技術革新そして雑談あれこれ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

日本郵政、巨額減損処理へ

2017年04月20日 17時55分33秒 | 日記
日経のスクープとして、日本郵政が2015年に買収した豪物流会社の減損処理を検討していることが、日経ビジネスの取材で分かった。数千億円規模の巨額損失が出る見込みで、株式上場したばかりの郵政グループの成長戦略は岐路に立たされる。



買収したのは、オーストラリアの物流会社「トール・ホールディングス」で、6200億円で買収した。企業買収の際は、買収価格と買収先の純資産の差がある場合、「のれん代」として支払うとかで、トールののれん代は2016年末で4000億円近く残っている。

そもそも、オーストラリアは、2千万の人口しかなく、物流自体で収益があがるような国ではない。広大な土地を使った飛翔体の開発とか応用実験とかならいざ知らず、馬鹿としか言いようがない!



ここからリンク→Bigbangの防犯カメラ←ここまでリンク

ここからリンク→Bigbangのホームページ←ここまでリンク


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トヨタがEV開発に本腰、中... | トップ | 太陽光発電、インドでは10... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。