枝打ち

2016-10-29 09:57:39 | 日記
枝を幹の付け根から切り落とすことをいう林業用語。樹木の枝の部分は、幹の成長とともに幹に巻き込まれ、製材したときに節となって現れる。節に生節と死節の2つがある。生節は生きた枝が巻き込まれたもので、節と幹は強固に連結している。死節は枯枝が巻き込まれたもので、幹との連続性はなく、乾燥すると抜け落ちる抜け節であることが多く、腐朽した枝を巻き込んだ場合は腐れ節となる。林分(森林)の林冠が閉鎖すると、下枝は陽光不足のため次第に枯れ、時間の経過とともに、自然に落下する。枝打ちは、主に、無節の価値の高い材の生産のために実施されるが、ヒノキのように長期間枯れ枝が幹に付着する樹種については、自然落枝させると死節となり材の価値が大きく低下するため、枝打ちが必要となる。また、病虫害防除、雪害の防止等林分(森林)の保護のためにも実施される。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 建設廃材  | トップ | 活性炭  »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。