間伐

2017-05-19 14:03:54 | 日記


植林してある程度育ってから主伐されるまでの間に、繰り返し実施される間引き伐採をいう林業用語。若齢段階の森林は、高木性の樹木が林冠を形成し、林冠が強く閉鎖され、林内の照度は低くなり、林床植生が消失するなど生物多様性が低下するほか、水土保全の機能も低くなる。また、林冠を形成する樹木相互間の競争の結果、優劣、不整が生じ、林分全体としても、個々の樹木についても、成長、形質が低下することとなる。このため、人工林については、間伐により、林冠の閉鎖度を適度に調整し、生産目標に沿う立木密度を保つこととしている。なお、天然林についても優良材生産等のため間伐を実施する場合がある。間伐を行うに当たっては、間伐率と間伐木を定める必要があり、管理目標に応じ、多様な考え方がある。間伐の主目的は保育であるが、間伐材を利用することによる収入源としての意義も大きい。しかし、立木価格の大幅な低下と経費の高騰の結果、採算のとれる間伐は少なく、間伐木は林地に放置されるものが多いほか、必要な間伐が実施されないまま放置された森林が多く(「施業放棄森林」)問題となっている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 擬態  | トップ | 屋上緑化  »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。