技術革新そして雑談あれこれ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

中国経済、後退フェーズ?

2016年10月18日 00時00分16秒 | 日記
中国の国有製鉄会社は おびただしい数あるが、世界の粗鋼生産の半分を担っている。ところがここにきて、生産過剰になり、ダンピングや生産調整で、中国経済に大きな影響が出始めたとのこと。日本であまりこのことが問題になっていないのは、日本の製鉄業は、高品質な鉄の生産に切り替えていて直接の影響がないからだと。しかしながら、鉄は一時期、産業のコメと言われたくらいで、中国での鉄の消費が落ちていることは、そのまま、中国経済が高帯域に入ったことを意味する。しかも、中東から膨大の石油を輸入しているが、それがとまることになり、中東へのおおきな影響が出ることになる。 中東だけでなく、東南アジアの経済も陰りが出ているし、韓国はさらに、韓国GDPの20%を担うサムソンのGalaxy問題があって、さらなる悪化が予想される。

ということで、中国経済のみならず、世界経済が子ぷ対フェーズになりつつあるということだろう。


ここからリンク→Bigbangのホームページ←ここまでリンク

ここからリンク→Bigbangの防犯カメラ←ここまでリンク
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現代自動車と起亜自動車、米... | トップ | アメリカでマリフアナ合法化... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。