技術革新そして雑談あれこれ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

次世代の電話

2017年01月25日 09時22分55秒 | 日記
固定電話は、既定路線を走っていて、交換機や交換回線を廃止し、インターネットを使ったVoIP(Voice overIP)となる。NGN(Next Generation Network)として、2025年には、完全実施ということである。

しかし次世代携帯が問題で、①通信データ量を、現在の月5Gバイトとかでなく、常時10Gとかがつかるようにしたい。 ②携帯スマホの台数も、自動車間通信とかがあって、地球上の人類数以上が必要。③すぐつながる ④通信料金が革命的に安くなる ⑤電池寿命を2,3倍に延ばす ⑥高速リニアなどで通話中に途切れない  といった課題がある。



日本は2020年のオリンピックまでに第5世代の携帯スマホの通信方式を実現したいところであるが、世界各国が共同で決定する問題なので、すぐには決まらない。例えば、日本はベースバンド周波数を6Ghzと提案したが、多くの国は衛星通信で使っているということで、却下されていて、まだ決定されていない。


また多重チャネルをサポートしていた今までのOFDMではなく、非直交多元接続(NOMA:Non-Orthogonal Multiple Access)が使われる事となる。

更には、アンテナも、Massive MIMOと呼ばれる 数百のアンテナ素子で強指向性のアクティブアンテナを構成し、ビーム間干渉の回避、そして多数のユーザーの同時接続を可能にするMIMO技術をつかうこととなろう。



ここからリンク→Bigbangの防犯カメラ←ここまでリンク

ここからリンク→Bigbangのホームページ←ここまでリンク


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマホで内戦、外線通話がで... | トップ | 韓国の慶尚北道行政区の知事... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事