技術革新そして雑談あれこれ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

コンビニやスーパーの業績は低迷?

2016年10月19日 00時07分40秒 | 日記

イオンやセブンイレブンの業績が低迷しているという報道が多い。確かにこの2社の売り上げは年商7兆とかになっているが、純利益は驚くほど年々減少している。コンビニをみると、セブンイレブンの実が10年で売り上げを倍増させ4兆円となっているが、二位、三位のローソンやファマリーマートは、それほどの売り上げ増大はなく2兆円の売り上げまで緩やかな上昇であり、純利益も伸びなくなっている。これをどう見るかであるが、スーパーは、百貨店と同じく、従来の業態では、売り上げが上げられなくなっている。都市市街地を避けて郊外に作られたショッピングモールは集客している。コンビニしても、従来にあった町の商店が業態変化してコンビニに変化したものと言える。では流通業自体が縮小しているのか?それは違うのでは!なぜなら世界的に人口の増加が無くなっているから、それに伴い、経済成長も鈍化しているから、流通業自体の成長も止まっているが、流通自体が縮小しているわけではない。百貨店 -> スーパー -> ショッピング・モール および コンビニ -> インターネットショッピング・モール  -> 生産者直接運営のネットショップ   と業態が変化してきて、またさらにそれが変化するという業態変化が生じているということに尽きる。

ただし、数10年前に比べると近年は経済成長が止まっているから、したがってパイが限られているから、食い合いをするしかない。流通業だけでなくすべての分野で、業態変化と寡占が進むと考えるのが妥当ではないかと思う。、  





ここからリンク→Bigbangのホームページ←ここまでリンク

ここからリンク→Bigbangの防犯カメラ←ここまでリンク
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカでマリフアナ合法化... | トップ | 貞観巨大地震と貞観の富士山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。