アルベド

2016-12-07 16:32:26 | 日記
反射係数。
 入射光の全てを反射する場合を1、全てを吸収する場合を0(ゼロ)としてその物質などの反射の度合いを示す係数。環境では、雲、雪氷、海面などの反射能を示す。例えば、北極などで海面が氷で覆われていると入射する太陽光のほとんどは反射される(アルベドが高いと表現される)が、氷が溶けて海面が現れると氷より反射率が低いため入射する太陽光が吸収され(アルベドが低いと表現される)、水温が上昇しさらに氷が溶けることにより、ポジティブフィードバックが懸念されている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 待機電力  | トップ | 衝撃波  »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。