Happy*Sad

うさぎとわたしのなんでもなかったりとんでもなかったりする日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

悪徳ブリーダー第一話

2007-07-01 23:30:47 | うさぎもろもろ
この1週間、悩んで、泣いて、怒っての日々を過ごしていました。
今日から少し安心して眠れるようになります。

フィール(旧レモン)・まさお(旧ライチ)が私の手元に帰って来てくれました。
もうすでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、
ふたりはT県のとあるブリーダーS.Kのところへ行きました。
事の詳細はすごーく長くなるので連載形式で日記に記して行きたいと思います。

話しが見えない??という方は同じ被害に遭ったさゆりさんがご自身の考えと実際見て来た人(私含む)の意見をまとめてくださったのでこちらをご覧ください。

ご心配くださっている方もいらっしゃるので、
帰って来たうちの子と、検疫を兼ねて一緒に海を渡って来た
さゆりさんちの旧ピーチちゃんの状態をお知らせ致します。

みんなに共通して言える事は、ペレットを食べないで牧草ばかり食べる事。
そのブリーダーS.Kは「ミニレッキスにはピュリナをあげている」と言い張っていましたが、
いつも食べているハズのピュリナをあげても全く興味を示しません。

そして、フィールとピーチちゃんは異様な太り方をしています。
背中はゴツゴツしてるのに横っ腹の辺りがポンポンに膨らんでいて、
まるで出産直前の妊婦か栄養失調の子供のようです。
うさぎでこういう太り方をしている子は初めて見ましたが、
馬ではけっこうあります(話し逸れてスミマセン)
馬産地では俗に“燕麦太り”と呼ばれ、早く大きくしようとか
立派に見せかけようとして大量の燕麦を与えるとこういった太り方をします。
S.Kは4月に燕麦20kgをFちゃんに頼んで購入し、6月にはもうすべてなくなってしまったそうなので
ピュリナではなく、燕麦を大量に与えていたのでしょう。
試しに燕麦を見せると「くれくれくれー!」と大騒ぎするので
この推測は間違いでないと思います。


帰って来たときの様子。
右上がピーチちゃんで右下がフィール。左上のカールくん(ふれちゃんちの子・普通サイズ)
と比べるとキャリーが狭そうです。

個々の状態をお知らせると
まず、一番早く立ち直ってくれそうなまさお

2月25日、ドルくんともぐらの間に生まれた男の子です。
今年の4月21日、オフ会の会場からそのまま連れて帰りました。
旅立ってから2ヶ月経過していますが、まったく大きくなっていません。
うちに残しているきょうだい、ナインチェよりも小さいんです(>_<)
ナイちゃんの方がだいぶ小さかったハズなのに・・・。
さらにストレスからケージをずーっと齧り続けていたようで、
上の切歯が若干過長し、下は斜めに削れてかなり短くなっています。
顔にもケージ痕のようなハゲがあります。
帰って来て数時間はビビって逃げ回るような仕草をしましたが、
今はすっかり落ち着いてペレットをあんまり食べないこと以外は問題ないです。
これは時間が解決してくれる(お腹空き過ぎてしぶしぶ食べる)でしょう。

そしてさゆりさんちの子で、一時お預かりしている旧ピーチちゃん

保護された時、モリモリに盛り上がったうんちの上に座っていたため
お尻にうんちがくっついてしまい、大きなうんこ玉になっていたそうです。
そのため陰部がかぶれて真っ赤に腫れ上がっていました。
ふれちゃんの迅速な処置(うんこ玉切り離し作業)で現在は腫れも沈静化しています。
ただ、前出の通り異様な太り方・・・現在2.3kg!
とても顔が小さく見え、出産を経験したとはいえとてもじゃないけど
2kgいくような骨格はしていません。
前から見ると下の家紋のような形をしています。



どうやったらこんな体型になるのか不思議で仕方ありません。
内蔵に負担がかかっていることはまず間違いなく、
適切な栄養を補いながらダイエットさせて行くしかありませんが、
標準体重に戻す為にはかなりの時間を要しそうです。
旧ピーチちゃんはPらびとり(うちじゃありませんよ!)で1年もの
長い間過ごして来ました。長くいればいるほど、回復にかかる時間が多く必要となります。

最後はたくさんの問題を抱えて戻って来たフィール。
長くなってしまったので第二話に書くことにします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 引き続き… | トップ | 悪徳ブリーダー第二話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

うさぎもろもろ」カテゴリの最新記事