技術革新そして雑談あれこれ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「独自LoRa」なら40km先までマルチホップで通信可能!

2017年06月09日 11時33分56秒 | 日記
「独自LoRa」なら40km先までマルチホップで通信可能!


東京のエヌエスティ・グローバリスト(NSTG)が、独自LoRaの製品提供を始めている。その性能が、40kmまで通信可能とうすぐれもので、導入していおる企業も急激に増えている模様。

LoRaWANは、フランスの通信会社の創案で、IoTのデファクト標準になっていて、全世界の通信会社が代理店としてあるいは、企業そのものを買収してIoTでは有力な方式である。NSTGの独自LoRa対応の「SpreadRouter-MW」は、センサーは、パルスセンサー、デジタルセンサー、アナログセンサー、電流値測CTセンサー、RS232C/RS485などに対応。元のLoRaWANとの互換性はないが、通信距離が数十倍長く、手軽に使える点でIoT応用に弾みをつけられる製品だと思う。

LoRa方式を採用した当社のネットワーは、1ホップ見通し10kmは対応でき、4ホップまで対応できると言う事で40km通信ができる。
建物や地形などの外部環境で、通信距離は減るが、1ホップ10kmはすごい。様々なIoTサービスでの本番展開が進んでいるという。具体的には、製造現場での機器設備の稼働監視・故障予知、野生鳥獣の捕獲検知、ため池の水位監視、火山断層のズレ検知などなどに適用できる。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホンダ、トヨタと日産に比べ... | トップ | プーチン大統領の人気、すごい! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。