技術革新そして雑談あれこれ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ISIS,イスラム国?

2017年01月30日 01時07分50秒 | 日記
ISIS(Islamic State in Iraq and Syria、IS国とかいろいろな名前がある)は、なぜ多くの賛同者を集められて、ジハード兵士を駆り立てたのだろうか?創設者は アブー・バクル・アル=バグダーディーで、アルカイダ系イスラム過激派組織として出発している。バグダードのイスラーム大学(現在のイラク大学)でイスラーム学の学士・修士および博士号を取得しているインテリだと言う。しかしシリア各地で残虐行為を働いたため、2014年2月にアルカーイダ側が、絶縁している。

支配領域とバグダーディーは以下の通り。





ISISの目的は、イスラム圏の統一、カリフ制国家の建設。カリフとは、イスラム教の開祖ムハンマド(マホメット)の後継者。632年ムハンマドが亡くなってから、選挙でカリフが選ばれていたが、4代目のカリフの暗殺後ににイスラムが分裂しシーア派とスンニ派が生じた。シーア派は4代目カリフの血統を重視し、スンニ派はイスラム世界の指導者は必ずしも世襲される必要はないと考えている。両派は激しい憎しみで闘争している。ISISはスンニ派が多い。また、スンニ派はイスラム教信者の約85%を占めている。。

しかしながら、スンニ派の信徒が、ISISを容認しているわけではないから、ISISはスンニ派信徒が多いという言い方はすべきではない。
 
ISISはシリア人が主で、SNSで外国人戦闘員の募集を行っている。資金源ははじめは油田を強奪し石油の密売で賄っていたが、原油価格低下で、欧米人などの誘拐身代金でまかなっている。



また、イスラム国とも表記されるので、イスラム教の組織と思ってしまうが、ISISの行っていることは、残虐行為で、イスラム教の教えにも背く。でないと、20億近い人がイスラム教を信奉するわけがない。

そもそもの原因は第一次世界大戦後の英仏の中東の植民地化にある。


ここからリンク→Bigbangの防犯カメラ←ここまでリンク

ここからリンク→Bigbangのホームページ←ここまでリンク



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シリアに「安全地帯」構想 | トップ | 中東の諸問題の根源は、英国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。