再生紙

2017-05-14 10:23:32 | 日記


原料に古紙を配合した紙・板紙。
家庭衛生紙や板紙は古くから再生紙が利用されてきたが、1960年代以降に脱墨技術が発達したことで、新聞用紙や印刷用紙等への再生紙の利用も進んだ。1970年代以降、省エネルギー対策や資源の安定的確保の目的からこの傾向は顕著となり、1980年代後半には脱墨技術のより一層の進歩と普及により、古紙配合の上質紙の需要・供給も高まった。
上質紙に裁落古紙を少量配合すると紙が抄きやすく、またできあがりもしなやかになるため、特定の紙における産業古紙配合は、古くは江戸時代から行われてきた。現在は、市中回収古紙も含めた古紙の再生利用が環境負荷軽減を目的に推奨され、グリーン購入法(2000)の適合基準としても、古紙配合率の下限などが定められている。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太陽光サーチャージ  | トップ | エコ建材 口コミ 施工実績... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。