廃油

2016-10-12 15:12:11 | 日記
潤滑油系、絶縁油系、洗浄油系および切削油系の廃油類、廃溶剤類およびタール・ピッチ類などの建設廃棄物を含み、すべての産業から排出される使用済みの油を指す。
硫酸ピッチやタンクスラッジは、それぞれ廃油と廃酸の混合物、廃油と汚泥の混合物として取り扱う。揮発油類・灯油類、軽油類の燃えやすい(引火点70℃未満の)廃油は、特別管理産業廃棄物であり、焼却や中和などの中間処理の後、固形物は埋め立てられる。一方、PCBを含む廃油は、特定有害廃棄物である。
廃有機溶剤を含むものは、急性毒性・発癌性その他の健康被害をもたらすおそれがあるが、根本的な規制は進んでいない。通常は、焼却または吸着処理が行なわれる。
事業系廃食用油は、回収ルートが確立しており、精製後諸原料として利用されるほか、軽油代替燃料の生成が始まっている。プラスチックまたは油泥・塗料かす等の廃油系で発熱量の高い廃棄物の焼却には、ロータリーキルンや固定床炉が用いられ、固形または液状で発熱量が少ない廃油は、流動床炉で焼却処分される。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 施工実績関東一!株式会社エ... | トップ | 自然冷媒  »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。