技術革新そして雑談あれこれ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ファーウェイ製スマホを分解、アップル/サムスンを超えた!

2017年01月30日 23時45分16秒 | 日記
フアーウエイは新スマホはヂュアルカメラを発売した。 1枚の写真を撮るのに2つのカメラユニットを使用する「デュアルカメラ」になっている。Appleよりもファーウエイは3日月早い。
 そうした中で、中国メーカーが“第2次デュアルカメラ時代”の幕開けを告げる端末を発売したと言える。Huaweiは、デュアルカメラ搭載機をP9、 Honor8と立て続けに製品化し、2016年末のMate9では、性能、仕様をブラッシュアップして、3機種連続での採用したことになる。


 スマートフォンの基本となる、チップセットはプロセッサ、電源IC、オーディオチップ、通信用のRFトランシーバーなどから構成されている。スマホのチップセットを供給ができるメーカーは限られていて、米国ではQualcomm(クアルコム)、韓国Samsung、台湾MediaTek(メディアテック)に加えて、ファーエイが続いている。日本は早々とこの分野から撤退した。中国メーカーではHiSilicon、Spreadtrum Communications(スプレッドトラム・コミュニケーションズ)、Leadcore Technology(リードコア・テクノロジー)、RDA Microelectronicsなどがチップセットを提供している。やはり中国の進化の速度はすごいの一言!


ここからリンク→Bigbangの防犯カメラ←ここまでリンク

ここからリンク→Bigbangのホームページ←ここまでリンク



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソニー映画事業で1121億の損失! | トップ | アメリカ人の車の好みの変化! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。