バンカー油

2016-10-16 10:20:24 | 日記
国際航空及び外航海運のための燃料のこと。
国土交通省によるとバンカー油の燃焼に伴うCO2排出量は、世界全体の温室効果ガス排出量の約4%を占める。しかし国にどう割り当てるかの方法が難しいため、現在のところ、バンカー油による二酸化炭素排出は各国の温室効果ガス削減の対象から除外されている。
この問題は、気候変動枠組条約をはじめ、国際民間航空機関(ICAO)及び国際海事機関(IMO)において検討されており、日本も積極的に検討に参加している。また、今後の議論に資するために、国土交通省は、排出削減に向けた技術的見通しについて検討を行い、さらに具体的な削減方策について、その適用可能性について検討し、今後の国際議論に反映させたいとしている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 待機電力  | トップ | オゾン層  »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。