技術革新そして雑談あれこれ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

アマゾン、グーグル、アップル、MSが一斉にスマートスピーカー発売

2017年07月15日 03時00分51秒 | 日記
ものまねをしない、アメリカの大企業がこぞってスマートスピーカーを発売しているが、1台が精々1,2万円の装置でしかない、巨大市場ではないはずのスピーカーに巨大IT企業が参加したのはなぜだろうか?

最初の発売はAmazon Echoシリーズ、続いてGoogleがGoogle Home、更にAppleがHomePod、、Microsoftも今秋にInvoke発売予定。音声認識技術を深めると言う理由ではこんなに多くの巨大企業が参入するわけがない。

スマートスピーカーに音声で指示すると、天気や予定を調べたり、ニュースや音楽、オーディオブックを再生したり、様々な用事を片付けてくれると言うところに理由がありそう。音を出すだけでなく、音声を理解し、更には別の仕事の指示をさせられるところに理由がありそう。人口知能がいるから、格好のAIの実験場になるから。

直ぐものまねをする、日本の会社が動かないと言うのは、AIの進展が望めない事になる。ソフトバンクのペッパーように、ロボットで先行しているから良いというわけだろうか?しかしペッパーは最低20万するのに対し、スマートスピーカーは1,2万円。そうなるとユーザー数が10倍どころでなく千倍、万倍を超えるから、ユーザーからのフィードバックはスマートスピーカーの場合はけた違いに多い。

日本のメーカーも参入すべきであると思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 改正労働契約法が常用化 | トップ | 人手不足なのに賃金が上昇し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事