技術革新そして雑談あれこれ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

パリ協定からトランプ大統領が抜けた後は?

2017年06月18日 17時24分54秒 | 日記
トランプ大統領がパリ協定を抜けた理由は、地球温暖化は起きていなく、CO2発生を抑えるようなことをしたから、アメリカの製造業が衰退し多くの失業者を生んだとする。どうしてこういう判断になったかは分からないが、南北極地の氷河が壊れる様や、海面の温度上昇で、熱帯亜熱帯の魚が北上しているのをみると、地球温暖化は否定しようがない。むしろ、はっそうのへんかんをして、ガソリン車をなくすと言う中国の政策のように、EV社製造に切り替えれば、デトロイトの工場廃墟は防止できた。しかも、驚くべきことは、中国のEVバスやEV車が、わずかだけれどもアメリカへの輸出が始まっている。

中国が地球温暖かで、EV車政策を打ち出すなど、対策を討っており、パリ協定をアメリカに変わってリードする気になっているかも。

しかし中国の環境問題は厳しく、PM2.5などのようにすざましい状況である。しかも対策を討っているが、北東部の工業地帯では、重工業への締め付けによって4年間で20万人近くの雇用喪失と、2830億元(約4.6兆円)相当の国内総生産(GDP)低下を招く恐れがあるという。2020年までの環境目標に対する投資には、少なくとも年間2兆元(約32.4兆円)が必要だという。

11兆ドル(約178兆円)規模の経済大国にとって、耐えられない重荷ではないはずだが中国政府はその実現にてこずっている。例えば、再生可能エネルギー事業者への補助金をちゃんと出しておらず、昨年は88億ドル不足していた。

やっぱり、実績を積み上げている日本が、パリ協定をリードするのが最もふさわしい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の一帯一路政策は、諸国... | トップ | 内閣不支持率、支持率より高... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。