菌類

2017-04-05 15:24:29 | 日記
主として吸収型の従属栄養を行う真核生物の一群。いわゆるカビ類、キノコ類、酵母類の総称で、真菌類のほかに粘菌類なども含めていう。最も広義には原核生物の細菌類を含める場合もある。形態、生態、生理などは極めて多様。栄養体は変形体、単細胞または菌糸で、細胞壁にキチンを含むものが多い。多くは有性世代と無性世代を含む複雑な生活環を持ち、多様な形態の胞子を形成して繁殖する。
生態系においては、分解者として物質の循環に大変重要な役割を担い、菌類の働きがなければ動植物遺体の分解は不可能であるとさえいわれる。また、動植物の病原体となるものや、ほかの生物と共生生活しているものも数多く知られる。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 燃料電池  | トップ | エコ建材 評判 冬、暖かく... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事