技術革新そして雑談あれこれ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

自らの独創性を過小評価している日本人

2017年03月19日 14時03分18秒 | 日記
ダイアモンドの記事に表題の話が出ていた。

2016年にアドビ社が先進5ヵ国を対象に、独創性に関する意識調査を実施した。その結果がとても興味深い。オンラインで行われたこの調査は、2016年9月19日~10月3日の期間、米国、英国、ドイツ、フランス、日本の18歳以上、5000人を対象としたものだ。

この調査で「自分は独創的だ」と答えた人は、ドイツ人の57%、米国人の55%、英国人の41%、フランス人の40%、そして日本人の13%だった。自分を独創的だと考えている日本人の割合が突出して少ないのが印象的だ。

ところが、もっとも独創的な国はどこかを問う質問に対しては、全回答者の34%が「日本」と答えている。なんとこの割合は、あらゆる国の中でトップなのだ。つまり、日本は世界からもっとも独創的な国だと思われている。しかし、多くの日本人がそれをちっとも自覚していないのだ。




この記事の話は日本人にとって元気の出る話だ!

自分ら、日本人は多くは自己否定ばかしであるが、海外から見ると独創性のある国と思われているのは、胸を張って歩ける話だ!、





ここからリンク→Bigbangの防犯カメラ←ここまでリンク

ここからリンク→Bigbangのホームページ←ここまでリンク





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米政府、ユッカマウンテン放... | トップ | 急速に増え始めたIoT事例 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。