技術革新そして雑談あれこれ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

虐殺を受けた保導連盟!?

2017年06月16日 22時13分10秒 | 日記
産経新聞のオンラインニュースに朝鮮戦争時代に左翼系の保導連盟が時の李承晩政権から大虐殺にあったと報じていた。意外に近代史一般は知らないことが多いが、韓国の歴史にそんなことがあったのかと思う。朝鮮戦争(1950~53年休戦)勃発で連盟加入者名簿は虐殺リストに変わる。北朝鮮軍がソウルに迫るや初代大統領・李承晩(イ・スンマン)大統領(1875~1965年)は国民や韓国軍将兵を見捨てて逃亡。その際、連盟登録者を“危険分子”として処刑するよう軍・官憲に命じ、韓国紙によれば60万~120万人、政府も《子供を含む最低10万人以上》の国民を虐殺し、排水溝や海に遺棄した暴挙を認めた。

 おびただしい数の韓国人が難を逃れ、日本に密入国し、大半が居座ったという。確かに関西や西日本には韓国出身者が多いが、そういう理由であったのか? それにしても現在の韓国の反日感情はすざましい。福岡は、韓国からの観光客が多いが、話したこともないが、打ち解けている感じもしない。日本人がアメリカの観光旅行で行った時のように、韓国の人は、福岡に来てくつろいでいるような感じはしない。

日本と同じ島国である、イギリスのスコットランドや、アイルランドの関係のように、ひたしい関係にはなりそうもないのとおなじで、日韓関係は、垣根がとっぱられることはないのだろうと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファミリーマートとドンキホ... | トップ | アマゾン,高級スーパーを1.... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。