たしたりひいたり

+-2 gallery (プラマイツギャラリー)
の店主が綴る日々の出来事、コラム

nisica デッキマンジャケット

2008年11月30日 | たしたりひいたり
nisicaのデッキマンジャケット、レディスです。
少し柔らかめのメルトンで、その名のイメージからオーチバルのボーダーTや
セーラーパンツなどのマリンアイテムが好きな人には特に支持されそうな
一着ですが、マリン関係ない方にももちろんオススメです。

なんというか、昭和の子供が着ていたようなイメージがあって、丸みのある
決して高価な感じではない革の靴とか、一体どこのメーカーなのかわからない
普通の感じの白スニーカーとか履いて着たいなと思っています。

ユルいタートルの首周りの感じと、キュロットのようなパンツ、紺色とグレイの
配色で作る素朴モダン(意味不明)


nisica deckman jacket
wool 100%
size ♀one size
navy
¥46200


NO CONTROL AIR pants
cotton 100%
navy
size 38(W76cm)
¥22050


ゴーシュ turtle
wool 100%
gray navy 2color
size ♀one size
¥19950


早いもので(毎年誰もが口にしてそう)残りひと月ですね今年も。

早え!本当に早え!

やっぱり今年も「あっ」ちゅう間に過ぎて行きました。
アア、あとひと月で今年も終わりか、としみじみ呑みますわ、今夜。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

店内配置換え

2008年11月29日 | たしたりひいたり
土曜日だというのに、店内の配置換えをしました。
什器が届いたので、慌てて作業。
散らかっている時にお越しのお客様、申し訳ありませんでした。

大々的に変わったわけではないので、それほど新鮮さはありませんが、
大きめのガラスケースで、靴とレザー小物が見やすくなりました。

しかし、このところ店で使う様々なモノで新品を買ったことがない。
み~んな古道具の類です。

なんだか、古びたものばっかりあるな~と思いつつ・・・

ん? カミサンも古びてきたな~


商品は新品です!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご協力のお陰です

2008年11月28日 | たしたりひいたり
ここ何年か、シーズンごとに別注やオリジナルと称し、いわば当店だけの・・・
というものをご紹介してきたわけですが、売れなければ意味のないことは承知で、
まず自分が欲しいものを、という気持ちに正直に、いろいろなメーカーさんの
ご協力を得て続けてこられました。

来春もシャツ、ジャケット、パンツ、スカートをお願いしていますが、
生地を探してもらったり、一からパターンを起こしてもらったりと、
コレクションとは別の作業が増える中、快く引き受けて下さるお陰で、
自身の着たいものを手に入れ、また、お客様に提供できることに
今更ながら感謝しています。

最初に出来上がるのがジャケットとパンツ。セットアップでの着用で、いわば
デニムジャケットとジーンズのつもりで着るラフなイメージのスーツ。
洗いをかけ、シワを楽しむワークウェアのようなスーツが欲しかった。

あ、それならオレも欲しい、と言って下さる方がおみえなら、こんな嬉しい
ことはないのですが。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NO CONTROL AIR のフードジャケット

2008年11月27日 | たしたりひいたり
もともとフードもの、パーカ類が好きということもあるのですが、
この固めのしっかりしたメルトンの生地感と色合い、そして「着てるッ」
という感じのタイトなパターンが生むシルエットに惚れました。
また、小さめのメタルボタンにもグッときたという・・・

優しいデザインだと思うのですが、男っぽい雰囲気も合わせ持っていて、
知的なアウトローというような魅力があると。

細身のパンツにボリュームあるブーツ、ゆったりしたパンツに気取らない
スニーカー、ヒョイと着るだけで確かにウームと唸らせるモノを持ってんです。


NO CONTROL AIR

wool 100%
size 44 46 (細身のM L)
¥53550



いつの間にか冬物着てます。
昨日はBRU NA BOINNEに別注した黒のターナー(カ)ジャケットに
杢グレイのラップアップジップパーカ、オリーブのベーカーパンツに
白いスニーカー・・・とやはり落ち着く、変わらず好きな組み合わせ。

コレ着るとやっぱり立ち飲み行きたくなるな~
黒のレザーでもシャツのカタチってところが特に好きで、ようやく着られる
気温になってきてニコニコして着ています。
サイズによってはありますので、気になる方はお問い合わせ下さいねと。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

norikoike のダブルのショートジャケット

2008年11月25日 | たしたりひいたり
女なら着たい・・・ベスト10でも上位に入るでしょう、これは。

先ず軽い、そして、シルエットが良い、そして、何気にカッコがいい。
なんだか説得力に欠ける気もしますが、ダブルというところが確かに
カッコイイと思わせる。女性ならカワイイと言うのでしょうが。

短めの丈と袖口が広がる7分袖、ハイネックで2つずつ並んだボタンと、
襟元に生まれるシャープな雰囲気がカワ・・・いやカッコイイ。

プレーンなシルエットのスカートとブーツ、ゆったりしたパンツにハズシ気味の
白いスニーカーで。


norikoike jacket

wool 100%
navy gray
¥40950




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

着たいものが多すぎる

2008年11月24日 | たしたりひいたり
連休最後の日は雨になりましたが、こんな日に遠くよりお越しいただいた
お客様もみえ、感謝しています。

閉店時間を過ぎました。傘をさしての帰り道・・・
こういう日は、あのsoutiencolのポリエステルコットンのチェックのコートを
着て・・・

その日の気温、天候や気分で着たいものは実に様々に変化しますから、
やはり絞り込んだアイテムのみのワードローブなんてのはアッシにゃあ無理です。

いつも読んで下さっているあなたもきっとそうでしょう?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱりステンカラーコート

2008年11月23日 | たしたりひいたり
ず~っと若かりし頃からステンカラーコートが好きで、
それも、soutiencolのものに出会ってから益々好きに。

ブリットのマックィーンのようにジャケットの上に羽織るのもいいのですが、
どちらかと言うと、スウェットやカーディガンの上に着るくらいの、要は
アイビーリーガー達の崩した着こなし、自由な着方の方に惹かれる。

来月入荷予定のsoutiencolのコートは共地のハットが付くウェザーパラフィン
素材のもの。べたつかないオイルドコットンのようで水洗いできるという。

ステンカラーコートなれど、マウンテンブーツやアウトドアウェアなどで、
今まで決してしなかった組み合わせを楽しめそうで、入荷が待ち遠しい。
バブアのオイルドジャケットのようなつもりで着こなすステンカラーコート、
いかがでしょう?




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

beaucoup (ボクゥ)のバッグ

2008年11月22日 | たしたりひいたり
本日HPにnorikoikeの圧縮ウールのジャケットをUPしました。

その画像の横のバッグがこれです。

ソフトレザーのやや小ぶりなバッグ。四隅のスナップボタンで
二つ折りにしても。小さくなるのでサブバッグとしての携帯も便利です。

beaucoup leather bag
black silver 2color
41 x 22cm(マチなし)

¥16800



このところ寒くなってきて、そのせいか、夕方から早くも空腹感を
感じます。腹減った・・・

で、もちろん酒も呑みたくなってくるんですが、今日はやっぱ生肉(しつこい)
で呑みたい。明日は刺身で呑みたい、明後日は串カツで、とまあ、そんな風で
日々食べたい物は変化するのですが、このところ夕食のメニューとの合致はなく
つまらんです。まずオレの食いたいものを出すよう努めよ!バカモノ!

ここだけでしか言いませんが うう





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆるい気分で旅にと

2008年11月21日 | たしたりひいたり
コートやジャケットの組み合わせを楽しめる時期になると、
毎年のことながら温泉に浸かり、旨い肴で酒が飲みたくなるんです。

いい気候の時より寒いくらいの季節の方が、温泉を連想することにも
関係するのでしょうが、やはりコートとかそういう類のものを着込んで、
旅に出るというのに惹かれるのでしょう。

新幹線の車内のように暖房など効いてない、そんな列車の中で、コート着て
マフラー巻いてカップ酒で体を温めるというような旅がいいと。

いかにも旅行です、じゃない普段から愛用のこういうサイズのバッグに
適当に放り込んでサッと出掛ける。駅についてから行き先を決めるくらいの
ゆるい気分の旅がいいと。



FEU D'UN PHARE bag

camvas x leather
size 31 x 35 x 12cm

¥20790




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祇園 「安参」

2008年11月20日 | たしたりひいたり
先日、Iさんがお越しになり、その店のことを伺って以来
いつでも頭の片隅にある。

京都、祇園の「安参」

「生肉のオンパレードなのよ、私は肉は苦手な方だし、まして生は・・・」

しかし、ご主人様の、まあ、騙されたと思って・・・の言葉で食すと

目からウロコだったとか。


その話を聞いてからというもの、毎晩今くらいの時間になると生肉が
食いたくなって・・・まるで狼男のごとく。


中々叶うはずもなく、今日も悲しそうな遠吠えをするばかり。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加