技術革新そして雑談あれこれ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

核爆弾を上空で爆発させ、電磁波パルスを発射!

2017年07月12日 07時57分56秒 | 日記
核爆弾を直接ブチ込むより、地上高度で爆発させ、電磁波パルスを発生させた方が、広範み協力に破壊力を持たせられると週刊誌が報じていた。

核攻撃ば、広島、長崎のように直接核爆弾を地上で炸裂させ、大勢の人っを殺傷するイメージがある。

核爆弾を地上30~400kmの「高高度(高層大気圏内)」で爆発させると、放出されたガンマ線が大気中の分子と衝突して、強力な電磁「電磁パルス」を発生させる。

 核爆発の高度が高ければ高いほど被害を受ける地域の半径は拡大する。2004年に米議会に提出された専門家委員会の報告書「電磁パルス攻撃の合衆国への脅威評価」で示された被害推計を日本に当てはめると、東京上空高度30kmで爆発した場合、中国地方を除く本州が被害地域に収まり、高度100kmでは北海道から本州、四国、九州一帯まで覆われる。


電磁パルス攻撃は冷戦時代の核爆弾の実験でも実証されていると言う。米国とソ連は1963年に部分的核実験禁止条約を締結するまで、大気圏内の核実験を繰り返し、その中で懸賞隅と言う。実際、1962年に米国が太平洋上空400kmで核実験を行った際は、実験場から1300kmも離れたハワイ・オアフ島にある無線・電話局の電子機器が破壊されて停電が発生した。


ただ、太陽のコロナでフレアーと言うばくはつげんしょうがあって、その時に放出された太陽プラズマが、通信をかき乱すことはあるが、地上の電力施設まで影響が及んだと言う話はない。

信憑性はどうだろう。本当だとすれば日本や韓国への攻撃は風船爆弾で十分と言う事になる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生命の第六期絶滅期の到来 | トップ | 南極の棚氷から巨大氷山が分... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。