アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレター

レッスンの事、日々の出来事などいろいろと…。

ファンタジー物かな…♪

2016-10-01 08:44:15 | Weblog
文庫本のコーナーを順に回って…。
最後に、ハウトゥーものとか情報系、雑学系の棚へ…。
棚挿しの文庫の背を順に眺めていく。
1冊のタイトルが目に止まった。
ちょいと引き抜いてカバー裏を読んでみる。
…んぁ…
ガネーシャ…、インドの神様だよな、たしか…
関西弁って…
んで…
本文に目を通してみる。
…課題って…
あ゛~、アレか…、自己啓発とか自己変革とかの類か…
それ系の本って過去に1~2冊は読んだことあるけどさ、
「ま、そうですね
ってだけで、とくに何も得るところはなかったというか…
でもなんとなぁ~く、ガネーシャってのが引っかかってな~…。
棚に戻しがたい気がしてな~…。
結局、買ったわけですよ。
で…。
関西弁のガネーシャが『僕』の自己改革のコーチをするわけです。
そのためにちょっとした課題を与えるわけ。
靴を磨く、募金をする、食事を腹八分目にする、etc.etc.
面白いのは、その課題を実行したあとの感想とか気分とかをガネーシャが毎度尋ねること。
ありきたりのビジネス書とか自己啓発本にはこの部分がないよね。
“…で、その後どう…?”
って部分が。
それによって『僕』の意識が変わって行ったり、新しいことに気付いたりしていく。
さらに面白いのは…。
ガネーシャが『僕』に教えることは何も目新しいことではない。
どちらかといえばビジネス書とかハウトゥー物とかで誰でも一度は読んで知っていること。
知っているのになぜ実現していないのか。
その理由をガネーシャが解説してくれる、それが面白い
『成功するには○○○○すればいいですよ』
と語るビジネス書や自己啓発本は当たり前だが、
『成功するには○○○○すればいいんですけど、それが分かっていても出来ないのは□□□□だからですよ』
と解説したものは珍しいんじゃない
で、『僕』はやりたい事に気付き、まずは二級建築士からと勉強を始める。
ガネーシャのコーチによって彼は“変われた”わけよね。
そして、最終ページ。
『―前&中略―、…あの子、名前くらいは聞いたことあるやろ。最近、建築界で話題の―』
つまり『僕』は、望むものを手に入れたってことですな。
なんていえばいいですかねぇ…、ファンタジーの態を借りた自己啓発本ですかね。
ガネーシャの関西弁、お笑い芸人の陣内智則の口調で読むとしっくりくる感じです。
課題ごとに歴史上の有名人のちょっとしたエピソードが語られるところも面白かった。
ま、ワタクシにとっては自己啓発本というより、ファンタジー物でした
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 購入~…♪ | トップ | バランシング・ディスク…♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。