有機水銀

2017-04-21 14:20:01 | 日記
水銀原子に炭素が結合した化合物の総称。
水銀に結合するアルキル基(メチル基など)またはアリール基(フェニル基など)の数は1つまたは2つであるが、医薬・農薬に利用されるのはアルキル基またはアリール基が1つの化合物である。
日本では、酢酸フェニル水銀が農業用殺菌剤、リン酸エチル水銀と塩化メトキシエチル水銀は種子消毒としてかつて使用された(現在、使用禁止)。
有機水銀は無機水銀に比べて毒性が強く、特にアルキル水銀の中枢神経への作用は特異的である。アリール水銀は体内での分解が速く、無機水銀に似た挙動を示す。
アルキル水銀の中でもメチル水銀の毒性が最も強く、その中毒事例として有機水銀農薬製造工場での職業性曝露、工場排水から生じたメチル水銀による水俣病、メチル水銀で消毒した種子用小麦で作ったパンによる中毒(イラク)などがある。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レアメタル  | トップ | 船底塗料  »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。