと調べたら、太陽光パネルとLi電池の組み合わせで、十分使い物になるレベルに達している。

例えば、日本の家庭は、電力会社と消費電力容量で契約している。電気をたくさん使う家庭は50A,少ない家庭で30Aで契約し、50A契約の家庭では、月平均1万円の電気代を支払っている。

太陽パネルで賄うとすると、5Kwのパネルと5KWHの電池があればよい。むろん、余裕なしの電力システムであるが、話を単純にするためにこのまま検討する。

5Kwの太陽光パネル、パワコン、工事代を含めて30万後半で作れる。また、5KWhのLi電池、テスラの再生エネルギー用だと工事含めて万30万円(https://www.tesla.com/jp/powerwall)で、70万で済む。毎月月電気代に1万払っているとすれば、6年で元を取れる。

むろん、雨天などの事を考えるべきであろうから、パネルも電池も2,3割パワーアップするべきであろうが、1,2年するとLi電池も急激に下がるだろうから, いよいよ太陽光発電の復活である。

しかもLi電池、500KwHの試作機が出来ているといううわさがあるから、数十メガワットの太陽光発電所も、500KwHのLi電池を
数十個つなげれば、昼夜問わず、電力を供給できる。

化石燃料の発電や原子力発電は不要になる。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小惑星が地球に衝突する?! | トップ | トランプ大統領、ロシアに機... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。